「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

「あすという日が」 仙台の中学校・合唱部の歌声

2011-05-13 10:19:19 | 東北・関東大震災
※仙台の中学校の合唱部が震災直後から避難所で歌ってきた
 「あすという日が」という歌が広がりを見せているそうです。
 合唱部 春の全国大会出場があったのですが、震災の為、断念。
 『あすという日が』を避難所の皆さんに披露、ニュースでも流れたそうです。
 この話題を教えて下さった、仙台の会員さんの日記を転載させていただきます。
*****************************

◆『あすという日が』

先日、日記に書いた 仙台の中学校 合唱部の歌声です
『あすという日が』の動画を見つけました
5月7日に日比谷の野音で 南こうせつさんと共演(?)したみたいです。

『あすという日が』
詞 山本 瓔子
曲 八木澤 教司

大空を 見上げて ごらん
あの 枝を 見上げて ごらん
青空に 手をのばす 細い枝
大きな 木の実を ささえてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて

あの道を 見つめて ごらん
あの草を 見つめて ごらん
ふまれても なおのびる 道の草
ふまれた あとから 芽ぶいてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて

(合唱部の動画↓↓)
http://www.youtube.com/watch?v=Nz0V7XGLKj4&feature=player_embedded

とてもシンプルな詩なので心に響きます
中学生の歌声是非おききください。

・・・・・・・・・
今日、(仕事の応援で仙台に戻ってきていた)旦那を送りに空港まで行きました
先日は仙台港近くにある旦那の会社も見てきました
(今は人間は別の場所に移動してます)

海の側はまだまだひどい状態で
そこらに津波が残していった痕跡を見ることが出来ます。
会社の入り口には 車が亀のようにひっくり返っていました。
なんとその車は仙台時代に旦那が乗っていた車でした。
今、この日記を書きながら『(車に)ありがとう』という気持ちが湧いてきました。
(港で見た時に気が付けばよかったな…)

多賀城の方を回って松島まで行きました。
(地理的に分からない方は仙台市の海側をずーっと北に向かったと思ってください。)
テレビで松島は元気ですと言ってますが、
その手前の多賀城、塩竈はやはりまだまだな状態でした。
所々、汚水の臭いがし 道路の端には、やはり今はもう動かなくなった車たちが眠っています。
家の壁には1メーター50センチ位の所まで茶色い線がクッキリと見て取れました。

うちの旦那は修理の仕事をしているので お客さんのお家に伺います。
先日、石巻でお伺いしたお客さんのお話では、
近所にチップ工場(?)があり
チップで出来た丸太にしがみつきながら流されていく作業員さんを見たそうで
今、まさに目の前で津波に流されていく作業員さんに『頑張ってください!』としか
声を掛けられなかった(助けてあげられなかった無力感)と仰っていたそうです。
旦那も「その作業員さんがせめて無事でしたら良いですね」としか言えなかったようです。

仙台空港へ行くために乗った高速道路に今日は乗りました。 
(東部道路と言うのですが、この道路が波の威力を食い止めた)

高速道路なので少し高い目線で景色を見ることが出来ます。

進行方向から右側が仙台中心部側で【この世】とも言えます。
左側が海側で閖上地区や荒井地区があり【死の世界】今はもう何もありません。
こんなに見渡し良かったっけ?と思うくらい視界を遮るものは無くなっていました。
畑には波が持ってきた人の生活の証がゴロゴロと落ちています

でも、この土地も、もとは何も無かった【無】だったんだな
とも思いました。
もとに戻っていったんだ 
と自然の力に畏れを感じずにはいられませんでした。

実は宮城県 放射能には全然警戒していなく
(検査をしていないから)後、津波被害が酷くてそれどころでは無いともいえる
水道水の検査も週一位だし
給食も地産地消とか言って ちょっと怖いのです
もしかして近いうちに 
対策していた福島県より大変な事になるのではないかとも感じます。


*****************************
※会員ページは、それぞれの方が自分の日常や家族のこと、
思うこと、情報紹介や意見等々、、「わかちあい」に共感した
会員どうしが自由にであうこと、交流することのできる場です。
安心して人とつながれる、気持をだせる、
そんな場をめざしています。
会員同士のリサイクルコミュ二ティー、
子育てコミュ二ティーなどもあります。
http://donationship.org/
会員募集中です


★ブログランキングに参加しています★
 クリックいただけると嬉しいです♪(右上のバナー)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ガザ朗読劇&シンポジウム:5... | トップ | 絆プロジェクト北九州~絆の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東北・関東大震災」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事