Diario di SARUMI

主に旅行記です。
たま~にブログ更新!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12年ぶりの宮島

2012-04-29 | 旅行記(国内)

今朝は7時過ぎに起きて朝風呂へ。
男湯・女湯は昨夜と交代になっているので、今日は露天風呂から錦帯橋がばっちりみえるはずと期待をして温泉へ。
お~、見えましたよっ しかもお風呂は全然混んでなくてゆったり出来たのだった。(皆、早起きだね~~

部屋に戻って着替えやらメイクやら。。。
普段からあまりメイクに時間かけない私だけど、友達はノーメイク(スキンケアのみ)で、またしても友達を待たせてしまったので、アイメイクなどは後にしてとりあえずファンデーションまで塗って朝食会場へ。
朝食会場は、普段披露宴として使われてるところで、テーブルに名前が書かれていて案内される。朝から豪華な朝食。友達とデジカメ持って来たらよかったね~なんて言ってた。
もちろんボリュームもあり食べ終えた後は満腹。こりゃ、部屋で一休みせなアカンね。

というわけで部屋に戻ってメイクを完成させて荷造りも完了した後は布団でゴロゴロ。
今回の旅は癒しがテーマなので、せかせかした観光はしませんので

とはいってもこのホテル、チェックアウトは10時なのでダラダラするわけにもいかず9時半過ぎにチェックアウト。
宿泊料と昨日のマッサージ代をカードで支払う。あっ、贅沢してしまった~

錦帯橋近くのバス停から路線バスに乗り、JR岩国駅まで。行きは、新幹線で新岩国に着いたのでこの駅は初めて。そんなに大きくない駅である。

今日は宮島観光。
10:24発の電車で目指すは宮島口。ここから歩いてフェリー乗り場まで行く。さすがGW。かなりの人です。



フェリーに乗ること10分。宮島に到着。
この時間帯のフェリーは厳島神社の大鳥居に接近するルートを行くので、海側から大鳥居を見ることができるだが──。
すっかり忘れてたよ。この大鳥居、4月3日の暴風雨で被害を受けて修復中だということを…
残念ながら、こんなんでした



今夜、岩国から夜行バスに乗って帰る予定なのだが、ここ宮島でお風呂に入って帰る予定なので、荷物をここまで持ってきている。
なので宮島桟橋到着後、まずは荷物をコインロッカーへ行き、荷物を入れておく。

ここからどうする?今日は宮島に行くというだけで、どこを見学するとかは全くノープラン。
今日の満ち潮は14時半頃なので、まずは紅葉谷公園に行ってロープウェイに乗って弥山まで行こうかってことに。
桟橋駅を出たらもう鹿に出会えた。

桟橋から海沿いの道を歩いていく。ホントに鹿が何頭も居るね~。小さな子は鹿が怖くて泣いてたりしていた。
私も12年前にここに来たとき、鹿がちょっと怖かった。というのも、私は動物が苦手だったので…。
今でも得意ではないけど、姉がイタリアから連れて帰ってきたニャンコ、ミルを飼うことになって動物嫌いもだいぶ克服されている。
鹿をよく見ると、昨年6月にあの世に旅立ったミルに似てるような気がして可愛く見えた。ミルってニャンコなのに色んな動物に見えたりしたからな~
旅をしていてもミルの事はつい思い出す。昨日も旅館の売店で、ミルの大好物だったふぐロールを買ってしまったし…。(お供えしてあげよっ



道を歩いていると、今日外来入浴しようとしている旅館を見つけた。
「あっ、ここやね~。」と友達と確認した時、「本日、外来入浴の受け付けはしておりません」の札を発見。えっ、お風呂に入れないっ 最後に温泉で汗流そうと思ってたのに~~。
旅行の下調べした時、この辺で外来入浴できるのはここと、昨日止まったホテルしかヒットしなかった。岩国に戻るとしても駅からバスに乗ってまたあのホテルに行くのも大変やし、あそこは外来入浴がメッチャ高かったしな~。諦めるか?

