ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フクちゃん無事手術終了

2008年08月21日 | 譲渡犬里親募集
8月11日月曜日フクちゃんの会陰ヘルニアの手術に向けて、準備に入りました。
状態観察で便が出にくい状態になって来ていました。
スタッフも、フクが便をする時気張ってもなかなかでないので
頑張れ頑張れと思わず声をかけて励ましていました。
ヘルニアの状態も幾分か大きくなっている感じもあって
便も出にくくなっている状態は明らかでした。
やはり手術しか方法がないようです。

しかし、フクちゃん血液検査の結果、貧血に値する数値や
思わしくない結果だった為に、心臓のお薬や少しでも体調を向上させる
投薬を処方していただき、手術に向けて体調管理に入りました。

食欲もあり、生きようとするフクちゃんだが、長期に渡りフィラリアを
持っていたと思われ、咳も時折ですがあります。
そんな状態でも、ヘルニア治療をしてフクちゃんの毎日の排泄を
スムーズにして上げる為にも、避けて通れない手術でした。
もしものことがあっても、仕方がないかもしれない。
それは、フクちゃんの生命力にかけることに・・・。

フクちゃんの手術は無事に成功し、今日元気に退院して来ました。

今日、フクちゃんは可哀想だけど、外で過ごして貰っています。
心配なことは、ここに来て夜間になると気温が下がってきており
寒くなかったかなと気がかりに思っています。
日中の気温と夜間の気温の差がある為、痩せているフクちゃんに
毛布を敷いてあげたら良かったと、明日元気なフクちゃんであります様に、
祈っています。

<医療費援助のお願い>
DSVは慢性的な資金不足の中、それでも病気治療を必要とするなら
出来る限りのことをして上げたいと思っております。
フクちゃんの手術医療費支援、
保護犬の医療費資金にお力添えをお願い申し上げます。