DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

第3局

2018-06-07 23:52:30 | 独り言

 

 今年初めて地区代表になりました。

この碁は、県代表決定戦の1回戦です。

実戦図1

7の大々ゲイマは私のオリジナルで、AIの影響を受けたからの

手ではありません。辺から順次模様を拡大していった時に、

中央に消しの手を打たれてうまくいかないことが多かったので、

それなら先に打っとけばいいという単純な発想です。中央に先に打つと、

スケールは小さくなっても上下どちらかには模様が出来るので、こちら

のペースに巻き込みやすくなる利点もあります。

実戦図2

20は深入りでしょう。しかし22と打たれて悩みました。

参考図1

素直にオサエでした。

実戦図3

悩んだ挙句、23と変な手を打ってしまい、スソアキを

作っただけになりました。

参考図2

ここでボウシが良かったです。

研究で思いついたのが、5・7の荒し含みの様子見です。

これで11と打たれたら白は厳しいでしょう。

実戦図4

31・33と力んでみたものの、34と打たれて空振りモードです。

参考図3

今なら1と打ちます。

2と守ってくれたら、9までで黒の勝ちでしょう。(もちろん

左辺は荒らされる前提で話をしています。)

実戦図5

参考図4

右辺の抜きあとだけ見たら級位者の碁のようですな。

とはいえこのワカレは白がいいのでしょう。

右上の黒の弱体化がヒドイです。

実戦時は逆に優勢と思って、63と守りましたが、

いけいけどんどんの私が守っては勝てません。

参考図のように1・3と仕掛けないと話が始まりませんでした。

少なくとも、負けても悔いの残らない戦いになっていました。

66と打たれたらもう勝てません。

完敗でしたが、相手の背中が見えたような手ごたえは感じたので、次回

頑張りたいです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 第2局 | トップ | ブログを始めたきっかけ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚きました (縄文人)
2018-06-11 12:11:57
三連星からの中央へのオオゲイマ
初めてみました
独創的な手ですねえ
模様の碁を推進されているのですね
勉強になりましたm(__)m
失礼しました (縄文人)
2018-06-11 12:14:35
中央への大大ゲイマでした
Unknown (DKです)
2018-06-11 14:57:40
コメントありがとうございます。
着手はオリジナルですが、AI以降は好きなように打てば

いいのではと思います。
又、AIは中央も活用の場として積極的に利用しているので、
私達が思う以上に中央に価値があるような気がします。
Unknown (sssuuu)
2018-06-12 10:50:44
朝日に続いての枠抜け、おめでとうございます。
この碁は、前年の県代表のN浜さんとの碁ですね。

碁の良し悪しはともかく、僕も布石で黒7とまではいかなくとも、思い切った碁を打てるようにしていきたいですね。

まだ1ヶ月以上ありますが、県大会頑張ってください!
Unknown (DKです)
2018-06-12 12:49:58
すみません。
私のブログはリアルタイムではないので、この碁は
朝日でF岡さんに負けた碁です。
マイペースで掲載していくので、そのあたりをご了承お願いします。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事