DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

打碁の検討の仕方 202005

2020-04-17 10:19:43 | 打碁の検討の仕方
後輩との碁で、私の白番です。

参考図1
白30のトビは、甘いようで、黒2子を制する方向の打ち方がいいようです。
参考図2
LeelaZeroは、すぐ逃げて良しとしています。ここまで堂々と逃げられたら
白のトビは1手パスです。
参考図3
白60では、左下隅が大きいと。黒1子が弱くなるので、確かに
大きいです。
参考図4
黒79では、ツケから荒らすほうが良いと。後の変化はわかりませんが、
私の第一感もこの手でした。実戦の打ち方は重たく、互角の形勢に
戻りました。
参考図5
ただ白は、決め損ないました。図の手だと、黒はかなり怪しい感じです。



コメント   この記事についてブログを書く
« 打碁の検討の仕方 202004 | トップ | 打碁の検討の仕方 202006 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

打碁の検討の仕方」カテゴリの最新記事