活眼明察日記

物事の道理や本質を見分け、真相を明らかにする眼力を養いたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公明が共産をツイッターで3Kと非難したが都議選で追い詰められ競り負けを意識した結果のものではないか

2017-07-01 20:36:40 | Weblog
公明党が先月21日、ツイッターで共産党を「3K」と非難しました。けんかを売る態度は極めて悪質といえるでしょう。ちなみに公明のいう3Kとは汚い、危険、北朝鮮の頭文字からとったといいますから笑っちゃいますよね。

そういう公明も共産以上にひけを取らない汚さがあるのではないでしょうか。都議選では小池百合子知事の地域政党「都民ファーストの会」が自民党をしのぐ勢いがあると見るや、都議会での自公連立を一方的に解消しました。「勝ち馬」に乗っかかるために今度は都民ファーストと連立を組むのだといいますから、一般市民には自民党を捨てた進路の定まらない公明にしか目に映らないのです。

このように考えると、なりふり構わず強そうな政党に媚びを売り従うことで、単に力だけを誇示したいだけの政党ではないかと思えて仕方がないのです。「うす汚い」と表現してもなんら違和感のない公明党。3Kとは言いませんが、いやらしくうす汚い公明党という、そしりは免れないはずです。

そして、いくら競り合いに負けそうだからといっても、北朝鮮まで引き合いに出したことは公明の底知れぬ危機感を表していると思うのです。調子に乗って悪ふざけするのはやめたほうがいいですよ。
Comment