雨宿りに行ってきます

Get back to where you once belonged.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無地Tシャツ界における銘品 United Athle 5942

2016-01-06 14:33:23 | ファッション
私は無地Tシャツが大好きなのだが、以前はこちらを愛用していた。

anvilの無地Tシャツ
15/06/20 18:35 ファッション


アンヴィルのパックTである。
近所のドンキで取り扱わなくなってしまった。
まあ、クオリティーにも若干不満が募っていたんだが・・・
と言うのも、個体差がかなり酷いということが発覚したのである。
脇から糸がダラーン、というのは当たり前のレベルで、洗濯1度で使い物にならなくなる位のもちょいちょいあった。

そこで原点回帰。



無地と言えばユナイテッドアスレ。
コンサートグッズやキャラクターグッズなどの業界においても鉄板のメーカーである。
「アスレは安いのに安っぽくない」とは職場の大ベテランの弁。。

定番中の定番、5942をチョイス。



6.2オンスという厚手の生地だが、しっとりとした肌触りは抜群。
値段も1枚600~700円と格安で、コスパ最強ではないだろうか。

実はもう1種類、5942よりも更に厚い4252も使ってみたんだが、



これは7.1オンス。
ここまで分厚くなってくると、タフさの代わりに伸縮性が無く、洗濯による凝縮で生地は固くなり、肌触りも良くない。
また色の白さもあまり良くない。

というわけで、5942に落ち着いた。

現在着回している3枚は、買ってから3ヶ月ほど、週1ぐらいの頻度で洗濯しているが、ダメになるというレベルでは全くない。
むしろこなれてきて良い感じだ。

夏場は1枚でもOK、冬場はインナーとしてもそれほどかさばらない。
銘品と言って良いと思う。

終わり




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サザンオールスターズ「葡萄... | トップ | M-1951フィールドジャケット ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファッション」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事