ありがとうって伝えたくって

「同軸コリニアアンテナ研究会」でgoogle検索するとHPをご覧いただけます。研究成果がまとめてあります。

赤城 長七郎山で移動運用?

2020年11月15日 21時00分53秒 | 同軸コリニアアンテナ

今日は久しぶりに遠出をして赤城山へ向かう。前橋に到着した頃は駅前で気温9度。山は氷点下か?

鳥居峠(標高1400m)へ到着したのは10時過ぎ、ベンチでアンテナを設営して1.2Gを聞いてみると地上の交信が聞こえてきた。

陽が差してくるとそれほど寒くはなかった。鳥居峠で1時間ほど運用して思ったよりも温かいので長七郎山へ向かうことにした。

最初は広い登山道を歩き尾根に出てからは比較的細い尾根道となる。尾根を歩いている時は近くの山しか見えなかった。

しかし山頂は幻想的な景色が広がっていた。

【雲海?】

【関東平野を眺める、山の左端が大山、写真中央部に富士山、奥多摩、眼下に前橋市内が見える】

今日は1.2Gの12段ダウンチルトタイプの同軸コリニアと12段通常同軸コリニアを持ってきた。

しかし標高1579mの山頂では12段通常タイプは出番なし。

  • ダウンチルトの効果は恐ろしい150km離れた横須賀武山移動局(アンテナSRH999)が59-59だったのは驚いた。
  • 12段ダウンチルトのせいか?むしろ直下の群馬局の方が弱い感。
  • 千葉富里局はアンテナを群馬方向へ向けると全く聞こえなくなり・・栃木方向に戻したとの事
  • 本ブログの読者としばしラグチューモードになった。(正確にRSを表すと50-50だった←正確か?つっこみくる?)

その方はJE2SDE局による神津島移動(430MHz)が筑波山方向からが一番強かったので不思議に思って調べ「同軸コリニア」にたどり着いたらしい。

1.2Gの同軸コリニアは製作が難しい!とのお話だったので「加工精度は0.5mm以内」等の話をさせて頂いた。

私も最初は何十本かカットして長さが規定値になっているものだけで使ったりした。

久々の1000mを超える山岳移動だったが、冬季にもかかわらず暖かく神秘的な景色の中で運用出来た。

交信頂いたみなさま、交信に至らなかった方も含め、ありがとうございました

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1.2Gのダウンチルト完成 | トップ | 1.2Gの同軸コリニア製作について »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だいぶ遠くに移動されましたね! (JA0JHQ)
2020-11-16 08:57:00
群馬から大山が綺麗に見えるのですね。富士山も見える! 1.2Gも意外と良く飛ぶ感じで、関東圏は羨ましいです・・・。
東京UHFも移動運用ですよね? 私は今回は430CWにトライしてみます。
ははは (7K3DIW)
2020-11-16 22:48:50
JHQさん

冬の前に一度行きたかった場所でした。
幻想的な景色でした。東京UHFの行き先には悩んでいます。

コメントを投稿

同軸コリニアアンテナ」カテゴリの最新記事