オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

9月に見た映画のまとめ

2007-09-30 01:10:39 | 映画つれづれ、祭りとか
「エバーラスティング -時をさまようタック-」


監督:ジェイ・ラッセル
出演:アレクシス・ブレデル、ジョナサン・ジャクソン他

20世紀初頭。
不思議な泉の水を飲んだことから不老不死の身となってしまったジェシーと、厳格な上流家庭の一人娘ウイニーの恋の物語。
ある事件がもとで警察に追われる身となってしまったジェシーは、ウイニーに「泉の水を飲んでボクを待っていて。いつか必ず迎えにいくから・・・」と言い残すが・・・。
ラストが切ないけれど、生きるとはどういうことか考えさせてくれる良質の映画。


ワタシは食指が動かないけれど、ジョナサン・ジャクソンは美形だにゃ~と思いました。
のびのびとした演技は、森に住まうジェシー役にぴったり。


「ジェニファー8」


監督:ブルース・ロビンソン
出演: アンディ・ガルシア、ユマ・サーマン他

美人の全盲女性ばかりを狙った連続殺人鬼を追う刑事ジョンは、盲目ではあるが唯一の目撃者であるヘレナをいつしか愛してしまう。
連続殺人鬼の次のターゲットはヘレナだと確信をもったジョンは彼女を守ろうとするが、そんな彼を恐ろしい罠が待ち受けていた。

「DVDが安かったから買った」だけだったのだけど、最後まではらはらさせられ意外と楽しめた作品。
15年も前の作品なので、アンディ・ガルシアが若いのだけど、前髪を下ろした姿がめちゃめちゃ可愛い・・・
すいません、白状します。アンディ・ガルシアにちょっと萌えました・・・。
監督は「スティル・クレイジー」でカリスマギタリスト役ブライアンを演じたブルース・ロビンソン。
彼は俳優・脚本家としても知られております。
エイダン・クインが出ているから観た「IN DREAMS/殺意の森」は、しょーもない作品だったけど、ブルース・ロビンソンの脚本だったのね・・・


ブルース・ロビンソン監督。
アンディ・ガルシアに萌えたといいながら、何故かかっちょいー監督の写真を載せているdim子。
なお写真はこちらからお借りしました。


「ゾディアック」


監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニー・Jr他

実在の未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。
1960年代、“ゾディアック”と名乗る連続殺人犯の犯行に、全米は凍り付いた。
ゾディアックの記事を書いた新聞記者、ゾディアックが送りつけてきた暗号文を解読する風刺漫画家、そしてゾディアックを捕まえようと奔走する刑事たちは、犯人に翻弄され、蝕まれ、人生を狂わされていく・・・。

映画館の前から2列目で見たということと、椅子がよろしくなかったということに加え、ゾディアックに囚われてしまった哀れな男たちの姿を見ていたら・・・ヒジョーに疲れました。
ゾディアックは人の命を奪っただけでなく、事件に携わった人の心まで奪ってしまったのかも知れません。
この映画自体は、すごい出来だとは思わないけれど、ロバート・ダウニー・Jrとマーク・ラファロの好演によってかなり点数を稼いでいると思います。←と、えらそうに言ってみる


あれは演技なのか?素なのか?
区別がつかないくらいの素晴らしさ、ロバート・ダウニー・Jr。


マーク・ラファロはソフトな声も魅力的


「ファンタスティック・フォー -銀河の危機-」


監督:ティム・ストーリー
出演:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス他

巨大なエネルギーが、彗星のような閃光となって地球へ飛来した。
宇宙を自在に飛び回る謎の使者・シルバーサーファーが地球に現れたのだ。
ファンタスティック・フォーのリードは、「シルバーサーファーが現れた惑星は8日後に滅亡する」という驚愕の事実を突き止めるが、米軍は再び現れたDr.ドゥームに協力を求める。

いやもう、アホですねん。米軍。
見ているこっちでさえ「ドゥームに騙されるぞ!!オラー!!」ってわかるのに、米軍のおエライさんはそんなのさえわからんのか?
そんなアホだから、いつまでたっても戦争が終わらんのです。

