どなるど☆の部屋 ~THE株主優待 & 高円寺のラーメン~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ
「高円寺のラーメン」(目指せ! 100店舗達成!!)と共に「株主優待」を紹介させて頂きます。

【東松山ウォーキング・ウォーキングセンター】ふるさと自然のみちウォーク「岩殿観音森林浴コース」〔14km〕(2019-12-17)

2020年01月12日 | 東松山ウォーキング
散歩・ウォーキングランキング




※現在【高円寺のラーメン】食べ歩き(めざせ! 「100店舗」制覇!!)blogを公開中です。『ダイエット』とは相反しますが、ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。
 ★高円寺のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧)


♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

※現在【実践! ゼロトレ ダイエット】blogの公開を開始中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。
 ★実践! ゼロトレ ダイエット(カテゴリー毎の記事一覧)


 「ウォーキング」による『ダイエット』の継続に取り組むべく、一昨年(2018年)7月4日(水)より本blogに【東松山ウォーキング】カテゴリーを追加し、日々の状況を(勝手ながらに)紹介させて頂く所存と相成りました。つきましては、去る2019年12月17日(火)【ウォーキングセンター】(東松山市)主催のイベントである『ふるさと自然のみちウォーク』「岩殿観音森林浴コース」〔14km〕に参加してきましたので、その結果(内容)につきまして下記↓の通り紹介(報告)させて頂きます。




 こちら東松山市(埼玉県)は理由は定かではありませんが、何故か「ウォーキング」が盛んです。その代表例の一つが、毎年11月の月初に「3日間」を通し、約「8万人」が参加するとされている「ウォーキング」の祭典【日本スリーデーマーチ】の開催です。

 ※【日本スリーデーマーチ】に関するサイトはこちら → 日本スリーデーマーチ

 そして、市の施設として【ウォーキングセンター】(東松山市)が存在し、毎月『ふるさと自然のみちウォーク』 『花・歴史ウォーク』 『埼玉みてあるき』 『ネイチャーウォーク 自然に親しむ会』「4種類」のイベントを実施しています。『ふるさと自然のみちウォーク』では今回の「都幾川歴史道コース」を含む「6種類」のコースが用意されており毎月順番に開催され、その「6種類」のコースを達成(制覇)した時点(「有効期限」無し)で記念の「粗品」(タオル)が貰えます。

 ※【ウォーキングセンター】に関するサイトはこちら → ウォーキングセンター/東松山市ホームページ

 更には【ウォーキングセンター】傘下の各【市民活動センター】(松山・大岡・唐子・高坂・野本・高坂丘陵・平野)毎のイベントがほぼ毎月開催されています。このイベントは毎年4月に「パスポート」が発行され、いずれかの活動センターのイベントに年間「11ヵ月」参加すると『完歩賞』が、「10ヵ月」参加すると『努力賞』が授与され、記念の「粗品」(タオル等)が貰えます。ちなみに、上記【ウォーキングセンター】によるイベントはウォーキング上級者向けであり、「10~25km」を早めの足取りで歩く為にその参加者は屈強な脚を持った方々(ご老人も多い)です。それに対し、この【市民活動センター】によりイベントは「7km」を前後を遅めの足取りで歩いて休憩も多く取る為、屈強な脚を持たない普通のご老人でも参加可能です。


 

 さて、この度紹介する【ウォーキングセンター】主催のイベントである『ふるさと自然のみちウォーク』は、通常は朝9時に【ウォーキングセンター】に集合し、準備体操を行ってから出発します。(ただし、夏季は暑さを凌ぐべく、変則的な「ショートカット」ウォーキングとなります。) しかし今回は、イレギュラーで朝9時に我が家の最寄駅となる東武東上線「高坂」駅に集合となり、そこからゴールとなる【ウォーキングセンター】を目指しました。

  


 『Walkmeter』

  
 ※諸事情に因り途中より計測ストップ


 目的地 唐子市民活動センター【昼食】(埼玉県東松山市大字下唐子1604番地4)



