「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

2021 チェルノブイリ35周年救援カレンダー

2020-10-01 06:01:34 | ドネーションシップ
チェルノブイリ子ども基金からのお知らせです
https://blog.goo.ne.jp/cherno1986jimukyoku/e/8cc1611ce57749f47fa123905fec0e3a
チェルノブイリ、そして福島
原発事故は終わっていません

◆2021 チェルノブイリ35周年救援カレンダー

「チェルノブイリ子ども基金」は1996年から、ウクライナとベラルーシの甲状腺手術後の子どもたちの保養プロジェクトを現地のサナトリウムで開催。
2008年からは、甲状腺手術後の子どもと他の臓器の腫瘍病や血液・リンパ系の病気の子どもたち、また甲状腺手術を受けた親とその子どもたちも保養に招待しています。
ベラルーシの子ども健康回復センター「希望」の医師は、「汚染地域に住んでいる子どもたちは全体として免疫力が低く、何らかの健康上の問題がある」と言います。
一定期間であっても、汚染のない地域で安全な食べ物を食べて過ごす保養は、子どもの健康維持・回復に効果があります。
このカレンダーは、保養に参加した子どもたちと、日本の里親から支援を受けている子どもたちの写真で構成されています。

定価800円 送料別(9部まで200円)(10部以上:1部700円/送料無料)
お申し込み方法:Fax 、E-mailまたは郵送でお申し込みください
お支払方法:お届けするカレンダーに同封の郵便振替用紙でお振り込みください。

カラー、サイズ:縦30 cm×21 cm(見開きA4サイズ)
撮影:チェルノブイリ子ども基金 佐々木真理
デザイン:川島進デザイン室
発行・制作:チェルノブイリ子ども基金

★カレンダーの収益は、チェルノブイリと福島の原発事故により被災した子どもたちの救援金にあてられます。2020年版の収益は81万円でした。

★チラシ宣伝にご協力いただける方はご連絡ください。

チェルノブイリ子ども基金
http://ccfj.la.coocan.jp/

コメント   この記事についてブログを書く
« ミンダナオこども図書館メー... | トップ | みんなに知ってほしいこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事