DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

迷局面5

2018-07-10 09:44:58 | 独り言

つい先日の碁で私の黒番。

実戦図1

右下の形は、定石を知らないのでこんなものかなと思っていましたが、LZ(LeelaZero)も

大体同じ道筋でした。

 参考図1

三々の石を助ける手をLZは図示。始めて見ます。

 参考図2

切ったらどうなるかと思ったら、よく読むと耐えています。

参考図3

では単切りはどうか。

参考図4

わけのわからない戦いに。黒が1手多い所なので、白は薄いですが、頑張っている感があります。

戦いが好きな私でもこの黒は自信がないです。

実戦図2 

下辺をぼりぼりと地にしました。右下は白から利かされるのがいやだったのと、これだけ稼いだら、

右辺の3子は小さく捨てたら黒がいいかなと。

参考図5 

LZはバックの1間トビを提唱。これはいいですね。右下隅ばかりに目がいって全然気付きませんでした。

ちなみに、私は、黒3ではN-3にノゾいてつがせてから、黒4と打ちます。この図は、白から同じくN-3が

利くのがイヤですね。

 参考図6

局面は進んで、LZは捨てたらいけないと言っています。この図で黒の勝率が3割ですから、

右下で稼いだのが悪手ということになります。右辺3子を捨てるのも気前良すぎですな。

たまにこういった変な判断をする時があり、それが原因で昨晩は3連敗。相変わらず

安定していません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第6局 | トップ | 迷局面6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事