farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

小字年度末総会

2009-01-31 22:02:15 | Weblog
今夕を以って平成20年度の組長の役を終える事ができた。やはりほっとしました。総括、会計、庶務の三人でやってまいりました。長かったような気がします。小字と大字の仕事で成っています。小字の仕事では、
かなりお二人におんぶしてもらった感じでしたが、なかなか田舎の役は大変だと言うことがよく分かりました。してみて皆さんのご苦労も理解できて良かったです。

まだ京都にいる頃から、雪かきの負担を減らして欲しい要望を言っていたのですが、今夜初めてその声が出ました。7,8年前に私が申し出た時は出来ませんの返答で、やってみなければわからないと問答した事がありましたが、やっと年齢を重ねてこられて、そんな声が出ました。今や、これも殆どの家庭が雪かき機を持っておられるのでどうなるのでしょうか。私も昔から機械を持っていますが、面倒なので使っていません。あの時私が言っていたのにです。応援もなくてしらっとすぎたようでした。約45メートルの雪かきが大変なのです。市道なのだから、もっと要請すれば可能なのに、今からでもおそくないので実現して欲しいです。
みんな他人事みたいに考えているからこんなちぐはぐがおこるのです。みんな老いていくから、想像力を発揮して欲しいものです。
今年の課題も次年度回しになり、なかなかスピーディにすすみません。
引継ぎをしてやっと解放された感じです。

これで今年は余裕を以って農作業に向き合えます。
女性が村の役を引き受けるのは初めてらしく、抵抗も少々あるようで大変でした。
器が小さいのだから仕方がないと収めておきました。
最初は都会的な見方でうるさく言っていましたが、いま少し大変さも分かったので、様子見をしましょう。いや、田舎のやり方に呆れたのと、疲れてきたのです。でもやはり言うべきことはしっかりいい続ける大切さを心においています。
おかげさまで何とか大変な年をクリアーしました。

きょうは雨風の吹くいやな一日で、おこたつから外の景色を(山ばかり)眺めて、
何もせずだらだらと過ぎました。夜は総会。
明日もまた嫌なお天気とか、母を連れてEMの話を聴きに行きましょう。

やれやれほっとしました。
これで味噌作りに専念できます。すでに麹と塩を混ぜてあるので、明日はマメを洗って、一昼夜、その後、煮て、餅つき機でついて、麹をあわせ、味噌玉を壷に叩きつけて〔空気抜き)塩で封をしての工程が待っています。
コメント

新春経済講演会

2009-01-30 20:31:25 | Weblog
母はお昼前から老人講に出かけたので、私、珍しく掃除をして、片ずけてから講演会へ急ぐ。雨降りなので出かけるにはいい。

今年度の日本経済について解説してくださったので、めまぐるしい経済情勢が少し分かり、新聞を見方も変わってきます。当分大変なようです。
世の中は色んな問題が渦巻いていて大変ですが、土の上は経済的メリットは何一つなく、厳しいが、やはり強いのかなと思います。若い方には厳しすぎますが、還暦を過ぎれば、まあいいのじゃやないかな。今年はもっと欲を出していい稲を作りたいと目下本に取り組んでいます。やっと書いてある内容が5年の苦い経験があるので理解できます。マメに見回って、こつこつです。3月になると私は本格的に動く予定。女一人は早目に取り付いていて丁度ついていけます。無農薬でしたいのですが、まだ無理。その内取り組みます。
野菜の作付けも計画しなければ、ああ掃除もしなければ。。。
時は待ってくれないので、ぼちぼち歩きましょう。
コメント

光の中に春の兆し

2009-01-29 17:46:21 | Weblog
母が冬のお天気になると、口にする言葉、冬来たりなば、春遠からじ。
If Winter comes, can Spring be far behind? by Percy Byssbe Shelly
何処の国にも同じような言葉があるのですね。素敵です。なんとなく追い立てられる気持ちになります。
なるほど自然と光を感じて体が動き出します。私も早速畑へ、ダリと出かけました。予定していなかった堆肥の切り替えしをお昼までかかってしました。真ん中の安全部にねずみのペアーが冬眠中。気持ちが悪かったのですが、気を取り直して、もみを油粕と混ぜ合わせ、スコップ仕事。寒いのにシャーツ一枚でもいい気持ち。
3時間くらいかかりました。成功しているのか、失敗なのか分かりませんが兎に角出来つつあります。手と腕ばかりが逞しくなります。減量には組みしません。ただ逞しくです。
お昼は畑に車を置いて、散歩しながら帰宅。昼食後歩いて畑へ。今度は雪の中の白菜、キャベツ、紫キャベツを取りました。おいしそうです。アスパラ畑を見に行っていると、レストランのマダムサヨコさんとばったり。野菜を買い上げてくださってよかった。
その後、竹きりをしました。大小30本を切り倒しました。畑にすぐ侵入してくるので、早目にに切る必要あり。この間二三年前の乾燥竹を燃やしたばかりなのに、又竹。何時燃やそうかしら?
兎に角今日は大仕事を久しぶりにしました。

