DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

第2局

2018-06-03 22:38:45 | 日記

 つい先日の碁(幽玄の間)です。

相手は、今まで勝てそうで勝てなかった相手で、今回5局打って3勝2敗。勝ちは

完勝で、負けはやや力負け、の内容で、前回より進歩した感じになって嬉しかったです。

(先方の点数が下がっていたので、調子が悪かっただけ、という話もありますが)

実戦図1

11がどうでしょうか。12の価値のほうが高いと思います。

参考図1

普通に打っても良かったです。左上の形になると、負けることが

多いような気がしたので、実戦のツケオサエにしました。

実戦図2

1・3・5が強情な手ですが、性分なので仕方がありません。

8が重いのではないでしょうか。

参考図2

サラサラと打たれると、白地が少ないです。

実戦図3

19は気合いです。25に回れば白がいいでしょう。

32が敗着でしょうか。

参考図3

1でしょう。2と打ち込むつもりでしたが、危ないですね。

白優勢にしても、勝ちが見えるまで時間がかかりそうです。

実戦図4

打ち込みが決勝点でしょう。

死ななければ勝ちです。実戦は相変わらずもたつきましたが。

総譜

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1局 | トップ | 第3局 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sssuuu)
2018-06-04 15:18:16
実戦図1の11は、たしかに少し疑問ですね。
黒が左辺頼みになる碁形になりやすそう。

参考図1の白1コスミツケから打てば、普通に良いと思います。

実戦図1の黒13の割打ち自体が、盤面まだまだ広いのに、狭い打ち方をしてるように思えて、僕には気に入らないですね。

という意味もあって、実戦図2で両ガカリされるのは、疑問です。
Unknown (DK)
2018-06-04 22:25:01
コメントありがとうございました。
こうしてみると、相手の調子が悪かったかもしれませんね。
「勝って兜の緒を締めよ」です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事