オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

「裏切り者」

2006-02-28 04:39:52 | 映画・DVD【あ】
仲間をかばい服役していたレオ(マーク・ウォルバーグ)が、刑期を終えて出所した。レオは叔父フランクの経営する地下鉄整備会社に就職する。女でひとつで育ててくれた母を安心させるため、まじめに生きようと決心したレオであったが、フランクが政治家との裏取引に携わっていたため、彼の人生は思わぬ方向へと進んでいく。
フランクの命令で親友ウィリー(ホアキン・フェニックス)と共に他社の妨害工作に向かった際、ウィリーが弾みで人を殺めてしまったのだ。そこに居合わせたレオが容疑者になってしまい、警察からは「殺人犯」として、また組織からは「知りすぎている」ため追われる身となってしまう。

   

この物語の主人公はレオなのですが、私にはウィリーが主人公のような気がしてなりません。
いつも思いつめたような顔をしているレオに比べて、ウィリーは自信に満ち、羽振りもよく、美しい恋人エリカ(シャーリズ・セロン)もいて前途洋々怖いものなしといった感じでした。しかし人を殺め、その罪をレオになすりつけたところから彼の人生は転落への道をたどり始めます。
レオに罪をかぶせながらも、親友である彼のことが心配でならない。
しかし警察やフランクに本当のことを話されては自分の身が危ない。

ウィリーは仲間に「レオを見つけ出して殺せ」と命令します。
親友を殺す…。
その時のウィリーの目には涙が…。その複雑な役をホアキン・フェニックスがうまく演じています。

レオは殺されそうになりながらも逆に相手に深手を負わせます。そして「こいつらを一人残らず許さない!」と復讐を心に誓います。

エリカはレオでなくウィリーが人を殺めたことを悟り、ウィリーを避けるようになります。
そしてフランクもまたウィリーを遠ざけるようになります。
フランクにとってウィリーは所詮使い捨ての道具、とるにたらない人間だったのです。
行き詰ったウィリー…。
そして彼がとった行動は…。

そしてレオが復讐のために、自分や母のために選んだ道は……。

これはレオの復讐劇とも言えるのでしょうが、人に裏切られ、人間のエゴを見せつけられ、あまりにも多くのものを失った彼に最後まで笑顔はありませんでした。
それぞれの登場人物の苦悩や悲しみや不安といった感情表現が実に素晴らしく、見ごたえのある作品になっていると思います。
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「サスペクト・ゼロ」 | トップ | あんまり驚いたので… »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まぁ・・ (TOMCAT)
2006-02-28 20:11:40
素敵。

あとで検索して買いますわ。

ありがとう♪



鼻炎が悪化中です。

と思ってたら、風邪でした。

あはははは。

先生にも笑われました凹
観てみますね~♪ (DD)
2006-02-28 21:18:33
ご紹介、どうもです~♪

レビューを読ませていただいたら、どう考えたってマーク・ウォルバーグより、ホアキンの役のほうがおいしそうですね(笑)!



「ウォーク・ザ・ライン」のホアキン、良かったです~♪

リバーファンだった私としては、ホアキン@ジョニーの兄がリバーに重なってしまい・・・ホアキンにこんなセリフを言わせるのかっ!と勝手にウルウルしてました~。

しかし、画面観てると、しみじみ、ホアキンって顔がデカイ~(殴打)・・・あと、自嘲気味に笑うシーンとか、鬼気迫ってて、ちょっとグラディエーター入ってて、怖かった(わはは、すみません。これでも一応ファンなんですってば)。

リース・ウィザースプーンがとっても良かった♪個人的に、ようやく、メラニーのイメージが払拭できそうです。



そーいえば、以前、ホアキン目当てで勇気を振り絞って「ヴィレッジ」を劇場で観たんですが、あの映画では休養中のシーン(爆)が多くて、あんまりイイトコなかったですね。でも、ブライス・ダラス・ハワードが素晴らしくって、彼女がいなかったらどうなっていたやら。もう、怖くてほとんど目をつぶってましたし。もしかして、ホアキンって共演する女優さんを輝かせる才能があったりして???

