花と徒然なるままに

四季の移り変わりは植物が一番感じさせてくれます、
少しでもそれに触れられたらと思っています。

春の花達(3月)クロッカス、スノーフレーク、、ハナニラ、ヒヤシンス、

2019-03-16 | 花の写真

   近くを歩いても春の花が多く見られるようになりました。 散歩中で出合った花です。

  お庭の手入れに忙しくなった人も多くなったのではないでしょうか。

 

   花壇や畑の中に春の訪れを感じさせる小さな花ですがクロッカスが咲いています。

  ☆ クロッカス    別名:ハナサフラン

  アヤメ科サフラン(クロッカス)属、 球根植物、地中海沿岸原産、花期:2月~4月、秋咲き:10月~11月、

  品種も多く、花色もいろいろあります。  

      
     

     

  クロッカスは春咲き、サフランは秋咲きと覚えていましたが、どちらもアヤメ科クロッカス属ですが、

  サフランはクロッカス属サフラン種です、クロッカスは総称でサフランはそのうちの1種です。

  その違いは、      * クロッカス        ・ サフラン

      花色:     * 白、黄、紫色など     ・ 濃淡はあるが紫色

    咲く時期:     * 早春、秋(品種がある)  ・ 晩秋

  雌しべの色、長さ:   * 黄色く、短い       ・ 赤又はオレンジ色で長い

      

  ☆ ハナニラ(イフェイオン) (花韮)

  ネギ科ハナニラ(イフェイオン)属、多年草、南米原産、花期:3月~4月、

  我が家のハナニラは未だですが、春早くから星形の小花を多数つけるが、今や野生化しているようですね。

      
      
      
     

 

 ☆ スノーフレーク   別名:スズランスイセン(鈴蘭水仙)

 ヒガンバナ科スノーフレーク属、多年草、ヨーロッパ中南部原産、花期:3月~4月、

 スズランのようにベル形の花を下向きに、白い花弁の先端に緑色の斑点がある。

    
                       

  名前も雰囲気も似ている花にやや早く咲くスノードロップがあり間違われることもあるが、参考までに 

   スノードロップ(18/2/20撮影)

 

  ☆ ヒヤシンス(ヒアシンス)    和名:風信子(フウシンシ)、飛信子(ヒヤシンス) 

  キジカクシ(ユリ)科ヒヤシンス属、多年草、地中海沿岸原産、花期:3月~4月、

  同色の球根で統一すると量感が出て綺麗な春らしい花です、寒さに強く戸外でも容易に冬を

  越すようですが、我が家では病気かモグラ跡がありますからその道からネズミによるものか

  育ちませんでした。 今年はヤマユリもイノシシに球根を食べられたので全滅です。

      
                 

     
                

 

  菜の花(ハナナ)  アブラナ科

  群植で楽しむ野草の風情

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー          

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« 庭にも春の輝きが、ウメ、ミ... | トップ | 春の野草花(3月) セントウソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花の写真」カテゴリの最新記事