ありがとうって伝えたくって

無線の話(運用、製作)時々食べ歩き、G5RVや同軸コリニアの頒布実施中「アンテナ等頒布の御案内」のタグを見て下さい。

伊勢佐木町 「たぁとばん」 9月28日

2013年09月29日 18時38分54秒 | 野毛・伊勢佐木界隈

無線の免許もまだ届かないので、無線も出来ず、今日も昼飯を食べに伊勢佐木町へ出かけた。

どちらかというと黄金町に近い場所にあった。先週も出かけた「魚がし おき」の近く、それが

「ビストロたぁとばん」


早速、本日のランチ「ポークカツレツのトマトソース」を注文した。

さーて、最初に出てきたのはオードブルだ。

次に出てきたのが、スープだ。

ネギが入ったコンソメスープ。これも美味しい。

オードブルの後に、パンが出てきた。テーブルの上に「オリーブオイル」と「バルサミコ」が置いてあって、つけて食べてくださいとの事。

いよいよ、メインの料理とサラダの登場。

「ポークカツレツ」は、想像以上の大きさで驚いた。確実に200g以上はある。表面にパン粉が薄く付けてあり、パリパリとして口応えがよく、美味しく、十分に食べごたえがあった。

正直に書くと、僕は脂肪の多いバラ肉の方が良かったなあ!!

サラダは、これだ。

今日のデザートは、クレープだ。中には、フルーツとアイスクリームが入っていた。

最後に、セットのアイスコーヒーを少しゆっくり飲んだ。コーヒーまで数えて全部で7品だ。

昼時だと言うのに店内には、他に客は一組しかいなかった。どうして?

店内は、昭和の雰囲気モリモリ。調べてみると25年になるようだ

看板は、これだね。月曜日が定休日か!!

金、土、日だけランチなんだ。これは、「魚がし おき」と同じ。

さてさて、このランチいくらかというと下の写真のように950円だ。全7品で950円。

この意味分かるよね。

175円/品だぞ。

この値段、絶対に安すぎだと思うけど!!正直・・ヤバイ

コンビに弁当やファミレス行くの止めとけ。

でも、おしかけないでくださいね。

 

コメント

魚がし おき

2013年09月11日 00時00分00秒 | 野毛・伊勢佐木界隈

伊勢佐木町にある「魚がし おき」へ出かけてきた。

場所は、京急線の「黄金町」から歩いて5分くらい。

伊勢佐木モールの出口に近く、コンビニの向かいくらい。しっかり店を探さないと通り過ぎてしまいそうな店だ。

ランチが500円でかなり美味しいらしい。

11:00少し過ぎに横浜駅を出て、11:30分くらいに店に到着!ほとんど一番乗りだった。

他に客は一人。一体どんなものが出てくるのか?

今日は、まかない丼 500円を注文する。

丼には、マグロ、ポテト、ソーセージ、肉豆腐、卵焼き、ニンジンの煮物、ナシだった。本当にいろんな物が所狭しと乗っていた。

日によって乗っている物は、少し変わるようだ。

食べているうちにカウンター席は、一杯になった。

しかし、この値段でこんな美味しいものが食べられるなんて・・外へ出てみると列が出来ていた。

ランチは、金土日の11:30~なので早めに出かけた方がよい。

一度は、食べてみてはいかが??

コメント (2)

受信のメッカ??

2013年03月15日 20時52分33秒 | 野毛・伊勢佐木界隈

JR 関内駅の最寄り、かつては横浜最大の繁華街として栄えてきた伊勢佐木町

今でも伊勢佐木モールとして、かつての繁栄を垣間見る事が出来る。

最近は、中国・韓国系の店も多く、実際半分は外国人が占めているのではと思える街となっている。

近くにはマンションも立ち並び、モールの一本裏路地に入ると突然、そこは異空間という場所もある。

「ラーメン二郎」横浜関内店もこの一角だけど、今回は、その話ではない。

そんな街なので、「周波数帳」「おもしろ無線」マニアには、実は最高の場所なのだ。

「住居と商店街・異空間」が混在する近くのの高台こそがファン垂涎の場所だ。ここは面白度500%だ。

一日いても聴き飽きない。当然、内容までは書けないけど。そんなファンの皆さん出かけてみては?

