花と徒然なるままに

四季の移り変わりは植物が一番感じさせてくれます、
少しでもそれに触れられたらと思っています。

マメ科の花達、ハギ、シロバナハギ、アレチヌスビトハギ、ノササゲ、ツルマメ、他

2019-09-11 | 花の写真
マメ科の花は、
独特の蝶のような形の花を持ち、豆状の果実と種子を作り、よく似た花ばかりですね!
野原・道端・畑地などに多く生える野草、雑草沢山ありますが、
近所の散歩で見つけたものから幾つか集めてみました。

 ▼ハギ(萩)
マメ科ハギ属、落葉広葉低木、花期:5月~9月、
萩はハギ属の総称です。
種類は非常に多く、ヤマハギ、キハギ、ツクシハギ、マルバハギ等は庭木に利用されている。
代表的なミヤギノハギは園芸品種と考えられている。
正直言ってハギの正式名称を見分ける知識がありませんので、ここではハギとしておきます。
自然の野山で撮った花ばかりです。

 ▼シロバナハギ(白花萩)    別名:シラハギ
マメ科ハギ属、落葉低木、花期:8月~10月、
ミヤギノハギの変種。ヤマハギにも白い花が混じるらしいが。

 ▼ヤブハギ(藪萩)
マメ科ヌスビトハギ属、多年草、花期:8月~9月、ヌスビトハギの変種。
ヌスビトハギとヤブハギは似ているが、
ヌスビトハギは、葉は茎の上部に付き、葉柄が短い、
ヤブハギは、葉は中部から下に集まって付き、葉柄が長い。
節果は2個は分かり易い。

 ▼アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)
マメ科ヌスビトハギ属、1年草、北米原産、花期:7月~9月、
花は帯青紫色でヌスビトハギよりやや大きく長さ7~8mm、節果は3~5節が多い。
この花が近くではあちこちで咲いている。

 葉の形からこれもアレチヌスビトハギか?

 ▼フジカンゾウ(藤甘草)
マメ科ヌスビトハギ属、多年草、花期:8月~9月、
草丈50~150cmで毛がある、葉は7又は5小葉からなり、卵形から長楕円形。
花は長い総状花序で淡桃色8~10mm。
 
 ▼ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)
マメ科ササゲ属、つる性1年草、花期:8月~10月、
花は黄色で1.5~1.8cm。茎は3m以上にもなり、葉は互生、3出複葉、小葉は卵又は狭卵形。
ノアズキと花は非常によく似て竜骨弁と左翼弁の形状等が違うが、
別途の機会にもっと分かり易い写真で載せてみたい。

 ▼ノササゲ(野大角豆)
マメ科ノササゲ属、つる性多年草、花期:8月~9月、
花は総状に、淡黄色蝶形の花で長さ1.5~2cm、萼は筒形、豆果は倒披針形2~5cm。

 ▼ツルマメ
マメ科ダイズ属、つる性1年草、花期:8月~9月、
ダイズの原種と言われている。野原・道端・畑地などに多く生える野草、
葉腋に3個~4個、淡紅紫色の長さ5~8mmの蝶形花を咲かせる 。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 野草花 9月、シロバナキツネ... | トップ | 未熟の実(エゴノキ、アカメ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (attsu1)
2019-09-11 14:51:51
毎日、暑いですねぇ~

そんな中、たくさんのマメ科の花、
毎回ですが、これだけ集められるのが凄いです(@_@)
私も、この中で、撮ったものもありますが、半分ぐらいです。
色々なマメ科、それぞれの特徴があり、
それぞれの綺麗さがありますね
今晩は、 (MIMI69)
2019-09-11 21:12:59
attsu1さん 今晩は、
台風が過ぎたと思ったら、この暑さたまらないですねぇ。
野草でもマメ科の花はキク科にはとても及びませんが、結構ありますね、
似た花が多く名前は分かりずらいですね。
どこかでもう少し整理してみたいと思っています。
だいたい2,3日分の投稿在庫があるんですが、まとまりがつかなくてだらだらとしています。
本当はそろそろ役に立つとか、面白い内容とか変えていかなければと思いつつ楽な方に走ってしまいます。

コメント有難うございました。

コメントを投稿

花の写真」カテゴリの最新記事