本当に光が自然と体を動かすように促しているようです。ぼちぼち。

サヨコさんのアドヴァイス。町の喫茶店、bon に私達の同級生がよく集まっているのでコーヒしに行けばとのこと。そう寒い内にデビユーしましょうか?もうこの年齢になったら、男の子、女の子関係ありません。よくしゃべります。高校生になれますから不思議。昔はおとなしかった私もうるさいおばさんです。
コメント

観音講

2009-01-28 19:10:35 | Weblog
久しぶりの晴天の中で観音講をしました。今回も当番で朝10時からの買い物、一時から講を始め、4時まで続きました。いつものように、般若心経、ご詠歌を上げ、その後。お茶会。

本日の話題は主に、いかに終末期を送るかでした。もう60代を過ぎると具体的な問題となり、皆それぞれに考えておられるようでですが、まだ少し人事のようで、笑ってばかりで免疫力増強になった会でした。みんな機嫌よくお茶、ケーキで楽しんで、冬ならではの親睦会となりました。これは3月まで月一回行います。
帰ったばかりの時はなかなかなじめず、大変でしたが、いまやすっかり慣れてしまいました。今日は8名の参加。その内私のような養子取り娘が4人でわいわいとにぎやかです。参加者も強制でなく任意なので、若い方には抵抗があるようで、何時までこの伝統を守っていけるかが問題になりつつあります。
せめて冬くらい出会っておしゃべり会もいいのかもしれません。
みんな夫々のストレスを発散しているようです。
コメント

久しぶりに雪に埋もれた畑へ

2009-01-27 20:48:07 | Weblog
お天気だったので畑へ恐る恐る車で出かけた。車も滑りそう。
少し雪が溶けて頭を出している、白菜、キャベツをとってきました。キャベツは鳥がつついているようです。今のキャベツは生食用でなく、煮炊きしたらおいしい品種です。食感がもっちとしてスープにしても、いためてもおいしい冬の野菜。特に雪の中で育った野菜はおいしい。

この後、二三年前から切っていた竹を燃やしました。もうすごい勢いで燃え怖いくらいですが、何とか全て燃やし、すっきりしました。長年畑でなく草むらでしたが、今年何か作ってみます。土がふかふかしていい畑になると期待しています。
ダリも畑で行ったり来たりで疲れたらしく今晩は早くから寝ています。
雪の重みでスモモの枝や山椒の木が折れていました。今年の雪は重い。
後何回雪が降れば、春? もうすぐです。

この寒の季節、火をダイナミックに焚いて熱い熱い午後でした。
コメント

味噌作り

2009-01-24 20:14:40 | Weblog
雪降る朝から味噌作りに参加した。昨日は麹と塩を合わせて、大豆を洗って水に漬けておきました。
本日は圧力釜でマメを炊き、昨日の麹と合わせて、味噌球にして、保存容器に叩きつけて、収めて終わり。9時から始まって2時半頃終了。新聞社からも取材。
殆どが単身の方にお渡しされるそうでした。ボランティア活動の味噌作りでした。

個人で30キロ分のマメ、麹を買ったので、私も寒のうちに作ります。
和気あいあいと会員の皆さんにも慣れて、楽しい冬の日でした。お医者さんの奥さんとペアを組んで頑張ってきました。殆どの方も農家婦人でとてもリラックスできる会でした。

たまには何か人の為にするって気持ちがいいものでした。
建物からは雪の降る海や山が見えて、わがふるさと美しきかな。
この新しい人の輪を大切にして学んでいきたいです。とても心豊かな一日でした。

帰ってからダリと凍りかけた道を散歩。夕方なのに川辺に近所の猟師さん夫婦が居られてたので、何事かと問えば、小さいいのしし君が捕れたとのこと。ちいさい子供だったので、あまり面白くないわとのことでした。

いてつく道を恐る恐る歩いて散歩終わり。約3600歩でした。
コメント

メタボ予備軍の為に

2009-01-23 20:05:07 | Weblog
朝からメタボ解消教室に参加。お昼まで続来ました。何故メタボ予備群になっているのかと説明を自己分析をと、おやつ返上を決心しました。後3キロ減量予定。散歩にも精を出します。

午後からはお味噌作りでわいわいと麹と塩を混ぜ合わせてきました。明日はいよいよマメと混ぜ合わせ仕込みます。家でも30キロつけるつもりです。
寒の季節の大仕事です。今年から毎年家で作ります。
麹のいい香りを楽しんできました。