長くてゴメンなさい!!
大丈夫ですか? (dim)
2006-02-28 21:44:25
TOMにゃんさん

大丈夫ですか?

あはははなんて笑っている場合じゃないでしょーに。

風邪がひどくならないように気をつけてくださいよ~。解熱剤とユ○ケルの高いやつ飲むと結構早くよくなりますよ。



この映画は他の人のレビュー見ると結構ボロクソ言ってたりします。dimはいい映画だと思ったけどなー。ホアキンもいいけど、ジェームズ・カーンやエレン・バースティンも深みのある素晴らしい演技してますよ~。
こんばんは☆ (ありま)
2006-02-28 21:46:20
この作品面白そうですね!

結末気になります(@><@)

さっそく調べてみたいと思います♪
おお!「ウォーク・ザ・ライン」! (dim)
2006-02-28 22:54:59
DDさん

毎度ありがとうございます。

「ウォーク・ザ・ライン」!!

ご覧になったのですね~。dimも早く見たいです!!

前売り買ってあるんですが、まだ見に行っていないのです。それより「ミュンヘン」のチケットもあるのにまだ見てない…(汗)。



ホアキンやっぱり顔でかいですよね(気のせいじゃなかったか…)。でっ…でもいい俳優さんだしね~。笑うと強面なのが可愛くなりますよね。

この映画ではマークより断然いいですよ!おいしい役だと思います。



「ヴィレッジ」はホアキンほとんど寝てましたもんね。寝ていてギャラがもらえるなんてうらやましい…。ちゃうがな!

ああ早く「ウォーク・ザ・ライン」見に行かなくちゃ…。

お久です (dim)
2006-02-28 23:01:59
ありまさん

目の調子はその後いかがですか?

ま~本読んだり、お出かけしたり相変わらずお忙しそうで。

ありまさんは写真の撮り方がうまいですよね。花なんかとっても綺麗♪



この映画結構硬派な社会派サスペンスでございます。でありながらもそんなにエグイ場面はございません。

でも色々な人のレビューを見ると結構厳しいこと言ってます。私はこーゆーの好きですけどね。

お暇があったら是非ご覧くださいませ♪
どうもです(^^) (ありま)
2006-03-01 10:02:38
目の調子はなかなか順調であります(^^)

ありがとうございます!

そろそろ映画館にも足を運びたいな~と。

「裏切り者」も探して見たいと思いまーす♪

そんなにエグイ場面がないのはいいかも☆
楽しみにしてますわ♪ (dim)
2006-03-01 12:20:18
ありまさん

そーですか。

術後、順調ですか。よかったよかった



そーですよー、また映画館に通って沢山映画を観てレビュー載せてくださいよー。



まるっきり逆ですね (takbout)
2007-09-20 14:16:20
お邪魔します。
ここを読んで、
自分とまるっきり逆の解釈で面白かったです。
そうやって、ホアキンの役を見ればいいのですね。
どうしてもお気に入りの方に肩入れして見てしまうもので・・・。(^_^;)
目から鱗でした。

でも、
本当に暗い映画でしたよね。辛い重い映画でした。

TBさせていただきますのでどうかよろしくお願いします。

また、お邪魔しま~す。(^^)v
いやいや・・・ (dim)
2007-09-20 23:01:54
takboutさん、どうもです。

いやいや、ワタシはこの時はホアキンにはまっていたので、どうしてもホアキンを中心に映画を見てしまいまして・・・(汗)。
とはいいながらもレオの行く末も案じておりましたけど。彼は裏切られたあげく、全てをなくしてしまったわけですものね・・・。
あーなんて暗い映画なんだ・・・。

マークはこの頃より今の方が若く見えるような気がします。
というか今の方が断然魅力的ですよね^^
やっぱり色々な意味で自信がついたのでしょうか?

コメントを投稿

映画・DVD【あ】」カテゴリの最新記事

トラックバック

「裏切り者」 (マニアの戯言)
The Yards 2000年 アメリカ映画監督 ジェームズ・グレイ出演 ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ シャーリーズ・セロン フェイ・ダナウェイ ジェームズ・カーン 勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 1年4ヶ月ぶりに我が家へ帰ってきたレ...