みことばざんまい

聖書を原典から読み解いていくことの醍醐味。この体験はまさに目からウロコ。

#13 聖書信仰を堅持する

2020年11月18日 | 聖書信仰
初めに

4.両者の譲歩

p15~
Concessions made
Introduction
The Defense Of The Faith
Cornelius Van Til

◇◇

以下が、その(私ヴァンティルの)一節。

重さを量ること、長さを測ること、普通に理性を働かせることは、ひとつの統合された解釈行為の側面にすぎない。

自称「自律している人」は、自分が考えていることを絶対的非人間的原理として利用しつつ、粗雑で剥き出しの事実として、自分が考えていることの重さや長さを測定する。

一方、信仰者は、自分が神の被造物であることを知っており、神によって創造された事実として、そして神によって創造された法として、自分が考えていることの重さや長さを測定する。

従って、何か物事を見るという時、Kuyperが見込むよりも大きな共通領域を見込むことになる。

この大きな領域はある資格を共有する。

この資格により、われわれは、Kuyperが強調するよう教えてきたアンチテーゼに対して十分な評価を下すことができる。

また、この資格により、トマス・アクィナスの後パターン化された自然神学に堕ちることから守られる。

Kuyperはそれを拒否するようにわれわれに教えている。

コメント:

実に難解なことが書かれているが、流れとしては、主に信仰者と非信仰者の接点と乖離点について論じられている。

自称「自律している人」とは、自分という尺度を用いて自分(の考え)の整合性を判断する人であり、Rushdoonyが言うところの人間教徒(ノンクリスチャン)に類似する。

カントからヒューマニズムへと発展していく流れだ。

一方、クリスチャンは、神の諸事実(=聖書)を基準として、自分(の考え)の整合性を判断する。

ノンクリスチャンにせよ、クリスチャンにせよ、人が何かを見て判断する時は、ある共通(common)の領域(territory)があり、その領域内の知識・資格(qualification)に従って、その何かの整合性を判断する。

共通の領域とは、ノンクリスチャン・クリスチャンそれぞれが別個に共通する領域なのか、それともクリスチャン・ノンクリスチャン問わず共通の領域が存在するのかは、さらに読み進めてみないとはっきりしない。

次に、トマス・アクィナスの後パターン化された自然(natural)神学とは、どのような学問か。

調べてみると

トマス・アクィナス

この中で

トマスは、「物体としての天体は物体としての人間の身体には作用するが、非物体としての人間精神や意志には直接作用することはない。」と解釈してキリスト教神学とアリストテレスの自然哲学を調停した。

とあるので、神学というより哲学のようなものではないか。

さらに、つぎのサイト「トマス・アクィナスとは?『神学大全』や思想、神の存在証明とは?」を見てみると

記事の中に

「神の存在証明」
「キリスト教的価値観に理性という価値観を入れた」

とある。

この2点から、トマス・アクィナス哲学は反聖書的であり、広い意味でヒューマニズムの範疇に入る哲学と考えることができる。

つまり、異端。



コメント   この記事についてブログを書く
« #617 神の法第六戒 | トップ | #618 神の法第六戒 »

コメントを投稿