今夜はまた雪が降りそう。やっと溶けたと思ったら、又積雪。まだ寒の季節だから仕方なし。

冬は冬で行事が多くあり、また観音講の当番が回ってきます。小字の部会もあり、
それが終れば、やっと役を終えます。なんだか中途半端な一年でした。
コメント

中丹路ドライブ

2009-01-22 19:05:23 | Weblog
ダリを後ろに母を横にしてお昼から、ドライブに出る。おこたつでごろごろしてテレビを見ているのにも飽きて、家にこもりがちの母を外に出すのが目的でした。
先ずふるるファームへ、それから海辺の村々を見ながら綾部へ。
ファームには豚が飼われていて、私は先ず、花ちゃんいるか?と声をかける。多分寒いし出てこないだろうと思っていたが、私の声に反応して丸々太った花ちゃんが出てきて挨拶をしてくれました。黒豚です。まるで私は母さん豚のようです。
ファームの代表の秋安さんが見えたので、挨拶してから、花ちゃんの話をしました。秋安さんに依ると、花ちゃんは岐阜に結婚相手がいるらしく、その内子豚を生むとのことでした。もうすぐ、岐阜に行くらしい花ちゃんです。愛嬌たっぷり。母も声をかけたが知らん振りだっとと言っていました。そらそうで、私は行くたびにこの花ちゃんに大きな声で名を呼んでやります。毎回顔を出していました。丸々の黒豚さんの未来はどんなになるのでしょうか?人気者でいて欲しいです。決して誰かさんの胃袋に入らないようにと祈ります。
このファームで買い物(レモングラス)を買ってから、綾部の酒屋さんへ母のお気に入りの酒の粕を買いに行きました。母は好きなものにはうるさくて綾部のものが大好きなのです。粕汁にしたり、甘酒にしたり、寒い季節の母のお楽しみです。
農協の直売所でマメやお味噌も買ってきました。手作りが一番です。
店を出たところで、綾部の光のような存在感ある塩見直己さんが見えました。
母がいたのでおしゃべりを諦めてただお見かけしただけでした。
塩見さんは何冊もの本を出しておられる方です。半農半エックス。
農業をしながら、自分の他の専門を追求していく行き方を提唱されていて多くのユニークな方が多く綾部には住んでおられるようです。
興味のある方は 塩見直己 半農半Xで検索してみてください。
私は亀岡まで出かけて塩見さんのお話を聴いたことがあります。

たまにはこんな風に計画もせず出かけて、色んな出会いを楽しんでいます。
興味のある方はいつもそこに立っているようです。おもしろい!
コメント

久しぶりのガイア シンフォニー

2009-01-21 18:13:07 | Weblog
綾部まで幼馴染と久しぶりに映画を見てきました。昨年はイギリス映画、エリザベスを見て以来の久しぶり。秋にはスイス映画を見たいと思ったけれど、見れず、ガイア シンフォニー 一部を見ました。なんだかエンヤの音楽とか波の音ですっかりリラックスしてうとうとしていました。人間 大宇宙の一部、この地球環境を大切にと思いました。一本のトマトの木から沢山実るトマトの赤い色にはびっくりしました。すごい生命力です。あんな美しいトマトが作れるようになりたいものです。
帰りは図書館で地域史の閲覧。村の方が江戸時代の明和5年孝養を殿様にほめられて、蔵米を賜っておられる旨を見つけました。その旨を一人暮らしで家を守っておられる馴染みさんに教えてあげました。勿論ご存知なかったのでいい報告をして上げられました。ずっと不運に見舞われておられたので、力強いニュースだと思います。中学しか出ておられないので図書館は遠くに感じておられるようなので、今度図書館紹介と本も紹介してあげます。彼女がもっと世を積極的に見られるようになったらいいです。それにしても先祖がいいことをしておられると、心強いですね。
私達それぞれ、そんないい人になれるよう一歩一歩昔の方を見習いたいです。
いいことは出来るようで出来ないので、本当に学びたいです。
冬は地域の歴史のページを繰って楽しんでいます。

昨夜はカナダの友達からのメールで偶然彼女の知り合いが私の市の出身らしく、又彼女のご両親が私の母を知っておられるとのこと。まあなんという驚きでしょう。
what a surprise!
2月京都で友達とその友達とも会う予定。
この広い世で偶然って本当にありますね。びっくり。狭いです。
コメント

市から取材に立ち会う

2009-01-20 18:03:58 | Weblog
当市での学校給食に地産地消を生かして、地域の野菜を利用する為地道な活動をされている農業委員さんに頼まれて、給食に関する取材に立ち会ってきました。約3時間くらい。
委員さんから全市で地域の魚、野菜を使った給食が緒についた道筋のお話を伺いました。私も給食搬入グループに参加しているので誘って下さったようです。

本当に地道な活動をされていて、食育教育にもかかわっておられるようです。
田舎では珍しい方で私は大変関心を持って見せていただいています。
何か農業関係で困るとこの方に相談します。ふっとワークが軽くて気持ちよく、楽しんで頑張っておられます。注連縄作りもこの方の提案でされたものだと思います。地域にこんないいおじさんが居られると子供達もラッキーです。
私もこつこつされているお姿に学ぶことが一杯です。

さあ又どんな記事が出るのでしょうか。又写真を撮られて、今度も口を空けていないかと心配です。
コメント