「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

京都と福島を結ぶ虹の架け橋~ 写真展&チャリティライブ

2012-12-20 10:53:36 | 情報・イベント紹介
避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク 
みんなの手 より
http://www.minnanote.com/
お知らせをいただきました。

こどもたちの夢の夏写真展&チャリティライブ
~京都と福島を結ぶ虹の架け橋~

 
福島県から避難している子どもたちから「友達に会いたいから福島に帰りたい」「会いたいのはお父さんと福島のお友達」との声を聞き、子どもたちの願いを実現するために県外避難者と支援団体が集まり「こどもたちの夢の夏実行委員会」を発足しました。2012年夏、200名近いボランティアとともに「こどもたちの夢の夏プロジェクト」は始動。避難している子どもたちに「福島のお友達とお父さんや家族に会える夢の夏をプレゼントしたい」―そんな熱い思いを胸に多くの方々がプロジェクトを支えてくださりました。街頭募金、寄付やTシャツ購入によって資金を提供してくださった方々、物資や食材を提供してくださった方々、そしてスタッフボランテイアとして活動に携わってくださった方々。多くの方々の善意でプロジェクトは実現しました。
福島の友達に再会する「同級生再会プロジェクト」には、福島と京都から49名の子どもたち(27名の保護者)が参加し、離ればなれに暮らす家族に再会する「家族再会プロジェクト」には55名、家族再会美山ツアーには、26名が参加されました。
 久しぶりに会った友だちと楽しそうに遊ぶ姿。何も気にせず土や草や虫に触り、2年ぶりに入ったプールに喜ぶ福島の子どもたち。家族そろって楽しいひと時を過ごしている姿。311前の当たり前を取り戻した子どもたち。そんな子どもたちの姿に私たちはこのプロジェクトに関われた喜びを感じました。
震災後1年9ヶ月が経過したもののまだまだ不自由な生活を強いられている子どもたちや家族がいます。ともに「こどもたちの夢の夏プロジェクト」を振り返り、被災者や被災地に思いを寄せながら、京都から福島へ思いを送りたいと思います。そしてこの催しが、京都と福島を結ぶ「虹の架け橋」になるように願います。
子どもたちが参加できるワークショップや東北の味が楽しめるブースもございます。多くの方々のご来場をお待ちしております。なお、イベントの全収益は、東日本大震災で被災した子どもたちや家族を支援するために設立された「こどもたちの夢基金」に全額寄付させていただきます。
 
日時 2012年12月22日(土)

第1部 こどもたちの夢の夏プロジェクトを振り返って 10時半~
     写真展示 スライドショー 
     こどもたちのワークショップ
     ★3Dキャンパスに「夢」を描こう!
     ★風船に絵を描こう!
     ★フェイスペインティング
     ★軽食ブース&東北の味ブース

第2部 チャリテイライブ 14時半~
     福島と京都を中継で結び「福島からの声を」 みやこメッセ↔コラッセふくしま
     みんなで「僕たちの夢の夏」を合唱
     チャリテイライブ  
     出演者:しおり/THE TWINS/ 岸本想太&豊田翔平and Friends/A-FRAME

会場 みやこメッセ B1 第一展示場 A面

入場料 写真展 無料
ライブ 前売り 1,000円 当日1,300円  中学生以下無料
        避難している方は無料
ライブ予約センター 075-823-5001


コメント   この記事についてブログを書く
« 絆 ―弱かったから | トップ | ふれあいサロンあおぞら クリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・イベント紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事