distan日誌(旧)

2010/02/14 livedoorに引越しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交渉人 真下正義

2005年05月14日 | 映画・か行


「踊る大捜査線」のスピンオフ(脇役やサイドストーリーをもとにした)作品。正直、面白かった。映像のスピード感、テンポはなかなかのもの。撮影には、クレーンたくさん使っているようだし、まるでハリウッド映画のような演出でした。あざといと言おうか、造り込みが丁寧です。エンドロールで、カラス調教・○○と名前が出てきた時には、そこまでやるか、と思いました(笑)。

謎解きも、それほど鮮やかというわけではないし、第一、交渉人が、「言葉ゲーム」はしていても、「交渉」は、してないんじゃないのかなぁ。でも、ユースケ・サンタマリアの、あの、のほほんとした独特のキャラが、まっいいか、という気にさせてしまいます。

 (ここからは、ネタバレ注意)
 地下鉄の新型車両暴走の話から、ホール爆破の話への展開が、強引といえば強引?よくわからなかったのは、爆弾処理班が処理していたのは、爆弾ではなく、起爆装置?爆弾は、カエル急便の中?どうして新型車両クモから爆破の信号を送らなければならないのか?まぁ、わからないこともいろいろあるけれど、エンターテーメントとして退屈せず、楽しめたので、満足です。

 ←ブログランキング参加中♪
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 4人の食卓 | トップ | 宇宙戦争 »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (mk)
2005-05-14 19:53:28
TBありがとうございます。

そうかぁ、「カラス調教」までは気がつきませんでした。
起爆装置 (kossy)
2005-05-14 20:12:52
TBありがとうございます。

起爆装置は何重にも用意されてわかりづらかったですよね・・・

疑問は残るけど、面白かったです。
Unknown (ぽけ)
2005-05-14 20:20:15
TBありがとうございました。

カラス調教してたんですかー! すごいですね!

細かいところが面白かったです。

複雑なところもありましたけど、やっぱり次に続くんでしょうか・・・?
トラバ有り難うございます☆ (はのん)
2005-05-14 20:56:07
初めまして。

私のBlogにトラバ有り難うございました。

「カラス調教」気付きませんでしたよ、驚きです!

今、パンフを良く見たら!有りました!!!

所で、犯人はいったい誰だったのでしょうね?

とっても気になります(^^;ゞ

やはり人間ですね (myssem)
2005-05-14 21:05:23
 人間のカン、裏の裏のその裏は、線引き屋など

やはり人間ですね。ドラマを作るのは。
TBありがとうございます。 (桃)
2005-05-14 22:02:30
カラス調教、全く気付きませんでした…。

パンフをちゃんと見てみます(>_<)
う~ん。 (えい)
2005-05-14 22:03:02
トラックバックありがとうございました。



ぼくは、この映画、その疑問点の方ばかりが気になったため、

あまりノレませんでした。

疑問なんか気になるくらいのもっとエネルギッシュな映画だったら、

なにも文句はなかったのですが....。



という少数派ですが、トラックバックさせていただきます。
細かい所にも気遣いを? (macoto)
2005-05-15 00:49:54
TBいただきました。ありがとうゴザイマス。



「カラス調教」も笑いましたが、「Web制作」も載ってましたね。

少しでも関係した方々はお名前があったのではないでしょうか。



そういった気遣いも「踊る」チームの特徴かもしれませんね。



カラスはCGだと思っていたので、そういった意味で驚きもありましたけども。
TBありがとうございました。 (あも)
2005-05-15 02:02:09
はじめまして。TBありがとうございました。



自分も「カラス調教」を見つけた時は、

やられた、って感じでした(笑)。



起爆装置ですが、ホールにしかけたモノが、

だめだった場合は、「クモ」の起爆装置を使うという、

犯人の2重の仕掛けだった、と理解しています。



でも、爆弾は車にあったので、最初から自爆を考えていたというコトなのでしょうか・・・。



細かい?も多いですが、映画としてしっかりおもしろい作品だったと思います。







カラス調教!? (showko)
2005-05-15 03:33:17
TBありがとうございます。



気付きませんでした、カラス調教(^_^;)

パンフ見直してみます。



犯人にしろ爆弾のあれこれにしろ、ちょっとわかりにくいところとか結構ありましたよね。

そのへんを厳密に突き詰めないのは、ある意味「踊る的」と言えなくもないかもしれません(苦笑)

コメントを投稿

映画・か行」カテゴリの最新記事