Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空檜コンサート

2009-06-06 16:39:30 | 舞台・ライブ
昨日はお友達の会社であったサロンコンサートに行ってきました。



ヴァイオリンとチェンバロの二重奏。

☆「アレグロ」(フィオッコ)
☆「ヴァイオリンソナタ第6番ホ長調」(ヘンデル)
☆「組曲No.5よりアルマンド,アリアと変奏《調子の良い鍛冶屋》」(ヘンデル)
☆「無伴奏ヴァイオリンのための幻想曲第9番」(テレマン)
☆「鳥のさえずり」「ミュゼット」「タンブーラン」(ラモー)
☆「勝利の歌」「2つのタンブーラン」「アフリカの歌」「2つのメヌエット」「悪魔の歌」「ガヴォットとロンド」(ラモー)
☆「ヴァイオリンソナタト短調」(エックレス)
アンコール曲
☆「アヴェ・マリア」(グノー)

前日フィリップ・ジャルスキーのリサイタルをテレビで観て、やっぱりバロック好きだな~(*^o^*)って再確認したばかりのおいら♪
ヴァイオリンとチェンバロのデュオなんて、付き合い始めのバカップル並みにはしゃいじゃいます(^w^)

ジャルスキーの時も思ったけど、バロックや古楽の作曲家や楽曲は、ちーっともわからないのだけど。
聴いててなんだかわくわくするんだよね(^O^)
すっごく楽しいの♪

ヴァイオリニストもチェンバリストもとてもステキな方で、初心者にもわかりやすいようにいろいろお話してくださいました。

コンサート終了後、なんとチェンバロ触らせていただいて、きゃあ~(≧∇≦)すごくテンションあがっちゃいました。

 

ラルペッジャータのテオルボにもあったような透かし彫りがチェンバロにも!
それぞれの個性を表した模様が刻まれているのだとチェンバリストさんが説明してくださいました。
深いわ(*^o^*)

こうして私のバロック熱はますますヒートアップするのであった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界が注目する男性歌手特集 | トップ | コンサートの後は♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台・ライブ」カテゴリの最新記事