 東武東上線「高坂駅」駅【スタート】 → 鳴かずの池(弁天沼) → 岩殿観音 正法寺 → 物見山公園(入口) → 市民の森 → おとうか橋 → 唐子市民活動センター【昼食】 → 八幡神社(石橋) → 青鳥城跡 → おため池と虎御石 → 不動沼と倶利伽羅不動尊 → 箭弓(やきゅう)稲荷神社 → ウォーキングセンター【ゴール】


 この日の参加者は「25名」でした。また、天候は残念ながらも「小雨」日和で、午前中いっぱいは雨が降り続けた為に終始涼しい感じの気候となりました。しかし凄く肌寒いといったほどではなかった為、小生はTシャツの上からダウンジャケットを羽織ってのウォーキングとなりました。ところで、当初は『化石と自然の体験館』で昼食休憩となる予定であったと思われますが、生憎(あいにく)の雨の為に途中から「都幾川歴史道コース」「ルート変更」され、結局は『唐子市民活動センター』での【昼食】となりました。

 


 まずは最初の休憩場所となる『鳴かずの池(弁天沼)』に到着。(9時45分頃着)

  

 ■鳴かずの池(弁天沼)
  昔、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が岩殿山に住む悪竜を退治し、首を埋めたところにできたと言われる弁天沼。カエルが住み着かないことから、「鳴かずの池」と呼ばれるようになった。周辺に生えるエノキは市の名木に認定されているとのこと。


  


 続いては、緩やかな坂の「参道」を真っ直ぐに進んで『岩殿観音 正法寺』に到着。(10時10分頃着)

  

 ■岩殿観音 正法寺
  埼玉県東松山市にある真言宗智山派の寺院である。山号は巌殿山。坂東三十三箇所の十番札所である。一般には岩殿観音の通称で知られる。寺伝によれば養老年間に、沙門逸海が千手観音像を刻み開山し正法庵と称し、鎌倉時代初期に源頼朝の命で比企能員が復興した。頼朝の妻北条政子の守り本尊だったと伝わっているとのこと。


  


 そして、お約束となる『物見山公園(入口)』でトイレ休憩です。(10時15分頃着)

  

 ■物見山公園
  埼玉県東松山市の西南端の比企丘陵の一部である標高135mの物見山を整備して作られた公園。園内には約4万本ものツツジが植えられていることから、関東でも有数のツツジの名所として知られている。4月中旬から5月上旬の時期に見頃を迎え、例年4月末の週末には「物見山つつじ祭り」が開催され多くの花見客が訪れるとのこと。



  

 続いては、昨年(2019年)秋の大型台風の被害による被災廃棄ごみの仮集積所をわき目に『市民の森』に突中し、険しい感じの「まなびのみち」を進みます。。(10時25分頃着)

  

 途中、通常コースを逸れて展望台に行きましたが天気が悪く、見晴らしもイマイチでした。(10時45分頃)

  


 これより先が「ルート変更」となり、「都幾川」を渡る「手すりが無い橋」『おとうか橋』を渡りました。(11時50分頃着)

  

 ■おとうか橋
  全長70m弱、幅2.7m、1955年竣工の埼玉県初のコンクリート製冠水橋。都幾川の右岸は東松山市高本地籍、左岸は下唐子地籍とのこと。



 そして、この日の目的地となる『唐子市民活動センター』に到着し、こちらで昼食休憩となりました。(12時10分頃着)

  

 ちなみにこの時の昼食は、相も変わらず事前に購入していたいつもの【コンビニ】(ローソン・ファミマ)『おにぎり』 『サンドイッチ』類でした。

 


 昼食休憩後、まずは『八幡神社(石橋)』を通過しました。(13時丁度頃)

  

 ■八幡神社(石橋)
  境内は古墳になっており、若宮八幡古墳と呼ばれ県史跡の指定を受けている。江戸時代には若宮八幡社と呼ばれ、地内にある天台宗の定宗寺が別当であった。創祀については、慶長元年(1596年)に相州鎌倉の鶴岡八幡宮から分祀したものと伝えられ、境内に古墳の入口が開口していることから「穴八幡」と呼び親しまれてきたとのこと。



 続いては『青鳥城跡』に立ち寄りました。(13時15分頃着)

  

