KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

ギリギリ(;´▽`A``

2017年02月26日 | 釣り

気付けば2月ももうすぐ終わりで、メバルのフォトコン今月末で終了とな

年末からシーバス釣れてたんでシーバスばっか行ってたけど、エントリーしてたしラストチャンスでメバリングにGO
メバリングは1年ぶりで状況もさっぱり分かりませんが、運だめしということで昨年良かった河口へ

大潮の満潮から1時間ほど経った感じで、シーバスアングラーもシラスウナギ漁の方もわんさか居ます
ま、今回はポイントが違うので無問題テクテク歩いてポイントへ

タケノコポイントに到着
フォトコンでは対象外ですが、KGライツ黒鯛で0.9gジグヘッド投げられるのか試しにキャスト

はい、まったくさっぱり伝わりません
木の棒で投げてるようです

昨年、ブルカレ折ってしまったので代役で使ってるんだけど、やっぱりメバリングロッドじゃないとダメですね
まぁ、ないもんはしょうがないので使いますが

アタリもなく歩きながら投げてを繰り返しテトラ帯へ

昨年、メバルがよく釣れたポイントで投げるも反応なし
やっぱアカンかぁ・・と思いながら、ふと反対側の海面を見てると、時折「パシャ」と何かライズしてる

ボラか?と思いながら何度かキャストすると、コココッとアタリがあり・・・ヒット





うおー、タケノコじゃないメバルゲット~

よし、メバルが居るなら釣れるでしょと、コバチ、マゴバチ、スクリューテールなど間違いないワームをフル投入
しかし、あとが続かない

海面の「パシャ」は続いてるんだけどなぁ
しばらくして少し沖に投げたら水面がザワついた・・・ボラやん

まぁ、1匹だけやけど本命が釣れたからいっかと戻ります

戻る途中、堤防の壁にもたれて座ってる人が居ました。
見る限り釣り道具も何も持ってないし、一点見つめて座ってます。

丑三つ時にこんなとこで何してるんだろ?
そういや、ここって誰もいないのにロッドを振る音がよく聞こえるんよねぇ・・・。

自分しかいないのに「ビュッビュッ」って聞こえると、なかなかビックリしますね
落水して旅立つ人もいるポイントなので、そんなこともあるんでしょう

で、河口まで戻ったらゴロゴロゴロタ浜で、ルアーマンもシラスウナギ漁の人も居なかったので、ちょっと投げてみようとアルカリシャッドを数投したら高切れ

目的は達成出来たので、これにてストップフィッシング

サイズはもう少し欲しかったけど、やっつけフィッシングなのでしょうがないですね
次のフォトコンは専用ロッド用意して、ブレずにメバルを狙いたいと思います





☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛
リール:シマノ 13ソアレCi4+C2000PGSS
ライン:デュエル アーマードF+PRO0.3号 150M
リーダー:フロロ4lb 80cm
ヒットルアー:自作ガン玉ジグヘッド6B オフトスクリューテールグラブ


終了(;´Д`)

2017年02月18日 | 釣り

午後9時半頃に干潮の潮なので、再度調査すべく河口へ

結果、午後10時半から午前0時半の2時間投げ倒しましたが、ノーバイトで終了
干潮なら釣れるという仮説が撃沈に終わりました

昨年末から一ヶ月あまり続いた高確率釣果も、いったん小休止って感じかな
昨晩もシラスウナギ漁の人達がポイント入りしてたし、これからバチパターン狙いの人も増えてくるので、また精神修行の河川へ通うとします

ちなみに、まだバチ抜けは始まってませんでした


満潮は・・・

2017年02月13日 | 釣り

月曜日は用事があり有給でお休みだったので、日曜日の夜に河口へ

先週は午前0時半頃が干潮でしたが、今回は午後10時半頃が満潮で、タイドグラフ的には逆な潮回り
出来るなら午前4時頃の干潮前後を狙いたかったけれど、用事に影響するので満潮前後狙いで行きます

満潮前後の釣果はあまり出てないけれど、果たしてどうなるか?

