KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

よいお年を(^^)/

2016年12月30日 | 釣り

先週のリベンジに行って来ました

河川より河口の方がいい感じでしたが、通り道なので一応チェック
サクッと15分投げて見切って河口へ

今日は大潮
午前4時頃に干潮ですが、午前2時で先週よりさらに干上がってます
底の地形が思っていたイメージとは違ってて、いい情報が手に入りました

先週より潮が引いてるので、放置していたストリンガーを見に行くと・・・

魚が居ません
ストリンガーは閉じたままだったので、口が切れて逃げたかどうかは分かりませんが、とりあえずそこで浮いてなくて良かったです

で、キャスト開始

VJを投げて探りますが、先週のアジは居ないみたいで、さらにタチウオのバイトもなし。
たまにボラか何かに当たるのと、超シャローでゴロタ石に当たるのが半端ない

ベイトっ気は先週よりないなぁ・・・そんなことを思いながら投げてるとヒット(笑)。





36センチのセイゴ君

先週の教訓からストリンガーには掛けずに即シメです(なのでサイズがキッチリ分かる(笑))
それからすぐにまたヒットしましたが外れました

少しづつ海側へ移動しながら投げますが反応がないので、また戻って投げてると・・・ヒット





50センチのハネ君です。
もちろん、即シメ(笑)。

どんどん潮位が下がっていくんだけど、以前までは絶対に投げなかった、ドシャロー干上がりで釣れることに驚きながら、キャストを続けるとなんかヒット(笑)。





22センチのシマイサキ君。
レンジバイブのスレ掛かりでした

そう言えば昨年も釣れた・・ってか、IP26のスレ掛かりだったんだけど、その時は正体不明だったのでリリースしたっけ
普通に美味しい魚らしいのでしっかりキープ(笑)。

スズキ科の魚らしいけどこのおちょぼ口、どう見てもレンジバイブ口に入らんでしょ

で、これが最後の魚で午前7時にストップフィッシング
リベンジ達成で釣り納めとなりました

いやしかし寒かった
この季節に深夜に釣りなんて、よほど釣りバカじゃないとやらんよなぁ・・・と思いましたが、意外に釣り人は多くやって来てました

今年のシーバスは最長77センチでランカーは出ませんでしたが、また来年も色んな魚種を狙って頑張りたいと思います

それでは皆さま、よいお年を(^.^)/~~~


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス アーリープラス86M RangeSnipe(レンジスナイプ)
リール:シマノ 14ステラ3000HGM
ライン:デュエル ハードコアX8
 0.8号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
ヒットルアー:VJ16


クリスマスプレゼントだったはずが・・・

2016年12月24日 | 釣り

このところ体調がイマイチで釣り行けてませんでした
で、ひさびさにこの連休行って来ました

タチウオからだいぶ日も経ったので、もういいでしょと河川シーバスへ

午前0時半よりキャスト開始
少し前の雨でいい感じかなと思いましたが、深夜の潮位がイマイチだったので期待せず2時間ほど投げましたが・・・ノーバイト

ボラはたくさん居たんですが・・・。

満潮は午前9時頃。
今はド干潮で釣れそうな雰囲気がない

なので投げ続ける気が起きず、ベイトっ気がある朝の導流堤行ってみるか・・・と場所移動

駐車場に車を止めて歩いて行くと・・・車は1台だけ
さすがにもうタチウオも釣れてないんだろなぁ・・と思いながら、テクテク歩いて泊川河口を見ると、ゴロタ石がむき出しのド干潮。

