「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

台風、地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます

2018-09-11 10:21:57 | 事務局つれづれ
9月4日台風21号が上陸。
生まれて初めて体験した暴風に台風の恐ろしさを知りました。
近くでもガレージの屋根が飛んだり、倒木などの被害を目にしました。
9月6日には北海道で震度7の地震。

猛暑、豪雨、台風、地震と尋常でない災害が続いています。
被災された皆様のことを思います。
お見舞い申し上げます。

たまたま今回自分は被害がなかったけれど、
同じ立場になったかもしれないし、いつなるかもしれないと思います。
ドネの会員さん宅も台風で5日も停電が続いたそうです。

3.11のあと京都に避難して来られたお母さんが
どうしたらいいんだろう、何ができるんだろう、
どこに行けば安全なんだろうと不安になって、、と電話をくれました。

8月の総会で事業方針のなかに
わかちあいのネットワークを築いていく
という言葉を新たに書き加えました。
その言葉に確かな内実を吹き込んでいきたいです。

明日は何があるかわからない
だからこそ今日を笑顔で過ごしたい
そんな安心を紡ぐような
人のつながりを築いていきたいと
小さな一人ですけど、強く思っています。(さき)


※関西で停電が続いていることを知りませんでした
◆台風21号の停電、3万戸超が長期化の恐れ 和歌山など
https://www.asahi.com/articles/ASL98549VL98PTIL009.html
2018年9月9日00時46分

近畿地方を4日に襲った台風21号による大規模停電について、関西電力は8日、停電が長期化する恐れがあるのは和歌山や京都など6府県の約3万1千戸と発表した。復旧作業が進み、7日午前の約5万1千戸からは減ったが、道路上の倒木で現場に近づけないなどの理由で時間がかかっている。多くが山間部のため、通行ルートが限られているという。
 関電によると、管内の停電は延べ約219万1千戸にのぼり、1995年の阪神・淡路大震災に次ぐ規模となった。強風で飛来物や倒木も電線にひっかかり、電線が切れたり、電柱が折れたりして配電機能を失ったのが主な原因とみられる。電柱の強度を超える力が加わったという。
 9日午前0時25分時点で近畿では約3万3千戸が停電しているが、電柱の変圧器の故障や各家庭への引き込み線の切断などによる停電戸数は、把握しきれていないという。
 長期停電の恐れがある地域は7日午後5時時点で、和歌山(伊都郡、有田郡、日高郡など)2万10戸▽京都(京都市右京区、左京区、北区など)5030戸▽大阪(泉佐野市、箕面市など)2440戸▽奈良(吉野郡と五條市)2040戸▽滋賀(高島市、犬上郡など)1250戸▽兵庫(尼崎市)210戸。現場への立ち入りが可能になり次第、修復作業に着手しているという。


※庶民の命や人生を大切にしてくれるリーダーが欲しい(ため息)
◆注目の人 直撃インタビュー
前川喜平氏が危惧 「安倍政権があと3年も続投したら…」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236993
2018年9月10日 日刊ゲンダイDIGITAL

安倍首相が3選を狙う自民党総裁選が7日、告示された。投開票は20日だ。安倍が続投すれば、世論の7割以上が不信感を抱き続けるモリカケ問題の再燃は避けられない。
・・・
――「あったことをなかったことにはできない」と告発した加計問題の真相はいまだ藪の中です。

 当事者の安倍首相や加計孝太郎理事長は事実を認めていませんが、学園が国家戦略特区を利用して獣医学部を新設するに至ったプロセスの全貌は、ほぼ明らかになったと言っていい。私が直接見聞きしたのは2016年8月から11月にかけてですが、一連の文科省文書や愛媛県文書や証言によってすべて浮き彫りになっています。

続きはこちら
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236993
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 誰でも出来るフードバンク活動 | トップ | 共助に向かうために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

事務局つれづれ」カテゴリの最新記事