KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

青物は撃沈・・・しかし!?

2014年09月28日 | 釣り

週末の淡路釣行報告です

金曜日の午後10時半より現地入り
まずは手堅いアオリから

タックルの準備をしてキャスト開始2投目でさくっと





うん、間違いなし
しばらくして同行のふじもんもゲット

今回メインは青物なので朝まずめに備え午前1時でアオリは終了し、2時間ほど仮眠をとり午前3時に再び海へ

西浦で上がってるみたいなんですが、どこで上がってるかは分からないので、適当な漁港でやってみることに

タチウオ狙いの浮きがあったけど、釣れてる様子はなし。
西浦は全体的に浅いのでタチウオは望み薄

夜が明けるのを待つこと2時間
すると、出ましたボイル

小さめのボイルなのでツバスかな
目の前でも出るのでボイル撃ちしますが、これがまったく反応なし

周りでも上がってないし、30分ほどで気配はなくなり穏やかな海に戻りました
午前10時頃までジグやバイブレーションなどを投げましたが何も起こらず

一旦休憩を取り、またアオリ狙いで南淡へ向かいます

何ヶ所か漁港を回りましたが、釣れるところもあればまったく反応なしのところもあり、どこでも釣れる訳ではないようです。

でも、真昼間でも釣れるしサイトで釣れるのでかなり楽しい
サイトで釣ったことがないふじもんも初めは苦戦してましたが、コツを掴んでからはかなりハマってました

しかし、あくまで今回の本命は青物
夕まずめの時合いをどこで迎えるか考えます

早朝の漁港に行ってもいいけど、ノーボイルだったらそれで終了
ボウズ逃れのタチウオもアカンし・・・。

結局、バクチの青物を諦め堅いタチウオ狙いにチェンジ

うん、やっぱりね、釣れてる魚を釣るのが賢いんですよ
手堅い魚を外したくないので、タチウオ確認済みのおのころ裏で時合いを待つことに

3時間ほど夏日な堤防でジグを投げて、エソを釣って魚の引きを味わいながら午後6時過ぎ。
ようやくバイトが出ました

そしてファーストヒットはふじもん





うわさのドイティでゲット

そして私も





なかなかバイトが出ませんでしたが、ドイティを信じて投げ続けた1本でした





しかし、今回も連発はせず沈黙が続きます

そして午後7時半。8時で終了しようとふじもんと話してた時に足元でヒット
ふじもんも今日イチの指4本を上げ、午後8時にストップフィッシング
2人とも2本ずつタチウオを釣り、なんとか魚をゲットすることが出来て良かったです

釣行時間20時間の淡路島フィッシングはこうして幕を閉じました。
本命の青物は釣れなかったけど、お土産をたくさん持って帰ることが出来ました





私が、アオリイカ15杯(リリース多数)、タコ1杯、タチウオ2匹。
ふじもんが、アオリイカ推定20杯、タチウオ2匹。

今の淡路はアオリは間違いなしで、青物はタイミング次第、タチウオもオッケー
ただ、タチウオに関しては神戸港の方が確実に釣れると思います

今年の淡路釣行はこれで最後。
次回からはまた近場で頑張りたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト ザルツZAT-902MHW
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.8号 150M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:太刀ヘッド1/2oz+ドイティ オンスZZスタップ20g(エソ)


ロッド:メジャークラフト トリプルクロスTC-862E
リール:シマノ セフィアBB C3000S
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 160cm
バイトルアー:エギ2号 2.5号 3号


体調万全を願う

2014年09月25日 | 釣り

今日は息子とハニーが体調ダウンで会社を休み、買出し等で走り回った1日でした

とくに息子は週初めから咳がゴンゴン出ててハスキーボイス
気のせいか私も咳が出始めたような

・・・いや、気のせいにしておこう
明日は淡路島へ旅立つので風邪を引いてる場合ではないのだ。

ラインも巻き替えてドイティも準備OK
現在、淡路で青物の調子がいいみたいなので、ジグとアシストフックも購入





ミノーやトップも用意したかったけど高いので
しかし安いなジグパラムーチョルチアより安いって

さー、頑張って釣ってきまっす


神戸港刀狩り

2014年09月21日 | 釣り

先週の金曜日の夜から翌朝まで神戸港でワインドしてきました

土曜日の早朝釣りに行く予定はしてたんだけど、行き先はまだ確定してなかったんですね。
淡路島でタチウオ釣ってから神戸港のタチウオも気になってたし、導流堤のシーバスも1ヶ月以上行ってないし、あそこでアオリが釣れるのか調査もしてみたかったし

