ドクターリコの明日もHappy!

形成外科医リコの、美容と医療と育児と趣味のブログ。http://kitamurariko.com/

30代女性、太田母斑。Qスイッチルビーレーザー治療。

2015-12-12 18:40:50 | あざ治療
当院では赤ちゃんのアザ治療に力をいれていますが、もちろん大人の患者さんもいらっしゃいます。
昔はレーザー治療がなかったので、治療できないまま大人になって、ずっと悩みながらメイクで隠していました、という方も。


太田母斑は、お顔の片側の額、目の周り、鼻、頬、耳や首などにでる青アザです。
生まれてすぐから、はっきり色が出ている方もいますし、生後しばらくしてから濃くなる方もいます。
思春期頃にまた濃くなり、お顔のアザなので、対人関係や就職など、いろんな場面でお悩みの方も少なくありません。
でも、太田母斑は保険適応で5回のレーザー治療が可能で、きちんと根気強く治療を受けて頂ければ、必ず良くなるアザなのです。



治療前


治療後


30代女性の方、右目の周り~頬、鼻根部、の太田母斑に、2年間で5回のQスイッチルビーレーザー治療(保険の範囲内)をしました。よーく見ると、下眼瞼にうっすらと色が残っているところがありますが、濃い特殊なメイクやコンシーラーを使わなくてもよくなったと喜んで頂きました。

「私も治療を始める前に、太田母斑を治療された方のブログ写真をみて勇気をもらったので、どうぞ私の写真も使って下さい。」
とおっしゃって頂きました。

もともとお綺麗な方ですが、薄化粧になられてますます素敵な笑顔でした
コメント   この記事についてブログを書く
« メンテナンスの季節☆ | トップ | 鼻下の赤あざ、生後6か月女の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あざ治療」カテゴリの最新記事