立川の学習塾ブログ

東京立川市と小平市にある個別指導学習塾ディップル公式ブログです。

拘る(こだわる)こと

2018-07-30 17:18:44 | 学習塾日記
 東京立川市の学習塾ディップルです。




拘(こだわ)ること



 私は、生徒に常々「意味を相手に説明できないことばは必ず辞書を引きなさい」と伝えています。だから、まず最初に「拘る」ということばの意味を載せておきます。
大辞林の第三版によると、

拘る…
①心が何かにとらわれて,自由に考えることができなくなる。
気にしなくてもいいようなことを気にする。拘泥(こうでい)する。
②普通は軽視されがちなことにまで好みを主張する。

となっています。一見すると、マイナスなことばのように見えますね(笑)。
ただし、②の意味をよく見てください。「好みを主張」ということばが出てきます。
今回はここに注目して書いていきたいと思います。

 最近特に思うのですが、生徒との会話の中で、
「普段、家で勉強以外に何をするのが好き?」「趣味は?」とたずねると、
「特に…しいて言えば寝ることかな」「ない…です。」このような返答が多くなってきました。

特に勉強が苦手な生徒に多い返答です。以前だと、
男子は「(それを言って私が怒らないか様子をうかがい、大丈夫だと確信すると)ゲーム!」
女子は「音楽を聴くことです。」という感じで具体的な内容が返ってきたものです。
それが最近は上記の通りです。

これは何を意味しているのかをふと考えてみました。そこで自分なりに出した解答は、

「世に溢(あふ)れかえっている情報通信機器(スマホやタブレット)に私的な時間だけでなく、思考までも侵食されているのではないか」というものです。

簡単にいうと、自分の好きなものを見つけられないほど情報が溢れかえっていて、その情報を受ける一方になってしまっているのではないかということです。

これは非常にまずい事態ではないでしょうか。勉強面に与える影響も決して小さくはないと思うのです。

たとえば、「文章題は苦手だけど、図形問題は誰にも負けない!」「長文には苦労しているけど、英語が大好き!」
このようなセリフを言う生徒が減ってきているのを感じます。

ノリが悪いというのでしょうか、自力で難問を解けたときに「すごいじゃん!数学は得意科目だな!」とこちらが言っても、生徒は無表情…

私はDIPLの生徒に「解けて嬉しい、解けなくて悔しい」思いを感じてもらいたいのです。

つまり、勉強でも何でも自分の中で「これだけは!」という拘りをもってもらいたいのです。
そういう拘りや感動がないと学力向上もないと思うからです。

我々が子供だったころに比べ、今の子供たちははるかに多くの便利でおもしろいものを与えられています。

にもかかわらず、自分が幸せだと感じている子供が少なくなってきているというデータがあります。
これが意味することを重く受け止め、我々は指導していきます。

これを書くことで生徒のみなさんに伝えたいのは、

(1)勉強でも普段の生活でも拘るものを見つけること 
(2)喜怒哀楽の中で「喜」と「哀」をはっきりと示すこと

この2点です。

ちなみに私は、古いバイクとパンクロックのレコードが大好きです。

特に後者はもう15年以上続く趣味です。
あともちろん、勉強をすること・教えることも好きです。

一生懸命に頑張る生徒にかける思いは誰にも負けないと自負しています。
世界中の人を前にしても正々堂々と主張できます。自分が拘るものには努力しなければなりません。

でもその努力を避けて、なんとなく生きるのは寂しくないですか。
世界に自分は一人しかいないのだから、お互いに自分の人生をメリハリつけて楽しみましょう!


▲努力することに拘る




 

東京立川市の学習塾 ディップル(DIPL)
立川校 東京都立川市幸町3-34-6ピュアコート幸町101 TEL 042-534-6631
>>Googleマップで場所を確認

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 外国人の彼氏が欲しいから勉... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学習塾日記」カテゴリの最新記事