第59条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線 通信(電気通信事業法第4条第1項又は第164条第2項の通信であるものを除く。第109条並びに第109条の2第2項及び第3項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。(“法に基づく別段の定め”とは電波法第52条に規定される「非常通信」、「遭難通信」、「緊急通信」、「安全通信」、放送受信の5つのこと)

裏路地の異空間。歓楽街

無線活動を始めたきっかけは、BCL、SWL。当時は、海外の日本語放送の受信が流行った時代だ。

それは40年以上前、当時は短波ラジオで海外放送を聴いて、べリカードを集めていた。

その時代は、警察無線も短波帯で「運転免許の確認」や「ストリーキングの確保」(←完全に年齢がバレるね。死語??)等の交信をソニーの短波ラジオで聴いていた。

ここから無線の世界へ入っていった。当時のコールサインは、JH6・・・だった。このコールサインは、いろんな事情により、次の局面の更新には至らなかった。

それから10年たって1エリアに来てから、第2級アマチュア無線技士を取ったが、当時は、「筆記試験」「電信の送信実技」もあった時代で、蒲田の工学院が試験会場だった。

合格して晴れてJP1・・・のコールサインで開局した。その当時は、6mも垂直偏波が主流で、大田区の回りを家に囲まれたアパート2Fの軒先にTVフィーダー製のJ型アンテナを窓から突き出して交信した。

そんな設備で、6m10WのTR9300で甲府の固定局と交信出来ていた。もちろん相手もGPだった。

当時、ウイークデーでもバンドは賑やかで、高校生や若い人も多かった。その頃、30年前の交信記録に登場する何局かとは、現コールサインでも交信出来ているので驚きだ。

またまた、10年のブランクを経て現コールサインへ至っている。さすがに、数万交信しているので、今更、Jコールを貰う気はない。むしろ、「最近は7コールは、貴重ですね!」と言われる状態だ。

いずれにせよ、私の無線の原点は、「放送・通信の傍受」であり、今でもそれを忘れずに時折思い出し実行している。

コメント

今日も!! 野毛の尾鳥商店 2月25日

2012年02月25日 20時30分34秒 | 野毛・伊勢佐木界隈

今日も、雨が止むのを見計らって、野毛の「翠葉」に来てしまった。

店の看板が・・誘っている。でも、このコースは2人からかあ。

先の1月4日は、仕事初めの客でごった返していた。今日は、誰もいない二階へ陣取った。

贅沢をして「餃子定食」750円にした。もちろん、ご飯とスープはお代わり自由だ。

今日の餃子はほんの少し「期待はずれ」だった。前回とは焦げ目の色も違っている。

(それでも、宇都宮駅前餃子店群より上)

しかしブランド米を使用してる訳ではないけど、ご飯は美味しかった。

 

帰り際には、こんなチラシに釘付けになって違った形で来てみたくなる。

翠葉を後にして、今日の本題、野毛の「尾鳥商店」へむかう。桜木町から大通りをまっすぐ歩いて左手に「壮快生活」の看板が見えてくる。この手前が目的地。(WINSも見えている)

ここは、肉屋らしいけど、惣菜の場所の方が多く取られている。手作り?パンなども置いてある。

  

目的のメンチカツ157円を買って食べてみた。自分で撮ったのでかなり苦しい撮影。ピントが甘いのは許して欲しい。

牛肉の味がして、肉の弾力十分の出来だった。その後、山屋さんを見たりして一日を過ごした。

 

 

コメント

餃子の翠葉 1月4日

2012年01月21日 00時49分20秒 | 野毛・伊勢佐木界隈

かれこれ3年前山岳移動を始める前、よく野毛山公園展望台で無線運用を行っていた。その頃、野毛界隈を散策していた。

横浜、野毛界隈はいろんな店があって煩悩を刺激される街だ。(除夜の鐘で煩悩を払ったばかりだが、新年早々、煩悩全開としよう。

そんな店の一つを紹介したい。

「餃子の翠葉」だ。JR桜木町駅で降りて野毛方面に向かい、表通りをひとつ奥に入ったところにある。

他は地味な店が多いので、こんな店先なのでよく目立つ。一階は、カウンターもある。二階はテーブル席だ。

特徴は、やはり、餃子の旨さと値段の安さだ。

これが、ランチ。今日は、ニラレバ定食だ。これで500円。

さらにライスとスープは、お変わり自由だ。

実は、社食にも、ワンコインランチ(500円)があるのだが、ボリュームが違いすぎるし、さほど旨くもない。

野菜炒めも頼んでみたが、こんなボリューム。

そして、餃子(写真は、2人分)

見ての通り、外はモチモチのカリカリ、中はジューシーだ。モチモチ好きにはたまらない。

(菜譜の受け売りではない、本当)

こりゃ食べ過ぎた。宇都宮 餃子なんて子供だまし!!に思える。質を取るならココ。

この餃子!火曜日は145円/人前だよ。

更に更に、貼紙を見ていると、宴会セット2200円(食べ物4品と餃子食べ放題)と2300円(餃子10個、食べ物9品)の2種類ある。

これに、飲み放題を+1000円で付けられるらしい。
こりゃあ、安い!!宴会には、もってこいでは???

一度、無線部の飲み会で使ってみるか?

本当に野毛界隈の散策は、楽しい。

コメント (2)