「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

こころの時代~「今 互いに抱き合うこと-コロナ禍に読む聖書-」

2020-07-17 17:03:39 | ドネーションシップ
※交流掲示板より
 情報紹介です

こころの時代~宗教・人生~
「今 互いに抱き合うこと-コロナ禍に読む聖書-」

[NHKEテレ1・東京] 2020年07月18日 午後1:00 ~ 午後2:00 (60分)
長く困窮者支援を続けてきた牧師・奥田知志さんは、コロナ禍の中で、聖書の言葉に立ち返り、人間とは何か、そして孤立や分断をどう乗り越えるのか、人々に伝えてきた。

【出演】【東八幡キリスト教会牧師・NPO抱撲理事長】奥田知志,【語り】三宅民夫

北九州市にある東八幡キリスト教会の牧師・奥田知志さんは、コロナ禍で直面する困難をどう乗り越えるのか、聖書の言葉に照らして考え語り続けている。人間の存在やいのちの意味、孤立や分断をどう乗り越えていけばよいか。30年にわたるホームレス支援の中で経験した、互いの傷をも引き受け、抱きあう関係とは。コロナ禍で経済危機も深まる今、共に生きる道はどこにあるのか、聖書から聞こえてくる希望のメッセージに耳を傾ける。

************************************
NPO法人抱撲の理事長、奥田さんが出演されました。
本放送は放送されましたが、
再放送が7月18日(土曜日の午後1時~2時)にあります。
本放送は見逃してしまったので、再放送を見たいと思います。
教えてくれたAさん、ありがとう!!


こちら↓も紹介します
https://www.youtube.com/watch?v=0qJgO7wTZ7Y
7月18日 20:00 ライブ配信
7/18 20時〜 対談  文学者が語るポストコロナとは
平野啓一郎(作家)× 奥田知志(抱樸理事長)

クラウドファンディングの呼びかけ↓
https://readyfor.jp/projects/covid19-houboku
家や仕事を失う人をひとりにしない支援


コメント   この記事についてブログを書く
« 2020年7月豪雨水害に関する支... | トップ | 見えない傷と生きていく  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事