金曜日の仕事終わり時点では「導流堤かなぁ」と思ってたのが、会社の後輩達が神戸港でタチウオ釣りに行くという話があり、それなら神戸港行きますかと金曜日の午後8時半頃、現場に到着

淡路島で実釣したドイティが神戸港でも通用するのか
先に到着してたふじもんの横でワインド開始

潮は長潮で海面はまったりと穏やか
見るからに釣れなさそうな感じです

浮き釣りの浮きも見てても、時々沈んではいるもののなかなか針掛かりしないようで、ポツポツ上がる感じです。

タチウオの姿は確認出来たので、あとは釣るのみ
ドイティをシャクシャクひたすらキャストを続けます。

しかし、思った以上に反応が薄く、こんな渋かったかいなと本家マナティに変えても状況は変わらず、バイブレーションやミノーを投げてもノーバイト

どのルアーを投げても同じなので、またドイティに戻してキャスト
隣の浮き釣りの浮きは1キャストごとに沈んでて、ここだけ群れがいるみたいな感じになってます。

なのにすぐ横で釣ってるワインドにはあまり反応がありません
でも、時折バイトはあるので、色々なアクションを試しながら反応を探ってようやく





なんとかゲット

よし、これからがワインドの本領発揮やと気合を入れてシャクリます。
しかし、連発はせず午後10時までに2本追加のみ

しかも、合わせ切れでドイティをロスト
量産が間に合わないので1個しか持ってきておらず、その後はマナティにチェンジでやるも沈黙が続きます

午前0時を回りもう終了しよっかなと考えてた頃、渋い状況の中1本タチウオをゲットしたふじもんが、「朝までやります」とやる気マンマン

うーん、朝までやる気はなかったけど朝まずめの時合いは気になるなぁ・・・やりますか

午前1時から2時3時とまったく当たらないので、ちょっと休憩を入れ午前4時過ぎよりキャスト開始

そして午前5時を過ぎるとアタリが出るようになってきました
しかし、またしても合わせ切れを起こし中断を余儀なくされる

現在PE0.6号を使ってるんだけど、80UPのボラやエイが掛かってもドラグ調整で対応すれば問題なく釣り上げることが出来ますが、ドラグを締めて強引に巻けば切れるのでゴリ巻きスタイルはです。

ワインドでもドラグを緩めにしておけば問題なしなんですが・・・忘れるんです
掛かってから抜き上げる時にドラグを締めて、そのままキャストしてガチガチドラグのまま合わせてパチンっていうミス

今回この合わせ切れが3回あって、ちょっとラインの号数を上げようかと思いました。

太ラインでゴリゴリ巻いて釣るより、細ラインでドラグを駆使しながら釣る方がテクを磨けるので好きなんですが、ワインドに関しては合わせ時のショックやシャクリ続けるラインへの負担を考えると、細ラインを使うメリットが薄い気がしまして

話はそれましたが、空が明るくなってくるとアタリも多くなり、足元で乱舞するタチウオも
近距離バトルやと足元にマナティを放り込みシャクってるとヒット

しかし、ちょっと引きが違う
水面に現れたのはサゴシです

タモは車の中だし抜き上げるかと、えいっと上げようとしたらポロリ
あーあ、バレちゃった
今度から朝まずめ狙いはタモ持ってきとかなアカンな

青物が回ってるようなので、ジグに切り替えて沖のボトムを探ると・・・ヒット





指4本のいいサイズが釣れました
さすがに眠気も半端ないので、他に2本追加して午前7時にストップフィッシング





指4本2匹、指3本1匹、指3本弱3匹の計6匹という結果でした

しかし、まさか徹夜になるとは思いませんでした
今週末淡路島に行くので、また徹夜フィッシングになりそうです

気になってた神戸港のドイティも釣れたし、週末までに予備を作ってラインも巻き替えて万全な態勢で望みたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト ザルツZAT-902MHW
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.6号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:太刀ヘッド1/2oz+ドイティ&マナティ オンスZZスタップ20g