午後10時過ぎに河口へ到着
来る途中、加古川でシラスウナギ漁の人を見かけました
河口でも見かけたのでポイントが被る時があるかもしれません

日曜日の夜ですが、他にもルアーマンが数名。
極寒の寒さの中、ご苦労様です

まずはアルカリをキャスト
続いてサルベージをキャスト
もっと遠投でVJをキャスト

・・・反応なし
どうなんだろうなぁ・・満潮はやっぱり

徐々に指先の感覚がなくなってきた午後11時頃、ゴンゴンゴンとアタックしてきた魚がヒット





エラ洗いもせず、ティップを叩くような引きはチヌでした。





VJの小さいフックが唇の薄い皮一枚に掛かってました

その後も同じようなアタリがありましたが乗らず、まだバイブレーションの方がいいかとサルベージに替えて投げてると、ブルブルと携帯のバイブみたいな魚がヒット





シマイサキ君でした。

ここでは3回目のヒットですね。全部スレ掛かりですが
・・ってか、絶対口に入らんし

潮が動き出したからか、この後に20センチほどのタイみたいな魚が引っ掛かり、ベイトっ気が出てきましたが、翌日に響くので午前1時半にストップフィッシングとしました

シーバスのアタリはなく、やはり満潮前後ではないのかな・・・?

そろそろバチ抜けやシラスウナギ漁も始まるし、バッティングも増えてくるので、また河川通いで修行するかな


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス アーリープラス86M RangeSnipe(レンジスナイプ)
リール:シマノ 14ステラ3000HGM
ライン:デュエル ハードコアX8
 0.8号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
ヒットルアー:VJ16


やっぱ潮かも( ̄▽ ̄)

2017年02月07日 | 釣り

前回、気になった潮(潮位)の調査の為、昨晩検証してきました

今までは丑三つ時から日の出の時間帯で釣ってたんだけど、あまり上げ下げの潮は気にしてませんでした。
河川で釣ってた時も上げでも下げでも釣れてたし、むしろ時間帯の方が重要と思ってたので

で、河口でも同じような感じでやってたんだけど、どうもここでは違うような気がして、今回時間帯は無視(夜間は外しません)。
今までの釣れたデータから干潮前後に的を絞り、午前0時半干潮の時間帯に合わせ出撃

午後10時半よりキャスト開始
すでにゴロタ石がゴロゴロ剥き出しで、シャローは水深30センチないかも

昔、バス釣りで夜間に野池探して、水を張った田んぼに投げたことを思い出します(笑)。

アルカリシャッド、サイレントアサシン、サルベージを投げますが、ボラに触ったり底の牡蠣殻引っ掛けたりで、さっぱりな感じです

うーん、時間帯も合わないとアカンのか

時刻は午前0時半前
根掛かりや底のゴミを拾うので控えていたVJを投入

すると・・・ヒット





53センチのキレイなハネ君でした





さらに続けてなかなかの重量感の魚を掛けるも、痛恨のフックアウト
アーリープラス86Mでは今までで一番の手ごたえだったので残念です

これが最後のアタリで午前2時まで頑張りましたが、データは取れたのでストップフィッシングとしました

狙い通りの展開にはなりましたが、まだまだ引き続き調査したいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス アーリープラス86M RangeSnipe(レンジスナイプ)
リール:シマノ 14ステラ3000HGM
ライン:デュエル ハードコアX8
 0.8号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
ヒットルアー:VJ16


潮??

2017年02月04日 | 釣り

先週は予定があって釣りに行けなかったので、今朝行って来ました

午前3時半ごろ現地に到着
駐車場で準備をしていると、1台のミニバンが漁港へ走って行きました

この時期のこの時間帯に来るのは、よっぽどの釣りバカしかおらんよなぁ(自分もです(笑))。
そんなことを思いながらテクテク河口へ歩いて行くと・・・うん、先々週も見かけたブ〇〇スな方々の車でした。

ってことは・・・あー、やっぱり居ました

今日は先を越されたので離れた手前で投げるとしましょう。
シャロー帯ですが、これから満ち込みなのでまだ投げれます

アルカリシャッド、サイレントアサシン、サルベージなどを投げますが、なかなかのボラが居ますな

で、何か引っ掛かった





フグさんでした

ストップフィッシングの午前6時半までに、自分を含む5人ルアーマンが投げてましたが、釣れてる様子はなかったかな
なんだろなぁ・・・自分的に満ち込みからの下げはイマイチかも

逆の潮の時に再調査してデータを取るか