「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

笑顔つながろう会~第50回お裁縫会

2018-10-23 22:50:33 | 事務局つれづれ
※笑顔つながろう会は
https://egaotunagu.exblog.jp/29830528/
原発事故で京都に避難したお母さんと子どもたちと
応援する地元のメンバーで毎月お裁縫会をやっています
私もお手伝いできることがあればと
毎回ではないですが参加しています(さき)

********************

10月20日、笑顔つながろう会のお裁縫会
なんと記念すべき第50回目でした!
うちでお裁縫会&ご飯会のスタイルでやりました。



避難者のお母さんたちや子どもたち、お裁縫会メンバー、
わかちあい祭りに参加してくれた学生さん
急遽参加下さることになったYさんとお子さん
久しぶりにお会い出来て嬉しかったです!

夕方から参加する方もあわせて
20人を超えるにぎやかなお裁縫会になりました。
うちでこのスタイルでやるのも3回目で
皆さん慣れてきてくつろぎながら楽しい時間を過ごしました。



避難者のお母さんが言ってました。
子ども生まれた時に服とかを編んでいた。
でもすっかり忘れていた。
避難してから編み棒を持ったこともなかった。
今日ここに来て編み針の持ち方もすっかりわからなくて
どうするんだっけ??
と考えてしまった
けどやり始めたら体が覚えていて
編み物をしながら
子どもが小さかった時に
編み物をしていた時の幸せな気持ちがよみがえった
(もくもくと手を動かして編み物をしておられました)

今日は幸せな気持ちになれた
そんな気持ちを思い起こさせてもらってありがとう
帰ったら子どもに優しくしようと思った
とおっしゃってました。



ちくちく、あみあみのなかに
色んな記憶や体験が織り込まれているんですよね。
私もYさんのお子さんに教えてもらって(笑)
棒針で小さな四角いパーツを一緒につくって
楽しい経験になりました(笑)



避難から7年余り経って、大きくなって
以前のようにお母さんについてこなくなったという
お子さんたちも夕方からご飯に合流してくれました。
みんな元気そうで嬉しかったです

京都に避難された皆さんに
安心してほっと息抜きできる時間
笑顔になれる時間をつくれたら何より!
また来年もやろうね、という言葉が嬉しい
第50回目のお裁縫会でした。



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 耳塚(鼻塚) | トップ | こども脱被ばく裁判~南相馬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

事務局つれづれ」カテゴリの最新記事