ありがとうって伝えたくって

無線の話(運用、製作)時々食べ歩き、G5RVや同軸コリニアの頒布実施中「アンテナ等頒布の御案内」のタグを見て下さい。

壊れていたはずのKX3・・が

2017年02月25日 22時11分10秒 | KX-3

調子が悪くて電源すらも入らなくなったKX3。4月末の愛媛への移動運用に向けてリグの整備と修理?そして確認を始めた。

まず先日の移動運用で調子の悪かったUSBIF4CWチェックしてみた。

いつも移動で使用しているPCに接続すると・・ちゃんと動作している(ように見えた)。

ではとリグに繋ぐがCWが送信されない?やはりおかしい、リグのせいかと違うリグに接続するが、それもダメ。

テストする間にUSBIF4CWの動作LEDすら点灯しなくなった。もう10年以上使っているので仕方ないか??

その後全く動かず。自分でシリアルI/Fを作るかと思っている。

次に問題のKX3を電源に接続。スイッチをいれても電源が入らない。たまにバックライトがオレンジ色にかすかに光る。

やはり、ダメかと思ってもう一回電源を入れると今度は何故か?「MCU LD」が画面にでた。

ダメもとでファームがロード出来るか試すと・・最新ファームがロード出来、元に戻ったように画面がもとに戻る。

電源を一端切って再度起動すると・・下記の通り元に戻った気がする。

これまでの不調はファームのせうだったのか?

何事もなかったように起動した?結局、壊れてなかったのか?

暫く様子をみる事にしよう。このままKX3が動き続ければ・・非常に有りがたい!

他の設備も再点検する予定。

コメント (4)

KX3をメインリグに・・

2014年08月25日 19時16分19秒 | KX-3

KX3をメインのリグにすべく準備を始めている。ん?メインにするとは?

ハイパワー(50W)も含めてKX3をメインで使おうという事だ。

K2は、CW機としては、価格から想像される性能は、完全に超えていた。更に、最新デジタル機能とSSB性能も備えているのがKX3だ。

『日本メーカーリグ至上主義』の方には理解できないと思うが、K2,KX3ともコンテストでのハイパワー局に埋もれた微弱信号の受信も楽々こなすのだ。

ま、そんな実験をしてる無線家がいるだろうと思っていたら案の定。

こんな実験が・・・「JF3DRIの気ままな出来事」(このブログは愛読させて頂いています)

ここここに書いてある。

多信号時の結果は、異なるかもしれないと、ここでは締めくくっているが、KX3(K2も)については、この結果通りだと考えている。

私は、無線機の単なるユーザではあるけど、何の偏見もなく、静かな無線機を求めて買い漁った。

更に最近は、標高の高い場所からコンテストに参加する事が多く、200W以上局の激しい直接のQRMを受けながらQRPP局と交信する、離れ業の出来る無線機を必要とする。

結果、持っているのは、FT-857DM(普及機としては、かなり出来が良いと思う。)とKX3。

勿論、もっと良いリグがあるのは知っている。しかし、価格が安く、小型軽量な無線機にしては、かなり素晴らしい性能と言う意味です。

ま、KX3にリニアを追加して、色んな場面で活躍させる予定。

[それにしても]

KX3を購入した頃は、まだまだ円高85円くらいだったので、まあ、お安く買えたけど、今では、104円なので23%も高くなった。気軽に買えないなぁ!!

もう一台買いたい。

コメント

メインのリグ? KX3

2014年07月31日 00時58分51秒 | KX-3

最近は、メインで使用しているKX3。手持ちのリグでは、機能・性能ともずば抜けている。

自分が持っていた中で最高の機種は、JST-245だからか?

[昔は色んな選択肢があった]

当時、TORIOのリグが静かで耳が良かったので、VUではTM-255,TM-455等を使っていた。TS50なんてのも選択肢のひとつだった。

その後、IC706シリーズがヒットし、これを手に入れて移動用として重宝した。当時は初代の706を愛用した。

これが混変調がひどくて閉口したのだが、背に腹は変えられず2000年くらいまで使った。

その後、FT857DMを手に入れて移動用として使い今に至っている。

同時に、その頃大きな出会いがあった。それが1999年発売のelecraft K2の何気ない購入だった。

最初はオールバンドに出られるキットを作ってみたかっただけだった。しかし、その性能の良さには本当に驚いた。

CW運用では手持ちのメーカー製リグなんて足元にも及ばなかった。

JARLの四大コンテストでHFローバンドの混雑したCWバンドでも「バリバリ感」は無く、静か。ハイパワー局の200Hz隣で平気でCQだせるのだ。

これはKX3も同様だった(ここここでも詳しい)。そこでKX3を軸とした機器構成を考えている。

[QRO]

KX3は、最大出力10Wなので常用するには少しパワーが足りない。そこでリニアアンプを付けようと思ったのだけど、国内のHF~50MHzの定番HL-45Bは、メーカー倒産で手にいらず。

世の中、探してみると出てくるもので・・

↓こんなものが手に入ることが分かった。これHL-45Bの代わりになるじゃない?でも、キットなのでご注意を。

[HARDROCK 50]

 

コメント

KX-3のチューニングノイズの低減方法が公開されていた

2013年07月20日 10時14分12秒 | KX-3

ElecraftのHPに「KX-3のチューニングノイズの低減方法」がPDFで解説されていた。

最終的には、コネクタのピンをカットするのか??

自分にとってKX-3の最大の課題が解決する。

もっと早く気づけば、ハムランドサマーコンテストでもっと快適なオペレーションが出来たかあ??

 

コメント

KX3のファームをバージョンアップした

2013年03月13日 20時43分24秒 | KX-3

Elecraftのホームページで、KX3のファームウエアが、やっとメジャーバージョン(0.9X→1.0X)にアップされているのを確認出来ていた。

まあ、移動運用は、最近430MHzばかりだしと、放っておいたのだけど、今週末はHFかなと思い、KX3のバージョンアップを行うことにした。

待望のDVRが搭載されたのだ。

昨年KX3を購入してビックリした。DVR機能も大きな目的のひとつで購入したのに、機能が実装されてなかった!!

仕方なく、山岳移動用にボイスメモリーをキットで購入。コンテストで利用しようかなと考えていた。

今回のバージョンアップで、ボイスメモリーの持ち歩きも必要なくなるのだ。

早速、シリアルケーブルで接続し、パソコンでUTILITYを起動する。

新しいファームウエアをダウンロードして、KX3へ書き込むのだ。MCUへのロードのメッセージが最初に出る。

次にDSPのファームウエアの更新が行われ、元の画面が表示される。

早速、DVRの動作テストを行う。

Phoneモードにして、RECを押した後に1を押すとと「ERAESING」が表示される。「Tap XMIT」と表示されるのでXMITを押す。MICのPTTを押さずに録音する。

その間、15→14→13・・とカウントダウンしていく。録音終了。MSGボタンを押し、1を押すと再生が開始されて、送信状態になった。

最初は、CWモードのまま、MSGボタンを押してしまったので、CWで入れてあった「CQ TEST ・・・」が送信された。

CWでは、6つの定形文をPCのキーボードを使って登録・変更出来るので便利だ。

次のコンテスト・・ALL JAで実践投入だ。

【送信出力を0にして、DVRの機能テストを実施↓RFメータが振れていない】

コメント