coyote.

小説を中心とした同人サイトです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

process.4

2007-01-21 18:03:42 | code geass(リヴァルル)
きっとこれは何かの間違い。

そう、思いたかった。



あの出来事から一週間が経った。

俺は未だにルルーシュを直視できずにいる。

だって有り得ないだろ?あいつも俺も同じ男なのに。

しかもあのルルーシュだ。

俺があいつを直視できない理由を知ったら何を言われるか…。

考えただけでも恐ろしい。

俺はナイーブなんだ。ルルーシュの毒舌になんて耐えられるわけがない。



「おい」

それにしても、なんであんなにドキドキしたんだ?

ルルーシュの笑顔なんて見慣れてはないけど、

それなりに見たことはあるわけだし。

「おい!」

それに俺は女の子が大好きだ。

いくら綺麗な顔をしてるからって…。

友達だぞ。ルルーシュは。

(もしかしなくても、俺って最低?)

「おい!リヴァル!!」

「うわっ?!ルルーシュ?いつからそこに…」

「ずっと前からだ。何度も呼んでるのに…無視とはいい度胸だな」

どうやら考え事に熱中しすぎていたようだ。

「ははは…すみません」

ルルーシュの機嫌は最悪の様子。

ここは平謝りしか手はない。

「まぁ、いい。それよりお前なんか変だぞ」

ルルーシュが柄にもなく心配、いや怪訝そうに顔を覗き込んできた。

「えっ?!そ、そんなことないって!」

誤魔化すように笑ってみせる。

そんなことよりも、いきなりの至近距離に顔が熱くなるのが分かった。

「俺、会長に呼ばれてたんだ!行かなきゃ!!」

とにかく一刻も早くこの場を立ち去りたかった。

敏いルルーシュのことだ。このままいれば気づかれてしまうかもしれない。

それだけは避けたい。


(それにしても、ルルーシュって睫長かったな。ホント綺麗なやつ)

教室を慌てて出てきた俺は、フラフラと適当に歩きながら

暢気にもそんな事を思った。

同性の友達に綺麗だと思うなんて、どうかしてる。



どうやら、認めざるを得ないらしい。

この感情はけして間違いなんかじゃないってことを。


コメント   この記事についてブログを書く
« process.3 | トップ | Surely, some time. »

コメントを投稿

code geass(リヴァルル)」カテゴリの最新記事