どなるど☆の部屋 ~THE株主優待 & 高円寺のラーメン~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ
「高円寺のラーメン」(目指せ! 100店舗達成!!)と共に「株主優待」を紹介させて頂きます。

【Windows 10】PCでキーボードの文字入力・変換の反応が遅い

2021年06月08日 | パソコン関連のトラブル対処方法
※現在【高円寺のラーメン】食べ歩き(めざせ! 「100店舗」制覇!!)blogを公開中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。
 ★高円寺のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧)




※小生は数年前より【楽天証券】の口座を開設し、今現在でも活用中です。主たる株式取引では【SMBC日興証券】の口座を利用しておりますが、「株価」及び「チャート」の確認にはこちらの【楽天証券】のアプリを利用しております。(スマホ及びiPadにて) 画面が見やすいうえに銘柄の登録や管理が簡単で、更にはとても使い勝手が良いので大変“オススメ”です。興味のある方は是非とも「新規口座開設」のご検討をお願い申し上げます。


♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

「カテゴリー」『パソコン関連のトラブル対処方法』と専門的な文言となっておりますが、小生はその方面に関しては全くの“ど素人”です。とは言え、パソコン関連のトラブルに見舞われる度に、他のサイト等を参考にしながら“悪戦苦闘”を繰り返し、(その都度)何とか対処してきました。いつ何時、同様のトラブルに遭遇するとも限らない為、ここに「トラブル対処方法」を記録しておきたいと思った次第です。


 さて今現在メインで使用しているパソコンは、我が家2階リビング(ダイニング)のパソコンデスク上に設置してあるデスクトップパソコン(以後「PC」と表記)の。。。

 【NEC製 LAVIE】(PC-DA770GAR)

 

です。(2017年10月購入)

 購入より3年半ほどが経過しましたが、ここ最近になってから「文字入力」が急激に遅く(重く)なってしまいました。具体的には、文字を入力している途中や文字変換時に数秒間は固まって(フリーズして)しまう状態です。「文字入力」の対象は「Microsoft Edge」(ブログ作成・Google検索等)「Microsoft Excel」「フォルダー名」等々で、PCを使用する様々な場面にてその不具合が見受けられるようになりました。数文字入力する度に固まってしまう為に作業が進まず、これはストレス以外の何ものでもありません。

 もしやPCのメモリ不足が原因かとも思われましたが、「文字入力」以外は驚くほどに“サクサク”と動作していますので、それは問題無さそうです。そこで他にも同じような不具合を抱えている方がいらっしゃらないか否か。。。

  『Windows 10 文字変換 固まる(遅い)』

とGoogleで検索してみました。すると予想に反するほど多くの同じ悩みを抱えている方々がいらっしゃいました。そして、その方々による同不具合の「対処法」は概ね下記の通りでした。


 「Windows10で「20H2」にアップデートするとIMEの所為であらゆる動作が遅く重くなる事がある為、「Windows Update」(プログラム更新)を実行する」

 「Microsoft IMEの機能である「予測入力」機能をOFF(オフ)にする」

 「Microsoft IMEの機能である「使用状況データの収集」機能をOFF(オフ)にする」

 「Microsoft IMEを以前のバージョンに戻す」

 「Microsoft IME(以前のバージョン)の「辞書/学習」タブの「辞書の修復」(IMEの辞書を修復します)を実行する」


 そこで最初に記された「Windows Update」(プログラム更新)が一番期待が持てそうであったところ、未更新のプログラム(3件)が残っていましたので更新を実行してみました。しかし、残念ながらも期待に応えてはもらえませんでした。そして残りの項目も全て実行してみましたが、全くもって未解決のままとなってしまいました。


 実は同検索・作業を1週間ほど継続して不具合解消を目指していたのですが、良い方向へとは進んでくれませんでした。そして懲りずに何か良い手はないものかとGoogle検索を続けていた時にふと、お一人だけ小生と同じようにあらゆる手を尽くしたけど改善しなかった方の記事が検索で引っ掛かっていたことを思い出しました。その方は他の方々とは趣向が異なり、最後に駄目元でPCの「キーボード」を交換してみたところ改善したと記していました。そこで僕も駄目元で「NEC製キーボード」(ワイヤレス)をamazon等で購入して交換してみようと試み、型式を調べる為にキーボードをひっくり返してみました。

 

 そうしたところ、キーボードの裏側に何やら蓋が付いてきることに気が付き、もしやと思いながらもその蓋を開けてみました。すると、単三電池(2本)が姿を現したのです。実はPCを購入してから一度もキーボードの電池交換をしておらず、キーボードに電池を入れる必要があることすら忘却の彼方となっていた次第です。

  

 そこでワクワクしながらも電池交換を行ったところ、不具合が完全に解消されたのです。これぞ正に“灯台下暗し”といったような状況でした。それはそれで嬉しかったのは事実でありますが、貴重な数日間が無駄な不具合解消作業で失われてしまったのも事実でした。





コメント   この記事についてブログを書く
« 【高坂のグルメ・057】やきと... | トップ | 【東松山ウォーキング・個人... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン関連のトラブル対処方法」カテゴリの最新記事