どなるど☆の部屋 ~THE株主優待 & 高円寺のラーメン~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ
「高円寺のラーメン」(目指せ! 100店舗達成!!)と共に「株主優待」を紹介させて頂きます。

【我が家のわんこ達 どなるど☆一家・062】毘沙門天☆ ~2020年(令和2年)元旦に逝く(4)~

2020年01月15日 | 我が家のわんこ達




※小生は「ネット通販」では主に【Amazon】を利用しておりますが、ここ最近は【楽天】に比率も徐々に高まってきました。そして2015年5月31日に、【楽天】にて買い物をする際、「楽天カードを申込みの場合に10,000ポイントサービス」との案内がありました。調べてみると、「年会費」“無料”で且つ、買い物毎にポイントが“どんどん”と付与されるとの事でしたので「これはお得である」との結論に達し、この『楽天カード』申込みと相成りました。通常の「シルバー(銀色)」のカードでは面白味に欠ける為、小生は『楽天PINKカード』をチョイスしました。その後、カードが届いてから気が付いたのですが、これは「女性向け」カードだったようです。でも、男である小生でも作れましたので問題は無さそうです。

※現在【高円寺のラーメン】食べ歩き(めざせ! 「100店舗」制覇!!)blogを公開中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。
 ★高円寺のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧)


♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

◆我が家では(かつて)「3匹」『ミニチュア・ダックスフンド』を飼っていました。「飲み食い」blogにて時たま写真を掲載してきましたが、これまで“主役の座”に躍り出た事がなかったように思われます。ここで改めて【我が家のわんこ達】を紹介させて頂きたいと思います。


 さて、我が家の父犬【どなるど☆】が2015年の年初(1月上旬)より、肝臓癌の為に“闘病・療養生活”を送っておりましたが、(2015年)2月24日(火)の(たぶん)夕刻に敢え無く息を引き取ってしまいました。『享年9歳11ヵ月』「10歳」の誕生日を迎えるまで残り僅か「1ヵ月」の時でした。(本来の寿命は「15~20年」です。)

 ちなみに小生(・ら)は2015年8月6日(木)に父犬【どなるど☆】と過ごした高円寺(東京都杉並区)のマンションから、残る「2匹」のわんこ(犬)である母犬【北京(ぺきん)☆】及び長男犬【毘沙門天☆びちゃもん】を連れて、こちら高坂(埼玉県東松山市)に引越し、新居に入居済です。





 そこで今回紹介するのは、またも我が家の長男犬【毘沙門天☆びちゃもん】である。言わずと知れた我が家の父犬【どなるど☆】母犬【北京☆】との間に産まれた“れっきとした”長男犬である。その名前の由来は。。。『我の名は【毘沙門天☆】でごじゃるぞ!!』との如く、高円寺のわんこ・らを牛耳(ぎゅうじ)るべくして命名したのであるが、それは無理であったようである。

 ちなみに下記↓添付写真は、クリスマスイブであった昨年(2019年)12月24日(火)の昼過ぎ(14時頃)に我が家のウッドデッキにてカミさんが(自分のスマホで)撮影した、飼い主(僕)に抱えられて(まだまだ)元気そうな様子の“独眼竜”【毘沙門天☆】である。

 

 ■2008年9月8日生(当時11歳3ヵ月)
 ■ブラックタン(♂)



★さて、昨年(2019年)12月26日(木)より我が家にて抗がん剤(錠剤)の投与を開始したのだが、間髪入れずに「食欲不振」「下痢症状」等の副作用が発症してしまったのであった。そこで(2019年)12月28日(土)の朝を最後に、下痢症状が治まるまでの間は抗がん剤の投与を控える事としたのである。すると少しばかり体調が回復し始めたのである。ふぅ~!!

★そこで、その翌日の(2019年)12月29日(日)晩には我が家の1階にある店舗スペースで夕食会を行い、【毘沙門天☆】は牛焼肉(黒毛和牛)を美味しそうに食べていたのである。その時の楽しそうな様子の動画も残っているのであるが、残念ながらもこのblogでは仕様的にアップができない模様。ところがである、安心したのも束の間でその12月29日(日)の夕食が家族(飼い主)揃(そろ)って“最後の晩餐”となってしまうとは、その時点にて誰も予想していなかったのである。。。

★そして、そのまた翌日の(2019年)12月30日(月)の朝7時頃、前日は調子の良かった【毘沙門天☆】であるが「起立不能」状態に陥っていたのである。そこで暫しの様子見を決め込んだのであるが、敢え無くも朝9時頃に今度は「嘔吐」も始まってしまった為、(近所のかかりつけの動物病院ではなく)東所沢にある【日本小動物医療センター】の担当医に電話連絡を入れたのである。すると、すぐに連れてきて欲しいとの事だったので、慌てて【毘沙門天☆】をキャリーバックに入れて東所沢へと向かったのである。下記↓添付写真は病院の待合室に到着直後(11時15分頃)に撮影した、何とも不安そうな様子の【毘沙門天☆】である。



★ちなみに診察室に入った【毘沙門天☆】は急に元気になったのであるが、それは緊張感からか一時的アドレナリンが噴き出した結果とのこと。さて、担当医の所見は抗がん剤の副作用と思われ、当日が投与から「3日目」であった為に翌日には治る可能性があるかもしれないが、念の為に血液検査を行う運びとなった。結果、「炎症」値が高めであるが抗がん剤治療中には現れる症状である為、追って薬(錠剤)の服用で抑えていくほかないとの事であった。

★そしてその後の対応であるが、実は飼い主は年末年始(12/31~1/1)に新潟の実家に帰省する為に安全(安心)をとって【毘沙門天☆】をそのまま入院させる事に決め、翌年(2020年)の1月2日(木)に迎えに行く手はずとしたのである。実はこの時の決断が、結果的には“功を奏した”との可能性も無きにしも非ず(?)とも思われるのであるが、その答えは永遠にわからない。。。

★それにしても全く持って“たられば”ではあるけれど、この“最後”となってしまった抗がん剤の投与治療は止めておくべきであったか(?)と思われてならないのである。さすれば、嫌な薬を飲まずに済んだ【毘沙門天☆】は少しばかりは楽ができたのではないのかな(?)と悔やまれてならないのである。




☆上述↑の通り、次回は今年(2020年)1月2日(木)に【日本小動物医療センター】へ入院中の【毘沙門天☆】を迎えに行く予定となったのであるが、この昨年(2019年)末の残り「1週間」が上述↑の件も含めて物凄く“辛い”日々と化してしまったのであった。それにしても昨年(2019年)は、【毘沙門天☆】にとっても飼い主にとっても心休まる時間が皆無の状況で本当に大変は年となってしまったのであるが、もしや「厄年」だったのだろうか。

☆そして下記↓添付写真は、昨年(2019年)12月30日(月)の12時15分頃に【日本小動物医療センター】の待合室で撮影したキャリーバックに収納されている【毘沙門天☆】であるが、皮肉にも“これ”“生前最後”となる【毘沙門天☆】の写真となってしまったのである。。。(続く)

 



コメント   この記事についてブログを書く
« 【配当(中間)】キッコーマ... | トップ | 【配当(中間)】松屋フーズ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

我が家のわんこ達」カテゴリの最新記事