活眼明察日記

物事の道理や本質を見分け、真相を明らかにする眼力を養いたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民進蓮舫代表辞任表明に乗じ安倍政権がダメージ封じ込めに利用した稲田防衛相の辞任劇

2017-07-28 21:05:30 | Weblog
稲田朋美防衛相が本日28日、職を辞することを表明し受理されました。8月3日の内閣改造で稲田を交代させる予定を繰り上げたのは、民進蓮舫代表がきのう27日に辞任表明したことと密接に絡み合っています。

民進は組織のごたごたで極端に弱体化、安倍政権は稲田を防衛相に任命した責任をきびしく問われる心配は、ほとんどなくなったといっていいでしょう。安倍の「延命装置」に利用された身勝手過ぎる蓮舫の辞任劇。蓮舫が稲田より先に辞任表明したことは、相手の術中にはまってしまったことを意味すると同時に、安倍の喜びようが目に浮かんできます。

またとない倒閣のチャンスをみすみすつぶしてしまった蓮舫の辞任表明は、自民の「受け皿」には、なれないことを見事に証明して見せました。なんとだらしのない民進党か。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
« 連合神津会長が「残業代ゼロ... | TOP | 国土の65%が「核のごみ」... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog