☆ Universo & me ☆

猫の事、世の中の事、歌の事、ソプラノ歌手のつれづれ

半沢直樹

2020-07-12 23:31:45 | ドラマ

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  にほんブログ村

 
 
 
 
只今、初めて「半沢直樹」を視聴中。
 
アニメか何かの実写版なのかと思う様な、大げさな演技振りなので調べてみたら、小説が原作なので意外だった。
 
歌舞伎役者も出ているし、個性的な面構えの役者揃いで、慣れない雰囲気・・・
 
 
顔を接近する場面が多く、「睨みつける」場面が多い。
 
大変に人気のドラマらしいが、どうかな。
 
面白いと思えるかは未だ分からない。
 
 
______________________________
 
追記
 
観終わって、疲れた・・・・・
 
演技力については、英米の俳優の演技力は半端なく、大袈裟でなく、
 
表情を見ているだけで何を想っているのかが分かる、心の機微が確かに伝わり
演技をしている様には見えない。
 
役の人物そのものに成りきっている。
 
日本の役者は、その点はまだまだ遠く及ばない。
 
津川雅彦さんが生前に「日本人の演技は下手だ。」と仰っているのを思い出した。
 
子役については、昔より遥かに上手く成っているが・・・・・
なにせ、昔は本当に「えーん、えん、えん、えん」と泣いていた位だったから。
 
それに、どのドラマでも「これはコメディのつもりなのか?」と思える妙な演出が気に成っている。
 
「笑い」とは、無理矢理笑わせるものではない。
人を笑わせるのは、一番難しいのに、シリアスな内容で、妙なコメディを入れる?
のは何なのか、意図が分からない。
 
日本の現代の演劇は、まだまだ改良の余地が多大に有る。
 
 

只、香川照之さんの顔の筋肉は、実に良く鍛えられていると感心した。

お母さんの浜木綿子さんが、芸能人のパーティーか何かで

「子どもの頃は、本当に可愛かったんですから~~!どうしてこんな顔に成ったんでしょう?」

と言ってしまって、香川さんが苦笑いしていたのを思い出して、思わずふふっと、笑ってしまった。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 新型コロナウイルスは空気感... | トップ | ドラマの設定って »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ」カテゴリの最新記事