DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

迷局面 4

2018-07-06 00:51:32 | 独り言

 

これも2015年当初の碁で私の黒番。

 

1手目は高目なのですが、LZ(LeelaZero)はいきなり三々入りの図を表示。

25といい26といい、想像していない手が出てきて、面白いですが、本線からずれているので先に進みます。

 

 

 

局面は進んで、黒は、確定地が少ないので、相変わらず勝率は50%は越えません。

補足すると、丸の中の上の数字は勝率で、下の数字は探索数だそうです。白フチの丸は、実戦の着手です。(黒番だと黒フチの丸)

 

この図は、左下で白の受け方によって勝率が変わる図です。

 

 

局面は進んで、下辺の白石を攻めることが出来、勝勢となることができました。

この図は、白がI-9に飛びつけ、黒ハネ、白ノビになった時に、黒は堅ツギでなく、カケツギでもいいという図です。

堅ツギと勝率はほとんど違いませんでした。しかしカケツギは私には打てない・・・。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 迷局面 3 | トップ | 第6局 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事