「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

頂いたメールから

2009-05-25 21:43:26 | みんなの声
◆頂いたメールから

初めまして。友人からチラシをもらい、書かれてある事に強く共感を覚えました。
この国の政治の在り方に深い疑念と失望を感じています。夫共々です。

ただ個人的には官僚の在り方も含めて、政治を変えることに期待をつないでいます。
昔週刊誌で読んだ記事中、精神科医で作家のなだいなださんが、日本の老人政策があまりにもひどいので、日野原重秋先生と日本老人党を立ち上げ、国会議員の投票行動を事ごとく調べ上げ、ネットでその情報を共有し、次の選挙で誰を落とすかを決める発言していたことが、未だ念頭を去りません。

今は雇用と貧困、当時から連綿と国民の生存権が脅かされ続けています。
景気のいい時にはそれが表に出てこないだけのことだと思います。
私は定額給付金を、なだいなだ氏の提唱するシステムの立ち上げに たいと考えています。
今、四万十町議会に、議員の投票行動議事録に追加することを陳情中です。
(陳情とは、実にこの国の政治の貧困を象徴するかのごとき表現だと思います。)

「ドネーションシップわかちあい」の活動理念と趣旨には、心からの賛同と敬意を表させていただきます。

************
☆Nさん、ありがとうございます。
人間があって国があるんであって、その逆ではない。
人間としての生存があって、それを支えるすこやかな暮らしや生活があってこそ、いい国がつくれるというものです。
それをするのが政治の役割だと思います。
給付金のばら撒きで、今の不況や雇用不安、格差や貧困問題が解決するとは誰も思ってない。
目の前にぶらさげられたニンジンに釣られて、庶民が思いどおりになると思ったら大間違い。
庶民はそんなに愚かじゃない。
ということを形にして示したいですね。
<困った時はお互い様> の輪を胸を張って広げていきます。

☆アクセスランキングに参加しています。
共感いただけたら、右上のランキングサイトのクリックをお願いします。
皆さまの声、お聞かせ下さい。
(yume★donationship.org  まで。★印を@に変えて下さい。)


☆最後にちょっと紹介。今読んでいる本から~。
「ベーシックインカム入門」山森亮著(光文社新書・840円)
ベーシックインカムとは、無条件で誰でも給付される基本所得のことです。
そんなのあり?思ったのですが、興味深い内容です。(以下、Q&Aより引用)

Q:理念はわかった。
でも「働かざる者、食うべからず」というこの社会で
(ベーシックインカムの)現実味はないのではないか?

A:この社会では、たまたまお金持ちの家に生まれた人であれば、働かずに暮らしていくこともできたりする。
本当に、「働かざる者、食うべからず」という社会なのだろうか。
もし「働かざる者、食うべからず」と本気で思うなら、まず相続税を100%にするべきではないだろうか。
それもいいかもしれないけど、ちょっと立ち止まって、「衣食足りて礼節を知る」という知恵にも耳を傾けてみては。

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 芽を出す | トップ | 北朝鮮核実験に思う »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅いコメントで恐縮ですが (BI Lover)
2009-09-18 13:16:38
ベーシックインカムですが、下記のサイトが充実していて参考になります。
http://bijp.net/

そこで発行しているメルマガも週刊で発行されて、毎週最新トピックが発信されていて、とても参考になります。
http://archive.mag2.com/0000292484/index.html
ベーシックインカム (さき)
2009-09-18 23:52:14
BI Loverさん
サイトの紹介ありがとうございます。
さっそく見させていただきます。

コメントを投稿

みんなの声」カテゴリの最新記事