KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

洗礼(;^ω^)

2018年11月17日 | 釣り

前々から会社仲間(K)がタチウオ釣りに行きたいと言ってたので、金曜日仕事終わってから直で導流堤へ

Kは数年前に海釣りを始めてからファミリーフィッシングや、タチウオシーズンが始まれば足しげく神戸港に通ってる男。

タチウオもなかなか釣ってる感じで、タチウオはこんなもんでしょう?みたいな雰囲気だったので、井の中の蛙というのを体験してもらいたく、難易度の高い加古川へ連れてってあげました(笑)。

午後8時頃から実釣開始

先行者の釣り人がタチウオを釣ってるのを見て、俄然やる気なK
浮きを1本流しながら、ワインドや引き釣りの二刀流で攻めます

自分はワインドやルアー、引き釣りや電気浮き釣りなどの一般的な釣りは今回封印
渋いタチウオをどうやって釣るかをずっと考えた結果、新たな釣り方で挑戦します

エサはスーパーで買った塩サバの切り身を、さらに塩を振って締めたもの。
それをキャストして、なんとまさかのアタリが連発

しかし、合わせのタイミングが掴めず空振り連発
一方、Kはアタリがないらしい

1時間ほど反応がありましたが、その後しばらく沈黙
それからまたプチ時合いがありましたが、合わせが上手く行かずダメ

ふとリールを見るとラインがクシャクシャになってて、それを直してると不意にラインが走り、とりあえず復旧後合わせを入れるも、リーダーカットされる

Kは釣れる気がしないとお手上げ
「この釣り方じゃないと当たらないんですか」と聞かれるも、自分も初仕掛けなのでよく分からんけど、明らかに普通のエサ釣りよりアタリが多いのは確か・・ってか、導流堤でこんだけアタルのは初めてです

そして、もうええかと合わせたらまたサバが釣れ出しましたが、今回お互い翌日に予定があるのでリリースして、午前0時にストップフィッシング

自分的に状況かなり良かった感じなんだけど、Kはまったく釣れる気がしなかったと。
先に釣ってた釣り人以外、他の釣り人の話を聞いてもまったくダメだったらしい。

「釣れないと聞いてたけど、まー、アタリくらいはあるやろ~?と思ってたんすけど完敗っすねぇ」と、アウェイの洗礼を受けたK。

来週、清原とKと自分でタチウオcupする予定なんだけど、開催場所は神戸港になりそうです

この渋い導流堤でアタリを出せた釣り方は・・・フカセ釣りでした。
チヌやグレのフカセ釣りをベースにタチウオ用にアップデート

ワインドや引き釣り、電気ウキ釣りをやってみて、渋い時の対策はとにかく軽く違和感を少しでも排除すること。極力シンプルな仕掛けを使い、バイトの大部分がフォールということを考え、フォールを意識したアクションを加えること。

フォールアクションは仕掛け絡みが起きやすいので、絡まないような仕掛けの工夫も必要。
浮きはストッパーを使わない全層仕様で、アタリは浮きではなく水中のケミホタルで取る。

ノーシンカーなのでフォールが遅い分じっくり見せられるが、流れの速い場所では狙う棚まで落としにくい。

待って待って乗るアタリなら普通の電気ウキと同じなので、食い渋りのアタリを掛ける仕掛けの改善が今後の課題ですね

また仕掛けが完成したら紹介してみたいと思います

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 効果アリ!? | トップ | 初沖で!(^^)! »
最近の画像もっと見る

釣り」カテゴリの最新記事