西の風が強くて先端はちょっと無理やな・・しゃーない、風よけになるここで投げてみるか
期待せずドシャローの海面へVJをキャスト

すると、ゴンゴンブルブルと何かのベイトに当たる
ボラの稚魚でもおるんかな?と思いながら、投げながら移動して行くと、ゴンゴンブルブルで針に掛かった

上がってきたのは・・・





アジでした。
しかも20センチくらいある良型です

いいサイズなのでキープしようか迷いましたが、また引っ掛かってくるようならアジの引っ掛け釣りしたろと、とりあえずリリース

しかし、こんな浅い河口までアジが入ってるとはビックリです。
試しにミニカリを投げてみますが、針掛かりはせず

アジングタックルなら面白そうですね

またVJに戻して投げてると、アジに当たりながらゴゴンと何かがヒット
元気にエラ洗いをしながら上がってきたのは・・・





50センチ半ばほどのハネ君でした





腹パンパンのグッドコンディションなシーバス君
まさかここで釣れるとは思ってなかったし、ひさびさだったので楽しかったです

足元は石がむき出しだったので、少し離れた場所にストリンガーに繋いでこちら側でも投げてみたら、ガンとアタリがありVJの尻尾が噛み切られてます

え~、ここにタチがおるかこんな奥まで入ってきてるってこと

タチウオタックルは持ってきてないので、ミノーを投げてみるとコンとかって結構アタリがありますが、VJを投げるとワームがズタズタになってしまう

しばらく投げてみるも乗らないので、また元の場所に戻りVJを投げてたら・・・ゴゴン





これもさっきと同じくらいの腹パングッドサイズ





VJ丸のみ。

今日はクリスマスイヴ
サンタさんが最高なクリスマスプレゼントを用意してくれたようです

これでパスタの食材は確保できたと、ストリンガーに繋いでまた戻りキャスト再開
足元を見るとだいぶ潮位が上がってきました。

ストリンガーこっちに持ってきとこっと・・と、ストリンガーを取りに行き引き上げようとしたら、なんと捨て石の間にヒモが挟まってしまってて抜けないではないですか

タモで押したり落ちてた竹で引っ張ったりしても全然ダメ
最初の1匹は見えないけど、2匹目は手を伸ばせば届きそうな距離にいます。

せめてこの1匹でも何とかならんかと頑張りますが、足場の石がコケで滑るし潮位が上がってきてどんどん離れて行くし

はい、無理でした
シーバス君には申し訳ないけれど、放置するしかありません

目の前のシーバスに別れを告げて再キャストするも、空が明るくなり出してアジもどこかへ行ってしまったようです。

時刻は午前7時半。
キャッチアンドイートな釣りなので、魚が釣れても持って帰らなければボウズと同じこと。

このままでは帰れないと初めの河川へ戻って、満潮時刻まで1時間半延長戦をやりましたが・・・何も起こらず午前9時にストップフィッシング

悔しすぎる釣行となりました

何でしょうかこの気持ち。
サンタさん、こんなオチいらないっすよ

まぁ、とりあえず現状では河川より河口の方がいいのと、タチウオもまだ抜けてないことが分かりました。
アジもまだ奥に残ってるので、今のところ急な天候の変化がない限り、シーバス&タチウオ&アジも釣れるんじゃないでしょうか

必ず、年内リベンジします


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス アーリープラス86M RangeSnipe(レンジスナイプ)
リール:シマノ 14ステラ3000HGM
ライン:デュエル ハードコアX8
 0.8号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
ヒットルアー:VJ16


使用は来期かな(;^ω^)

2016年12月03日 | 釣り

現時点の自作ゲッターとアンチョビです。





前回との違いは、サイドフックの取り外しと押さえアームの取り付け部分の変更です。





今まではヘッドに穴を開けてアームをハンダ付けしてましたが、ハンダが不十分ですっぽ抜けることがありました。
この外付け式だと穴あけ作業もなしで、強度を十分確保することが出来ました

次はアンチョビです。





初代はこれ。





分かりづらいですがフロントダブルフック(1番)をリヤに持って行き、フロントダブルフックを1/0番にサイズUPさせています。





半固定式は継続。





リヤも半固定式でケミホタルを固定する棒をハンダ付け。





バランスもいい感じ





フックが外れるとこんな感じ。





ワームと違いプラボディは噛まれても噛み痕が分かりにくく、タチウオの存在を確認しにくいことがありました。
この半固定式フックだとフックに触れるとすぐ外れるので、バイトのあるなしを確認しやすいです

ルアーの動作は確認済みで、リヤのシングルからダブルでも動きはほとんど変わりません。

とりあえず、アンチョビの改良はこれで終了かな?
自作ゲッターはまだまだ改良の余地ありですが、なかなかいい案が浮かびません

また来期までじっくり考えたいと思います


終盤です(;´Д`)

2016年12月03日 | 釣り

腰もほぼ復活したので、導流堤へGO

午前3時半よりキャスト開始
引き釣りで探りますが、あまりエサも破壊されません。

何かに当たったような感覚も数回で、アタリらしいアタリはゼロ
ワインドやジグを投げるもバイトなし

タチウオ狙いらしい釣り人も、今日はなぜか沖の方へ皆さん行かれます
夜が明ける頃には、加古川方面の堤防にズラッとルアーマンが並んでいました。

なんでしょね?何か釣れてるんでしょうか??

何も起こらないまま午前7時半にストップフィッシング
タチウオはまだ居るようですが、薄くなった感じがしましたね

自作ゲッターの期待のサイドフックは効果なし
今は外してメインのアシストフックのみになっています。

・・・ってか、普通に本家ゲッターやし

また今後、いい案があれば試してみたいと思います。

アンチョビはメインのダブルフックを1/0番に上げて、リアのシングルフックをダブルの1番に変更(共に半固定式)。
テールのケミホルダーはやはり動きが悪くなったので外して、リアのダブルフックにケミを取り付けられるよう加工しました。

また時間があればUPしたいと思います

寒さもハンパない上に、去りゆくタチウオを追いかけるのも、もういいかな・・・って感じなので、ひとまず今季のタチウオは終了です。

これからはシーバスとメバリングでやっていきたいと思います