それはともかくとして、今回は(も?)ヨアン@リードの活躍が少なかったような・・・(涙)。
「もう地球はおしまいだ」なんて、最後の方では諦めモードになっていたしねえ(まあ、気持ちはわかりますが)。

今回はシルバーサーファーの出現によって、リードとスーだけでなく、ファンタスティック4の絆が深まったという感じでしょうかね?
でもこれじゃあシルバーサーファーが何者だったのかわかりませんね。
知りたい方は是非映画をご覧あれ(笑)。只今公開中。


ちょいと、というかかなりスーの尻に敷かれてるリード。
実生活でもヨアンはアリスのケツに敷かれているんでしょーなー。


「ナイトウォッチ」


監督:オーレ・ボールネダル
出演:ユアン・マクレガー、ニック・ノルティ、パトリシア・アークェット他

ロサンゼルスで娼婦が皮をはがれ眼をえぐられて惨殺される猟奇連続殺人事件が続発していた。
大学院生マーティンは恋人キャサリンの反対を押し切って、死体安置所(モルグ)の夜警のアルバイトを始め、猟奇連続殺人事件の犯人を追うクレイ警部と顔見知りになる。
ある夜、マーティンはモルグの巡回中に屍体の美女が屍姦されているのを発見する。

オーレ・ボールネダル監督が、1994年に自身が作りカンヌ映画祭などで評判を取った『モルグ』を、ハリウッドでリメイクしたものだそうな。
これは見ていて「痛い、気持ち悪い、怖い・・・」映画でした。
でもそれより「犯人は誰じゃい!」という気持ちの方が強くて、最後まで見ましたさ~!
ほんでもって最後まで犯人の予測がつかなかったさ~!
でもよかった、あの人が犯人じゃなくて(実はちょっと疑っていたの)。
「トゥルーコーリング」もモルグが舞台だったけれど、比じゃない怖さです。
とにかく「死体がある」だけでなく「夜、しかも一人」って シチュエーションが怖いんです。
ホラーじゃないから、死体が動いたり目を開けたり、突然腕を掴まれたりってのはないんですけど。
まあね、やっぱり怖いのは度を越した変態ってことですね。



「妖婆の家」


監督:セス・ホルト
出演:ベティ・デイビス、ウィリアム・ディックス他

10歳のジョーイは、妹を殺した容疑で2年間寄宿舎に入れられていた。
病弱な母親は、寄宿舎から帰ってきたジョーイの世話を乳母に任せようとするが、ジョーイはことあるごとに乳母に反発するのだった。
そして同じアパートに住む少女に「妹を殺したのは乳母だ」告げるのだった。
そんなある日、母親が乳母の作ったキドニーパイを食べて食中毒になってしまう。
父親は仕事で不在、母親は緊急入院・・・。
ジョーイは、心臓病を患う叔母と、乳母と三人で夜をむかえることになるのだが・・・。

最近は大好きなベティ・デイビスの作品がお手ごろ価格で出ているので、嬉しいことです。
「何がジェーンに起ったか?」以降、怖いおばさんとして名を馳せたベティ・デイビスですけど、これも笑顔が怖いおばさんでございました(笑)。
笑顔の裏には何かあるんだろーと疑ってしまうのですね。
感情は見えるけど、何を考えているのかがよくわからないんですよ。
でもそのおばさんに負けないくらいよーわからんのがジョーイ。
「ゴジラ対メカゴジラ」とか「ゴジラ対メガロ」はたまた「キングギドラ対ゴジラ」か「キングギドラ対ガメラ」・・・まあなんでもいーんだけど、ともかく人生経験豊富なおばさんvsよーわからん不思議少年ジョーイなわけです。

さて妹を殺したのは一体誰だったのでしょう?


