もとポッポやの写真とつぶやき

うつ病と闘うカメラマン。現在過去撮影した鉄道写真を中心にその他写真や気になった事をアップしています。

内陸線2018新緑の頃、鎌沢の大仏

2018-05-14 14:57:09 | その他写真


曹洞宗白津山正法院全景


丈六延命地蔵菩薩像、通称鎌沢の大仏

今回の旅の目的の一つ鎌沢の大仏様です。(果たして仏様を撮影していいものかどうか…)
地元の解説によると、

東北はもちろん、木彫りの座像としては全国5指に入る大きさといわれているそうで、全高は約5m。境内入口向かって右手側の建屋に居り、自由に拝観できます。
なんでも京都の仏師が1746年に頭だけ(なぜ?)をもってこの地を修業中に安住の地と悟り完成させたといわれています。
御利益は、「10種の福を与え、8大怖を除いてくれる」そうです。

とまあ簡単に言えばこんな感じで、細かいことは割愛させて頂きます。前々から内陸線へ行くたび参拝したいと思っていながらできずじまい…。今回は直行で1番目に行くことで叶いました!
しかも、あのBS2の「火野正平さん(俳優)のとうちゃこ~」の番組でも訪れていました!!(サインと写真があります)

では、行き方です。
内陸線利用の場合は合川駅下車、秋北バス上小阿仁村行(鎌の沢下車)か合川タクシーで(県道24号線)15分ほど。数キロほど南下すると上小阿仁村なので内陸撮影と絡めるにはパズルを組み立てなければなりません。(これでなかなか行けなかった)

もっと大々的に宣伝してもいいと思うのですが、内陸線のパンフにもちょっとだけ丈六延命地蔵菩薩像と小さく記されているだけ…。代わりに宣伝しました。私も今後積極的に参拝しようと思います。(病気治りたいもんね)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 内陸線2018新緑の頃3 | トップ | 内陸線のおまけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他写真」カテゴリの最新記事