「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

70年の敵対関係を完全に清算し、再び一つになるための平和の大きな一歩を踏み出そう

2018-09-20 07:16:07 | 情報・イベント紹介
※朝鮮半島の緊張緩和、平和への動きを心から喜びます
日本による植民地支配が朝鮮半島の南北分断をつくりました。
その歴史が終わろうとしています。
「70年の敵対関係を完全に清算し、
再び一つになるための平和の大きな一歩を踏み出そう」
「一つになって新たな未来へ進もう」
ニュースの文字に胸が熱くなりました。
手を取りあえる私たちでありたいです。(さき)


◆文大統領「共に新たな未来へ」 韓国首脳として初めて北朝鮮大衆に演説
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000109-yonh-kr

【平壌(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】9/19(水) 23:24配信
南北首脳会談のために訪朝している文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は19日夜、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と共に、平壌にある北朝鮮最大規模の総合スポーツ競技場「メーデースタジアム」でマスゲームを鑑賞した。文大統領はマスゲーム終了後に演説し、「70年の敵対関係を完全に清算し、再び一つになるための平和の大きな一歩を踏み出そう」と呼びかけた。韓国の大統領が北朝鮮の大衆に向けて演説するのは初めて。

 19日午後9時すぎ、金委員長と共にスタジアムの特別席に姿を現した文大統領は、会場を埋め尽くした約15万人の観衆の歓声に手を振って応えた。
 マスゲーム終了後に生中継された演説では、金委員長と共に全民族の手を取って新しい国づくりを目指すと表明。「一つになって新たな未来へ進もう」と力説した。
 また、この日の南北首脳会談後に発表した平壌共同宣言の意義を説明するとともに、70年にわたり朝鮮半島が分断していることに言及。「われわれの民族は平和を愛している。共に暮らさなければならない」と南北統一に向けた熱い思いを語った。
演説は当初、1~2分と伝えられえていたが、約7分にわたった


◆[全訳] 9月平壌共同宣言(2018年9月19日)
https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20180919-00097442/

両首脳は民族自主と民族自決の原則を再確認し、南北関係を民族的和解と協力、確固とした平和の共同繁栄のため一貫して持続的に発展させていくことにし、現在の南北関係の発展を統一につなげていくことを望んできた、全ての同胞の志向と希望を政策的に実現するため努力していくことにした。
両首脳は板門店宣言を徹底して履行し、南北関係を新たな高い段階に進展させていくための諸般の問題と実践的な対策を、虚心坦懐に深く議論し、今回の平壌首脳会談が重要な歴史的な転機になるだろうという認識を共にし、次のように宣言した。
1. 南と北は非武装地帯をはじめとする対峙地域での軍事的な敵対関係終息を、朝鮮半島の全地域での実質的な戦争の危険の除去と根本的な敵対関係の解消につなげていくことにした。
続き↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20180919-00097442/


◆「板門店宣言」全文=南北首脳会談(2018,4,27)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042701586&g=prk
【高陽時事】韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が27日署名、発表した「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」の全文は次の通り。

 大韓民国の文在寅大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は平和と繁栄、統一を念願する全民族の一致した思いを込め、朝鮮半島で歴史的な転換が起こっている意義深い時期に、2018年4月27日、板門店平和の家で南北首脳会談を行った。
 両首脳は、朝鮮半島にこれ以上戦争はなく、新しい平和の時代が開かれたことを8000万のわが民族と全世界に厳粛に宣明した。
 両首脳は冷戦の産物である長い間の分断と対決を一日も早く終息させ、民族の和解と平和繁栄の新たな時代を果敢に開いていき、南北関係をより積極的に改善し発展させていかなければならないという確固たる意志を込め、歴史の地、板門店で次のように宣言した。
 1、南北は、南北関係の全面的、画期的な改善と発展を成し遂げることにより、断たれた民族の血脈をつなぎ、共同繁栄と自主統一の未来を引き寄せていく。
 南北関係を改善し発展させることは、全民族の一致した望みであり、これ以上先送りできない時代の切迫した要求だ。

 (1)南北は、わが民族の運命はわれわれ自ら決定するという民族自主の原則を確認し、既に採択された南北宣言とあらゆる合意を徹底して履行することにより、関係改善と発展の転換的局面を開いていくことにした。
続き↓
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042701586&g=prk
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ミンダナオ子ども図書館メー... | トップ | 「エルピス会便り」より ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・イベント紹介」カテゴリの最新記事