その他に見た映画

「ガリシアの獣」

「ギャザリング」

「幸せのレシピ」

「トランスフォーマー」

「抱擁」


うがー!
また長くなっちゃっいまいした。
懲りずに飽きずに読んでくださった方、感謝感謝です。
コメント (14)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 二つの愛の狭間で、ゆれる | トップ | 「ローグ・アサシン」の試写... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
萌え萌え (ぷりぷり)
2007-09-30 10:30:52
「ジェニファー8」の最初に車に乗ったA・ガルシアがフロントガラス越しに映るシーンがございましたでしょ?
この映画見たのはずいぶん昔ですけどあのガルシアは今でも覚えています(って違う映画だったらどうしょう(^^>)

あのシーンのガルシアは素敵でした。
前髪がパラリと落ちた時に「きゅん」となるわ私。

dimさんと私「萌えポイント」がヒジョーに似ています。
困ったわね・・←何に??
いいなぁ (TOMCAT)
2007-09-30 11:12:23
出不精が続いてます。
ファンタスティック4は結局行けそうも無いです。
DVDだな・・
今日は雨だし、やることも無いので、DVDでも一本見ようかと思ってます。出る気にもならない(笑)
でも・・ガルシアちゃんの若い頃・・見たくなりましたわ。
F4、観に行かなきゃ~ (DD)
2007-09-30 15:34:03
「エバーラスティング」、ワタシはさちさんのお部屋で教えてもらったのでした。映像も主役二人もお話も美しかったですね~。
そうそう、良質の映画でしたね。その辺はやっぱりディズニー。(笑)
ジョナサン・ジャクソン君は、「ダンシング・ハバナ」で知りましたが、損な役回りにもかかわらず、やっぱり目を惹いたのですわ。
ディエゴ~♪とニマニマしつつ、本能的にジョナサン君ちぇっく♪みたいな。
アレクシス・ブレデルが出てる「トラベリング・パンツ」っていう作品、ご存知でした?
これも確か、さちさんトコで教えてもらって観たと思うのですが(汗)、とってもオススメ!!

ブルース・ロビンソンの写真、かっこええですね♪
また「スティル・クレイジー」が観たくなりました。何だか、イイトコ取りじゃなかったですか~(笑)
この監督さんの「ウイズネイルと僕」という作品を以前からとっても観たいと思っているのですけど、日本版DVDが出てないのですよね~。(涙)
アンディ・ガルシアは、「アンタッチャブル」で萌えました♪
んじゃ、「ジェニファー8」、観てみますね♪

ご紹介作品で一番コメント&タイトルに惹かれたのは、「妖婆の家」なんですが・・・dimさんのお話だけで充分堪能したことにします。(爆)
ファンタスティック4。 (せぷ)
2007-09-30 22:07:51
『ファンタスティック4』、観に行かれたのですね~。
それでそれで?結局シルバーサーファーは敵だったのですか、味方だったのですか?
そこだけはっきりとお教え願いたい!!
って偉そうな言い方だな!!笑。

『キングダム』はなかなかに面白かったですよ。
どうせ観るなら劇場で観る方がいい作品だと思います。
ただ、残念ながらハニー好みのイケメンは出演していないんだけどねー。まことに残念!!
結構かぶってますよね^^ (dim)
2007-10-01 00:38:30
会長、わんばんこ。

ジェニファー8は映画としては2時間ドラマっぽくて、特別におもろいわけではないけれど、アンディ・ガルシアはよかったっすねー。

ええ、前髪はらり・・・には、ちょっくらドキドキしましたですよ。あ、こんなに可愛かったんだーって。今頃気づくなーと言われそうだけど。

会長とは確かに萌えポイントがかぶっているかもしれませんわ。全部とは言いませんが。←ファイターは萌えない・・・
可愛かったっす (dim)
2007-10-01 00:44:29
TOMにゃんさま、こんばんは。

今頃、アンディ・ガルシアの魅力に気づいた・・・というよりは、若い頃の姿が好みなんでしょうね。
オーシャンズ13を見ても、萌えはありませんでしたもの。まあ素敵だとは思いましたが。

ワタシも基本的には出不精なんですけど、うちにいると気がめいるので出かけられる時は無理矢理出かけてます。
F4はDVDでも十分だと思いますわ。
して、にゃんさんは今日は何をご覧になったのかしらん?
こうしてみると (dim)
2007-10-01 01:27:36
DDさん、毎度どうもです。

