divine

ディバインの連絡

県ユースU10大会 愛知県大会

2018-07-03 13:46:51 | 大会結果
7月1日(日)、4年生が県ユースU10大会の愛知県大会に出場しました。
県大会は、各地区予選を勝ち上がった12チームが3チームずつのブロックに分かれて予選を戦い、各1位の4チームが東海大会をかけた代表決定戦へと駒を進めます。
天然芝にスタンド席のある陸上競技場。最高の舞台で、西尾張地区予選からおよそ1ヵ月、この日の為に取り組んできた練習の成果を発揮することをテーマに、チャレンジャー精神で挑むことを確認して試合に入ります。



初戦の相手は、八事FC。





緊張からか動きが重く、押し込まれる立ち上がり。ゴール前の混戦からなんとかボールをかき出すも、ぽっかり空いたスペースから相手のトップ下の選手に鋭いシュートを打たれ先制されます。その1点で目が覚めたのか、そこからは怒涛の反撃。コーナーキックからキーパーの前でフリーになったディバインの選手がヘディングするもこれは惜しくも枠外へ。得点の雰囲気が漂う中、再びコーナーキック。ファーへ流れたボールを左サイドの選手がダイレクトでシュート!抑えの利いたシュートはキーパーの逆を突きサイドネットへ。待望の同点弾となりました。



1-1で迎えた後半、相手のゴールキックをはね返したボールをトップの選手がキープ、それを追い越したトップ下の選手へパスが通ると、素晴らしいファーストタッチから相手を3人引き付けてのスルーパス。そこに走り込んだ右サイドの選手が、飛び出すキーパーを上手くかわすダイレクトシュートでゴールネットを揺らし逆転!流れるような素晴らしい攻撃で会場を湧かしました。
その後も攻め続けますが、試合終了直前、相手のカウンターにあいまさかの失点。その瞬間にホイッスル、勝負の行方はPK戦へ。PK戦は両チーム全員が決めて二回り目へ突入し、相手選手のキックがポストに嫌われ11-10にて決着。勝ち点2を勝ち取りました。






二試合目の相手は、マルヤスFC。




相手チームは初戦に勝利しており勝ち点4、ディバインはPK勝ちの勝ち点2。予選突破のためには勝利するしかない状況での試合となりました。

試合は、暑さと疲労からほとんど走ることができず、時間だけが刻一刻と経過していく展開に。0-0で迎えた後半、中盤でボールを奪われると相手選手に見事なミドルシュートを許してしまい、痛恨の失点。2点を奪うことが絶対条件となり、攻撃に人数をかけて総攻撃を仕掛けます。そんな中、ペナルティーエリア内での混戦からファールを受けPKを得ると、それを冷静に決めて同点に。さあもう1点というところで試合終了のホイッスル。勝ち点差で相手に及ばないためこの時点で敗退が決まりましたが、PK戦へ。ディバインの選手は2人がきっちり決めて2-0にて勝利。




惜しくも勝ち点差1に泣き予選敗退となりましたが、ここまでの1ヵ月間で取り組んできた練習の成果は随所に発揮できた内容でした。初戦の逆転ゴールを奪った一連の攻撃は、まさにトレーニングが実った瞬間であり、今後の成長に大いに期待の持てるプレーでした。あと一歩のところで勝ちきれなかった事実とそこに通ずる課題はしっかりと受け止めなければなりませんが、ここまで成長できたところに自信を持って、さらなる成長を目指してトレーニングを重ねていきましょう!

当日は、Bチームの選手たちがスタンドから大きな声援を送ってくれました。その声や姿はピッチまで確実に届いていて、本当に心強かったです!

遠方まで応援に駆けつけて下さいました皆様、大会を運営して下さいました関係者の皆様、暑い中ありがとうございました。

県ユースU10大会 愛知県大会
vs八事FC 2-2(PK11-10)
vsマルヤスFC 1-1(PK2-0)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« フジパンカップ西尾張予選 | トップ | 江南夕方スクール キッズク... »
最近の画像もっと見る

大会結果」カテゴリの最新記事