DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

第1局

2018-05-30 22:58:14 | 独り言

昨年末に幽玄の間で打った碁です。

私の白番です。

  33では、ツケ1本で間に合わされたらどうしようか

 と思っていました。

 

このように進み、4のツケがいいタイミングかなと。

7は、右辺に打ち込みか、下方への消しがいいのだろうと思います。

背後から打ったのが我ながらいい手だと思います。

黒の思惑ははずれていき、この手を境に黒は崩れていきました。

 総譜です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ブログ始めました | トップ | 第2局 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sssuuu)
2018-06-03 12:04:13
初コメントさせていただきます^^

2図の黒3には、白は4の左から反撃するかもしれませんね。

3図の7で、右辺打ち込みは、やりすぎのような気がしますね。
僕なら、実戦の7か、あるいは中央へ向けて補強しますかね。

4図は、良い手ですね。

5図で、僕が黒なら、ツケコシの急所をブツカリで守りますね。
ちょっとツライですが、我慢して1局打ちます。
Unknown (Unknown)
2018-06-03 14:06:22
初コメントありがとうございます。

>2図の黒3には、白は4の左から反撃するかもしれませんね。
確かに3は打ち過ぎ気味な感のある手です。

>3図の7で、右辺打ち込みは、やりすぎのような気がしますね。
僕なら、実戦の7か、あるいは中央へ向けて補強しますかね。
3図での右辺打ち込みは、荒しというより消し
の手がかりに出来ないかと思ったのですが、
言葉足らずでした。
4図になる前に何か手を付けておきたい、が主旨
でした。

>4図は、良い手ですね。
ありがとうございます。

>5図で、僕が黒なら、ツケコシの急所をブツカリで守りますね。
ちょっとツライですが、我慢して1局打ちます。
それが相場だと思います

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事