またまた行ってたり

2014年09月15日 | 釣り

土曜日は私、日曜日はハニーが丸1日自由時間を満喫したので、3連休最後の月曜日は家族で満喫しようとまた淡路島に行って来ました

今日は息子がメインなので、前回前々回と行けなかった淡路島カントリーガーデンに行きます
せっかく淡路島に来たのでついでに釣りもしようと、先に郡家港でエギングすることに

もちろん釣りはあくまでついでなので、釣れればいいかとファミリーな時間を優先です





息子のう〇こに2回付き添ったり、ハニーのライキャスのエサを付けたりと、ぜんぜん集中してエギング出来ませんが・・・





ちゃんと釣ったり
ライキャスに掛かったフグで遊んだり





片手間な割りに釣れましたね
チェイスもなくなってきたので、そろそろガーデンに向かいましょう

今日はサイクリングのイベントがあって、チャリダーが列を成して走るので気をつけながらガーデンに到着





受付で入場料とエサ代を払い中へ
ガーデン内にはお猿やヤギなどの小動物がいて、エサやりをすることが出来ました





動物を見れる場所はあっても。エサやりまで出来るのはなかなかないので、いい経験になりました





他には滑り台も何台かあって、息子もいっぱい滑れて満足そうでした





規模は大きくないけど混雑もしないので、ちょっとした時間つぶしにはいいかも

そんな連休最終日でしたとさ



淡路島釣行

2014年09月14日 | 釣り

この3連休の淡路島釣行
丸1日の自由時間なので、金曜日の夜から土曜日の夜までガッツリやります

狙うはアオリイカ、タチウオ、青物
この中でそろそろ秋のシーズンインなタチウオで、前々から考えていたあるモノを試してみようと思います。





タチウオと言えばワインド。ワインドと言えばマナティが定番ですよね
このマナティは釣れるんだけど耐久性がなのがネック

なので、作ってみました





木材から削り出してダイソーの缶スプレーで白に塗装し、これまたダイソーのエポキシ接着剤でコーティング

名前は、「ドイティ」です(笑)。

ジグヘッドは安いアズーロの太刀ヘッドをエポキシ接着剤で固定。
フック取り付け部分は従来の突き刺す方法では無理なので、すごーく考えた末に画期的な方法で取り付けてあります。

もしこれで釣れたら後日詳細UPします

前にプロトを試投済みで(2投で根掛かりロスト)、動きはマナティと同等かそれ以上だったので、自分の中では80%以上釣れる自信ありです(笑)。





これはドイティのテールにブレードを付けたもので、名前は「ワインドスピン」(笑)。

ワインドで食い渋った時にただ巻きで使えたらと思い、家にあったスピナベのブレードをもぎ取ってくっ付けてみました(笑)。

これらのアイテムを引っさげて、金曜日の午後10時半に淡路入り
まずは手堅いアオリからと仮屋周辺のポイントに向かいますが、先行者の車がいたのでスルー
次に釜口漁港に車を走らせ波止からエギング開始

墨跡もあって釣れそうなんだけど、スレてるのか1時間ほどシャクッても反応なし
見切りをつけて前々から気になってた横のサーフへ移動
数年前にこのサーフで素潜りをしたことがあって、釣りしたら釣れそうなポイントがあったので

