トイプードルのミルビビ日記

シニア犬トイプードル ビーちゃんの観察記録と母犬ミルちゃんの思い出

鼻腔粘膜症 副鼻腔真菌症 アスペルギルス 犬の鼻炎の重症化

2018-05-15 09:45:32 | 犬の病気 健康情報 勉強したこと
Eastcott referrals より 自動翻訳多し( ̄▽ ̄;)

原文

犬の鼻腔粘膜症
これは、前頭洞および鼻腔の衰弱性の真菌感染症である。
この病気は、一般的にアスペルギルスフミガーツ(Aspergillus fumigatus)によって引き起こされ、鼻汁、くしゃみ、鼻出血、鼻腔の色素脱失、鼻咽頭痛などの症状を引き起こす。


診断と治療

診断
通常、この疾患の特徴である甲状腺機能喪失の程度を決定するために放射線写真(または理想的にはCT)をとり、その後、罹患した場合に見られる真菌斑を同定、局在化および生検する。

処理
治療には、真菌および鼻腔に抗真菌剤(例えばクロトリマゾール)を直接注入することが含まれ、これを行う方法を記述するいくつかの「プロトコル」がある。この写真は、クロトリマゾール溶液を鼻腔に注入する前に、カテーテルを入れて洞および鼻腔をしっかりと洗い流しているところ。





(ぎょえーーー
鼻の手術ぎょえーーーーー)


予後
ほとんどの犬は完全回復を続けるが、多くの犬は複数の治療が必要であり、いくつかの犬は真菌感染に対するイヌの免疫反応によって引き起こされる広範な鼻甲介喪失のために持続的な漿液性鼻汁を有する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コウケントーとの出会い | トップ | 寒いと鼻、咳が出るトイプー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

犬の病気 健康情報 勉強したこと」カテゴリの最新記事