欠陥建築バスターズ

不具合か?欠陥か?納得できる解決策を提案し、なるべくお金と時間をかけない方法で解決に至ることを使命にしています。

安易に新築住宅を買う危機感のない労働者たち

2020年09月16日 08時21分11秒 | 売れない不動産

不動産の価値がなくなり、不動産が売れない時代の真っただ中です。

 

ところが、散歩などしていると、近所の新築一戸建て住宅が売れている光景を目にします。

近所の、ずっと売れ残っていた新築一戸建てが、一気に、3軒も売れました。

 

 

 

コロナウィルスの感染拡大で、景気が悪いにもかかわらず、この現象はなに?と首を傾げるばかりです。

 

どうも、最近は、『借金』がしやすい状況であることが、要因のようです。

 

 

1、銀行から、住宅ローンとして借りる際、相変わらずの”低金利”で借りることができる

2、銀行が、融資を拡大している 

3、銀行の審査が甘い → 万一の不良債権は保証協会や国へ投げることができるから、銀行は痛手を負わない。

 

 

まるでバブル期のように、銀行は「貸すこと」を美徳としているのです。

 

借り手(住宅の購入者)も、貸し手(銀行)も、気が狂ったのか、将来、返済ができなくなり、不良債権となって迷惑をかけても、「お構いなしよ」って感じです。

 

 

こんな危険なご時世の中で、住宅ローンを組むサラリーマン(労働者)は、今後も、自分はリストラやクビにならずに、永遠に安泰だと思っているようです。

 

何千万もする住宅のローンを、35年返済など、とてつもなく長い年月で借入をするなど、危なくて、怖いと思うのが通常の感覚です。

しかし、サラリーマン(労働者)は、この先も、難なく、返済できると思っているのです。

 

あるいは、返済できなくなったら、『破産』して逃げればいいと、安易に考えているのでしょう。

 

 

これでは、多くの借金のツケは、借金した本人ではなく、国へ回される、要するに「税金でまかなわれる事態」になっています。

 

過去、日本ではバブルがはじけた時も、国は、つぶれかけた金融機関に、莫大な税金を投入しましたね。

 

 

税を納める日本国民としては、その税金が、災害で家を失った人や、福祉や弱者のために、世の中の役に立つお金として使われるのであれば、とてもうれしいと思います。

 

大事な血税を、借金で首が回らなくなった人へ使ってもらいないなど、微塵も思っていません。

 

 

最も高額な買い物と言われる不動産(新築住宅)が売れている事態を見て、ますます、日本の先は、危ないと思いました。

 

 

今、日本は新しい総理大臣が誕生しましたが、またじゃぶじゃぶと、不公平に税金をばらまくのでしょうか。

 

 

もう不動産は資産ではありません。

高いお金を出して、わざわざ不動産を買うなんて、あほです。

 

不動産なんかより、現金や金(ゴールド)を持っている人が強いでしょうね。

 

この記事についてブログを書く
« 死に井戸をリモート診断して... | トップ | マンションは絶対に買わない »
最新の画像もっと見る

売れない不動産」カテゴリの最新記事