「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

会員さんのお便りから

2021-01-31 12:32:05 | ドネーションシップ
※会員さんから下記のお便りをいただきました

*************
雪などでとても寒い年明けになりましたね。
こんなに寒い今現在も、コロナ禍で住むところもなく
生きていくことさえ困難な人たちが大勢いて、居たたまれない気持ちになります。
突然ですが、ドネーションシップわかちあいへの寄付をさせていただきました。
できればコロナ禍で苦しんでいる人たち使っていただければありがたいです。
今日振り込みさせてもらったので、どうかよろしくお願いいたします。

*********

コロナ禍で大変な状況が続いています
この問題で昨年6月に4団体に合計200万の寄付をしましたが
ドネとして再度の寄付を検討します
なにか出来ないかと思っていたところにこのメールをいただきました
お気持ちに共感します
ドネとして出来ることを考えます
ということで、次の寄付先候補です

▼だいじょうぶだよ基金
https://www.single-mama.com/daijoubudayo/
コロナで大変なひとり親の親子を支援するための基金

実施しているのが
しんぐるまざーず・ふぉーらむ
https://www.single-mama.com/
電話して話を聞きました
昨春はSOSや相談の電話が鳴りやまない状態だったそうです
4月から緊急の食料物資支援を開始
メルマガで告知して毎月2000世帯に支援物資を送っている
SOSの手をあげる方は減らず、もう1年続ける必要があるのではないかと話している
ということでした

また各地の団体のネットワークをつくって
https://www.single-mama.com/council/
地元で当事者につながっている団体を応援、協働、助成もしている

緊急支援だけでなく長期的に何が必要かということも視野にいれた支援をしている
就労サポートや行政への申し入れなどもしている
長年当事者に寄り添って活動されてきた経験と蓄積を感じました

直接困っているひとり親、当事者とつながって活動されている
直接当事者の皆さんへの緊急支援になります

ーーーーーーー
もうひとつ

▼フードバンク関西
困窮者支援、ひとり親支援などの当事者団体を通じて、
現場や当事者とつながり食料を届けておられます
コロナ禍での緊急支援も実施されています

こども元気ネットワーク(プロジェクト)
https://foodbankkansai.org/network/
フードバンク関西が支援団体と連携して食料支援を実施

活動報告や資料を送って頂きました
現場や当事者とつながり活動され、その報告や現状どうなっているかの情報も発信もされています

PDFのニュースレター
https://foodbankkansai.org/wp/wp-content/uploads/2020/06/FBKnews42.pdf

コメント   この記事についてブログを書く
«  1/25 22時~ 「貧困の連鎖を... | トップ | コロナで大変な状況にある方... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事