そしてその予感は的中





初めてサーフエギングで釣りました

その後もう1杯追加し場所移動
海岸線でタコ突きをやってた場所で、ここも釣れそうだったけど反応なし
チヌとか普通に泳いでたから、夜釣りで狙えば釣れるかも

もう1ヵ所海岸線沿いの場所もやったけどダメ
時間は午前3時。そろそろ朝まずめ狙いの場所にと向かったのが炬口漁港

自分的にここでよく釣れた記憶はないんだけど、過去のリベンジも兼ねてワインド開始
周りを見てても浮きも沈んでないし沈黙です

そして午前4時半。
シャクシャクと振ってたロッドにゴンっとヒット~





サイズは指2本半と細いですが今期初タチウオゲットです
しかも、あのドイティで釣れました(外れちゃいましたが

時合い到来かと思いましたが、また沈黙しその30分後にまたヒット~





ガッツリ掛かってます
これまた指2本半と細いですが、こんな風にしてもフックは外れません

隣で釣ってた浮き釣りの人が、「釣れました何で・・ワインドですか周りのエサの人も釣ってないのにタナはどの位」と驚いたようすで聞きに来られました。

そして東の空から朝日が昇ると





モーニングヒットはこの魚





淡路島では100%のヒット率なエソ君登場

その後、もう1匹エソを追加しお腹も減ったので、午前7時に一旦終了
ドイティは細かい噛み傷やテールに塗装の剥げがあるものの、動きに影響するダメージはなくいい感じ





車に戻り持って来たカップ麺を食べて休憩後、さすがに眠気がヤバくなってきたので、夕まずめのポイント調査も兼ねて西浦の郡家港へ

ここでもタチウオ釣れるんかなぁ?と思いながら海を見てると、エギンガーな兄ちゃん達がアオリを釣ってます。

さすがに眠いので小1時間ほど仮眠を取って波止を見ると、真昼間な波止には誰もいません。

ちょっと頭もすっきりしたのでエギング開始(笑)。
1時間ほどやって3杯サイトで釣った後、夕まずめのタチウオポイントをしばし考える・・・。

東の釣果情報はよくあるけど、西の釣果情報って全然ないんですよね
ここでやってもいいんだけど、細いタチウオ2匹じゃ食材的に厳しいので追加が欲しいところ。

やっぱりここは手堅い東側で絞るか・・・。
でも、今朝の状況を考えると炬口漁港ではサイズが出そうにないし、数も出そうな津名周辺にするべ

そして向かった先は津名港
津名港の赤灯台側は連休もあってか、テント組もいるほどの満員御礼だったので、反対の白灯台側に決定。

ここも人気ポイントですが、さすがに午後3時の時間にはサビキのおっちゃん1人しかおらず、鉄板な先端を陣取ってポイント確保

アウェイな場所だったのでジグで海の状況を探り、ひと通り探った後、まだ使ってなかったワインドスピンを試投

すると、ただ巻きでは泳ぐもののワインドに切り替えるとまったく泳がない(笑)。
アカンやんそれではと、ブレードを取ってトリプルフックを付けてシャクると、今度はラインに絡まる絡まる


はい、これボツやね


ワインドせーへんならただのスピンやし
ただ巻きオンリーで使うなら三角形に削らなくてもいいし、もともと消耗が激しいからゴムから木材にしてみた訳で、そうなるとスピンテールジグで事足りるよな色は後から塗れば済むし・・・。

ダメ出しも済んだところで、まだ時合いまで時間があるし、ちょっと横になって休憩
そして午後4時半頃、ちらほらと釣り人がやって来ました。

そろそろ始めるかと、まずはジグでキャスト開始
でも、1時間ほどしても全然当たらないので暗くならないとダメなんかと、今度は本家マナティのケイムラ紫でワインド開始

周りの釣り人は引き釣りでタチウオ狙いの中、ひとりワインドでシャクシャクやってた午後5時半。

いきなりゴンっとバイトがありドラグが鳴りましたが乗りません
周りではまだ当たってないみたいなので、ファーストバイトゲット

竿頭はもらうでっと気合を入れシャクる
しかし、何度か当たるもののなかなか乗らない

そのうちに隣でやってた引き釣り師がヒット
うぉー、エサにやられた

仕方がない、あれを使うか・・・。
今日初投入なのに本家を差し置いて2本の刀を狩ったドイティの出番だ

期待のルーキーを投入しシャクシャク。
すると、また隣の引き釣り師がヒットさらに向こうの引き釣り師も釣ってる

どうしたドイティ塗装が剥げたらアカンのか

実は昨年も対岸の赤灯台で引き釣り師に完敗したことがあり、炬口漁港でも引き釣りに負けたことがありました(今日は勝ち星だったけど)。

どうも淡路島ではダートよりただ巻きに分がある気がするのは気のせいか
試しにバイブレーションでとサルベージを投げると、ゴンっとバイトが出たが乗らず

アカン、ブレてるわ
こういうときは釣れたルアーを信じてやるべし

またドイティに戻してシャクリ始めた午後6時半。
シャクった後のフォールでゴンと、今度は乗ったぁ~





サイズは指3本の小マシなサイズ。
やっぱり信じて良かったよドイティ~

さー、これからこれからとテンションで続けるも、時合いが終わったのか沈黙
引き釣り師も浮きに切り替え長期戦の構え

粘れば次がありそうだったけど、なんとか確保できたし十分釣りしたので、これにて終了と午後7時にストップフィッシング

徹夜の21時間フィッシング(仮眠1時間)は無事終わりましたとさ