 ■青鳥城跡
  武蔵国比企郡石橋村(現在の埼玉県東松山市大字石橋)にあった日本の城。県指定史跡。構造は城の南端に一辺約100mの方形の本郭があり、それを取り囲むように北に二の郭・三の郭が広がる。城全体の規模は東西約700m、南北約400mであり、中世城郭としては巨大なものであるとのこと。



 続いての休憩場所は『おため池と虎御石』でした。(13時半頃着)

   

 ■おため池と虎御石
  青鳥城二の郭内の東に位置する。虎御石板碑は地上高375センチ、幅70~77、厚さ14センチで、比企郡・入間郡では最大の板碑であるとのこと。



 続いては『不動沼と倶利伽羅不動尊』に到着。(13時50分頃着)

  

 ■不動沼と倶利伽羅不動尊
  国道254号線上野本(西)交差点のすぐ北にある不動沼の北西側に倶利伽羅不動尊を祭る小さなお堂がある。説明板に書かれている通り、倶利伽羅不動の石仏龍が剣を飲み込もうとしている姿を表しているとのこと。



 そして最後の通過地点となる『箭弓(やきゅう)稲荷神社』に到着。(14時10分頃着)

  

 ■箭弓(やきゅう)稲荷神社
  武蔵国(※東京、埼玉、神奈川の一部)で最も古い稲荷神社。「やきゅう」という音から、「野球」関係者が多く訪れる神社として知られ、境内には團十郎稲荷があることから、芸能関係者もよく訪れる。更には2016年5月にギネスに認定された御朱印も登場とのこと。



 そして14時半頃、ゴールとなる【ウォーキングセンター】に到着しました。

 


【目標】

  一日当たりの平均歩数 : 15,000歩/日


【結果】

 『歩数計 Accupedo』

  

  ■歩数: 33,955歩(2019年12月平均:20,851歩)
  ■距離: 約21.1km
  ■消費カロリー: 約840kcal



 『からだグラフ』 ※測定日:2020年1月2日(木)

  

  ■体重: 56.85kg
  ■身長: 162.5cm(固定)





☆さて、昨年(2017年)中における『ダイエット』において、最も“効果”が大きかった思われるのは、実を言うと昨年(2017年)5月に日経新聞の広告に掲載されていた『腹筋』に関する書籍に興味を持ち、すかさず【Amazon】にて注文した。。。

 『マンガでわかる 1日1回の腹筋でお腹を凹ませる方法』中村 勝美〔署〕(池田書店)

  

でした。 → マンガでわかる 1日1回の腹筋でお腹を凹ませる方法 (IKEDA HEALTH BOOK)

☆こちらの書籍ですが『腹筋』方法についてマンガで分かりやすく説明されている為に、非常に取り組みやすい内容となっています。当初の小生は的を得ていなかったのか、そのコツが掴めずにいて、なかなか効果が表れなかったのですが、毎朝この書籍を抱えながら『腹筋』を試みていたところ、開始より「3週間」程度が経過した時点にてウエストが引き締まり始めたのです。

☆以降、本日まで毎朝この『腹筋』を継続中ですが、今となっては完全にコツを掴んだ模様。何故かと言うと、『腹筋』中に“腹筋を使った感”があり、やや腹筋が痛くなるのを実感できる様になったのです。コツを掴むや否や「体重」急減↓↓↓してゆくのと同時にウエストも急激に細くなり、その当時にそれまでに履いていたジーンズが“ユウユル”となってしまった為、新しいジーンズを「4本」買い替えたのでした。

☆そして、同書籍を購入した昨年(2017年)5月より僅か「3ヵ月」程で約「4kg」も痩せたので、その“効果の程”が分かると言うものでしょうか。興味のある御仁は、是非とも同書籍を一読下さいませ!! それにしても、【RIZAP (ライザップ)】等に行かずとも、まずは「10年前」の体(体重)に戻す事ができ、本当にほっとしているところです。

マンガでわかる 1日1回の腹筋でお腹を凹ませる方法 (IKEDA HEALTH BOOK)
中村 勝美
池田書店

コメント   この記事についてブログを書く
« 【株主優待(2019年9月権利確... | トップ | 【配当(中間)】なとり(東1... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

東松山ウォーキング」カテゴリの最新記事