KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

初沖で!(^^)!

2018年11月25日 | 釣り

前に導流堤で渋々タチウオの洗礼を受けたK。

実はこの3連休のプラを兼ねての釣りだったんですが、導流堤はないということで地元神戸港でタチウオcupを開催しました





おかっぱりにするか迷いましたが、せっかくの機会なのでのびのび釣りが出来る沖提で、私とKと清原の3人で釣りすることに。

Kは初沖提だったのでかなりテンション高め
清原も1年振りの沖提でやる気マンマンです

神戸港のタチウオも終盤ですが、タチウオの他に青物も回遊してるみたいなので、何か釣れたらいいなぁと15時の船で7防に到着

早速ジグを投げながら周りを観察
のませの浮きが浮かんでて、皆さん青物狙いのようです

陽が沈んできましたが、見えてる限り青物が釣れてる感じはなく、ジグにも反応なし
青物は諦めて引き釣りに変更タチウオを狙います

しかし、反応なし
タチウオ狙いの浮きが並び始めるも、浮きが沈む気配がありません

よし、こういう時こそタチフカセだ
仕掛けを変更し浮きを流して探っていきます。

海中のケミホタルが躍ることもなく、時間だけが過ぎていく・・・
そんな中、反対側の浮き釣りの人の浮きに反応が出始め、タチウオが上がり始めました

自分たちも外向きから内向きへ場所移動
しかし、内向きは風が強くて波があり、流れも速いのでフカセではかなりやりにくい

引き釣りに変更するも反応がない中、Kはワインドでかなり当たってるらしく、なかなか乗らないと苦戦してましたが・・・

ついにヒット





指3本半超えのいいサイズが釣れました
その後にも1匹追加しましたが、これは指2本半くらいで色んなサイズがいるようです。

時間は午後8時半を回ったところ。
やっと時合いが来た感じなんですが、9時最終なので時間があまりありません

今回はエサメインでルアーは持ってきておらず、引き釣りを続けましたがバイトはなく、そのままストップフィッシング
Kが2匹、私と清原はノーフィッシュという結果で終了しました。

Kが初沖提で釣れてくれて本当に良かったです
昨年も清原が初沖提でゲットしたし、やっぱりお金出して行くわけですから、それで釣れなかったら二度と行かないって思いますもんね

自分的には神戸港でタチフカセのテストがしたかったので、今回の釣行で色々とデータが取れて良かったです
今回、引き釣りではアタリなし。タチフカセではケミが躍る動きは出ませんでしたが、手元に感じる小さなアタリは2~3回ありました。

タチフカセの弱点として、沖堤防みたいな深い場所や風、流れがあるとなかなか沈まないので難しいかな?
ガン玉を打ったりもしましたが、やり過ぎるとフカセの意味がなく、それなら普通の浮き釣りの方がいいかもしれません。

で、翌日の夕マヅメ、今度は導流堤に行ってタチフカセやってみました。

結果、サバ1匹だけでタチウオは釣れませんでしたが、タチウオのアタリはかなり多く、掛けれたら5本は釣れてたはず
ただ、他の釣り人何人かの話を聞くと、まったくアタリがなかったという人もいたので、やはりフカセは有効なんだと実感。

ケミホタルが海中で走るし手元にもガガガンと引っ張ってくのが来るんだけど・・・乗らんのですよ
どうも一般的な仕掛けやフッキングの仕方ではアカンような気がします

今までの固定観念を捨てて、色々と試して行きたいと思います

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 洗礼(;^ω^) | トップ | 試行錯誤中(;^ω^) »
最近の画像もっと見る

釣り」カテゴリの最新記事