DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

対局の検討の仕方 202003

2020-03-11 23:59:21 | 打碁の検討の仕方
後輩との碁で、あっさり見損じで潰れた碁です。
私の黒番です。

参考図1

黒15のノビでは、ケイマにはずす手があるとのこと。なるほどですね。

参考図2
白36・38はさすがに固すぎでしょう。LeelaZeroは押しを推奨しています。
3とハネてから出切るのが手順なのですね。このワカレは互角のようです。

参考図3
黒41のオシから43の急所に打たれたら白が悪いと思います。
LZの数値はやや下がるくらいですが、黒の急所には、小さく捨てて右下
の隅にかかるほうが良いとしています。

参考図4
黒51は、つい取りにいってしまいましたが、参考図のように打つのが
いいようです。黒は地が少ないですが、上辺の白はまだ安定していないので、
これからの碁でしょう。LZは、右下隅に先着したほうが評価値が上がって
います。

相手の切りはしつこく狙っているのに、自分の守りのことは軽率です。
上辺切られて潰れです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 置碁の打ち方202001 | トップ | 講評した棋譜 202001 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

打碁の検討の仕方」カテゴリの最新記事