「トラベリング・パンツ」は、未見です。
DDさんがオススメするなら、そのうち見てみるね。

「スティル・クレイジー」のブルース・ロビンソンは出番が少なかったにもかかわらず、キョーレツな印象を残してくれましたよね。
まああの映画はどのおっさんも結構キョーレツでしたけど(笑)。
「ウイズネイルと僕」は、めっちゃ気になって調べてみました。
ブルース・ロビンソンの演出家としてのデビュー作なんですね。
こらー気になるわ。DVDになって欲しいねえ。
ジュリアンの「ガリシアの獣」をDVDにするくらいなら、こっちをDVDにしろってーの!
いや、あれはあれでいいんだけど(笑)。

「ジェイニファー8」は土曜ワイド劇場のよーな内容だけど、アンディ・ガルシアは可愛かったですよ♪
ちょっとダメダメ・・・なところがまた「きゅーん♪」ってなっちゃうんですよね

いや~しかしこうしてみると、ワタシのチョイスする映画って「これはすっごくいい映画ですよ。おすすめっすよ!」というのがないね(笑)。
なのにコメントをくださるみなさま・・・ありがたやありがたや。
DDさんにも感謝してます(ハグッ)。
ふ・ふ・ふ・・・ (dim)
2007-10-01 01:37:34
ダーリン、こんな夜遅くにごめんねえ~~。

「ファンタスティック4」、行って来たのよ。
どうにもシルバーサーファーが気になてってねえ。

じゃあダーリンのために以下ネタバレ。
これから映画を観に行く方は読まないでください。

えーっとねえ、ヤツはの手先だったのだけど、最終的にはを取り戻して、みんなを助けてくれるんだよー!

「キングダム」は面白かったんだー。
別にイケマン・・・じゃなくてイケメンが出ていなくても、オッケーです。
出てるにこしたことはない、って程度で・・・。
まあなるべく出ていて欲しいですけど(笑)。
ひえ~・・・ (nouilles-sautees)
2007-10-02 17:06:29
皆さん、F4に行かれる/興味があるんですね。
それに驚きました。私の中ではあれは存在しないことになってるので(笑)。というかMr.インクレディブル(←これは好き)とあんまし区別がついておりません・・・。

ご紹介いただいた中では私はやっぱり「ナイトウォッチ」、これが観たいなー。
「痛い、気持ち悪い、怖い・・・」の痛いはちょっちつらいけど、怖いのはウェルカムだし。ただ気持ち悪い=吐きそうになるのは胃弱の私には厳しいが。

「妖婆の家」、これも観たいかも。

結局、怖いとかサスペンスものが見たいんですな、私は。


こんにちは (さち)
2007-10-03 15:25:17
ジョナサン・ジャクソン。
dimさんは食指が動かないのですな(笑)
こんな童顔なのに、既に2児のパパなのですよ…。
それを知った時には妙にショックを受けました。
永遠の17歳なんて夢みせやがって。うそつき~。
DDさんも書いてらっしゃる『旅するジーンズ…』私からもオススメしておきます。

『モルグ』はデンマークのオリジナル版を先に観ていただきたかったー。
大筋は同じですがオリジナル版のほうが、伏線も丁寧だし、雰囲気ありますよ。
ワルドウもカワイイのでいつか観てくだされ~。

コメントを投稿

映画つれづれ、祭りとか」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ファンタスティック・フォー 銀河の危機 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『宇宙からの使者 シルバーサーファー現る!! 地球滅亡までのカウントダウンは始まった・・・』  コチラの「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」は、MARVELコミック最古のヒーロー・チームを映画化した「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」の9/...
ゾディアック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この暗号を解いてはいけない』  コチラの「ゾディアック」は、6/16公開になった全米史上初の劇場型殺人"ゾディアック"事件を描いたPG-12指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「セブン」、「ファイト・クラブ」のデイ...
『ゾディアック』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]ゾディアック特別版【デジタル0110】「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督の最新作で、実在の連続殺人事件・ゾディアック事件をもとに作られたサスペンス。実際に未解決の事件を描いた作品でもあるので、話としては妥当なのかなとい....
『ゾディアック』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる。手紙を受け取ったサンフランシスコクロニクル紙の記者ポール(ロバート・ダウニーJr)同僚の風刺漫画家ロバート(ジェイク・ギ...