髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

この日の花のように

2018-06-13 | 5歳児
先日、息子たちと近所の公園で遊んでいたら、5歳長男が「家で留守番しているママにお花をプレゼントしたい」と言うので、帰る直前に原っぱで花を摘むことになった。

そこは何度も遊びに来ていた公園だったけど、ハルジオンがたくさん咲く時期には来たことがなかった。
いつもの原っぱにたくさんのお花が咲いていたから、長男はピンときたのだろう。
5歳にして女性に花を贈るなんて、なんて男前なんだ君は…と思いながら花を選ぶ長男を待った。


真剣に花を選ぶ長男。
5歳にして、もう立派なお花屋さんのようだった。

花をプレゼントしようと思いついて、それから一生懸命に花を選び、引っこ抜いて束ねて、さあしおれる前に早く帰って水に入れろとそわそわする長男。

「好きな人に好意を伝える」

という行為が、これ以上はないと思えるくらいにシンプルに表現されていた。

ただ束ねただけの花束が、すごく特別なものに見えた。

こんな素敵な花束ができたんだから、これは絶対にママに届けなきゃな、と私も思い、急いで自転車をこいで帰宅し、牛乳ビンを洗って水をためて、ふわっと活けてみた。




長男と揃って、すごく良いね!と自画自賛した。

飾った期間は一週間くらいだっただろうか。
玄関脇の小さな窓枠に飾ると、ずっと見ている訳ではないけど、朝も夜も必ずその花を見る。
それを見るたびに心の中に「ほわん」とした気持ちが芽生える。
大声で「好きだー!」と叫ぶのではなく、静かにそこにあって、ふと見るとこちらに語りかけてくるような存在。

手抜きではなく真剣にやってるんだけど、難しいことはしない。
私はそういったデザインが好きだ。

贅や技巧を凝らした物には心がこもっていない、とは言わないが、贅や技巧を凝らしたものは、ついついその「贅沢さ」や「技巧」に目がいってしまい、その奥にある心のようなものが見えにくいような気がする。

逆にシンプルな方法で作られた物には、そこに込められた心が見えてくるような気がする。
心に近い、とでも言えばいいのだろうか。

この先、長男も色々な表現活動をすると思うけど、この日の花のように、シンプルに気持ちを伝えられるように育って欲しい。
コメント