紅葉谷公園近くにとあるホテルがあり、ダメもとで外来入浴なってないか聞いてみたがやってないとのこと。ついでに、この辺で外来入浴できそうな施設があるか聞いてみるも、多分ないとの答えだった。もうお風呂は諦めた。

そして紅葉谷公園を通ってロープウェイ乗り場へ。すると長蛇の列がっ
どうやら先に整理券をもらわないとアカンらしいのでもらったのはいいけど、900番台後半(1000番に近い)。で、今呼び出されてるのが500番台やから、ざっと400人以上待ってることに。もちろん全員がこの場で待ってるわけではないけど。待ち時間にして約1時間とのこと。1時間の間に今来た道(坂道になっていて歩くとけっこうしんどい)を引き返して観光はちょっと厳しいので、階段の手すりに腰かけて待つことに。
12年前来たのもGWだったけど、全然混んでなかったゾ。やはり大河ドラマ「平清盛」の影響かしら?
待ってる間は日陰のせいもあり少し肌寒いくらい。昨日は天気が良かったけど今日は曇りやしね。

1時間待ってやっとロープウェイに乗れた。途中、乗り換えをして獅子岩駅到着。


ロープウェイ乗り換え駅にて撮影の清盛さん。(神戸の清盛とはずいぶん違うな~~)


獅子岩からの眺め

この獅子岩駅付近からも瀬戸内海を眺めることができたが、せっかくなので弥山山頂を目指すことに。以前は、獅子岩駅付近しか行かなかったので、弥山登山がどれだけしんどいことか分からずチャレンジしてしまった私 弥山展望台(山頂)まで30分なんて書いてあるが、実際はもう少し時間かかってる。おまけに階段ばかりでふくらはぎと太ももがツライ ラッパ吹いてるせいか、息切れ的にはしんどくなかったが足がダメだった。

途中、弘法大師が修行で使ったとされる火が消えることなく燃え続ける弥山本堂へ。
ここで私は「無病息災」と書かれたろうそくを買ってこれに火を灯して立て、家族の健康をお願いする。
昨年ここに来てたらミルの事もお願いできたのにな~。


弥山本堂

さて展望台まであと少し。少し休憩して気を取り直して歩く。
今日は快晴ではないのでさほど暑くないと思われるが汗がすごい出てくる。これが昨日マッサージ受けた効果なのかしら?(明日のお昼頃に体がポカポカになるって言ってたけど…)
ここから10分くらいだそうだが、これまた長く感じた。
かなりしんどい目をしてたどり着いた弥山山頂ですが、お天気が良ければキレイな眺めなんだろうけど…。
展望台から身を乗り出すと、小さいながら厳島神社の鳥居も見えたっ!!


弥山山頂からの眺め。お天気が・・・

展望台はあまり広くないのでゆっくりすることはなく、ちょっと休憩してから下山。
途中、前を行く人が大声を出したので何かと思えば、こんなところにも鹿出没。そらビックリするわな。

獅子岩駅にたどり着き、ロープウェイで山を下りる。行きはあんなに並んだけど帰りは少し並ぶだけで済んだ。ここまで登って来ても全員が弥山山頂まで行くわけではないし、徒歩で下山した人もいるのかな?

かなりハードな運動をしたはずなんだけど、私も友達も一向にお腹が空かない。朝、しっかり食べすぎたからね~。
けど、晩御飯までに軽く何か食べとこうかということで、私の持ってるガイドブックに載っていた、町屋通りにあるぎゃらりぃ宮郷という、旧商家の建物を改造して出来たカフェで一服。
手作りシフォンケーキとコーヒーのセツトを食べる。


シフォンケーキとコーヒー

そして厳島神社へ。
カフェから厳島神社への途中、焼きがきに長蛇の列をなしてるお店が。あ~、食べたいっと思ったけど、厳島神社は18時までなので先に観光する。

以前来たときは、JRのルパンツアー(個人旅行だけど、クイズを解きながら行くというやつ)で、時間に余裕がなくて厳島神社を競歩状態で歩いたっけ。
今回はのんびり見ますよ~~。

と、写真なんかもちょこちょことりつつ、そしておみくじも引いてみる。
が──。
友達も私も凶が出た。ちなみに、周りの観光客でも凶が出た~と騒いでる人居たんやけど、確率高いのか


 


  

「満潮時に見学したかったな~~」と残念な写真(-_-)

厳島神社の後は、焼きがき
友達は牡蠣は苦手だというので私一人で並ぶ。
あと少し遅かったら牡蠣は売り切れてた。私が最後のお客で、後ろに並んでた人たちは売り切れでありつけず。
で、お店の人は「従業員の分もあるから。」と、従業員の人数を数えてたんやけど、1個余るということで私にサービスしてくれた。ラッキー。
焼きたての牡蠣、ポン酢とレモンで食べたんやけど絶品っ
宮島に来て名物を食べるミッションはクリアかな。ホントはお昼に穴子を食べる予定やってんけどね。


2個400円にプラス1個!!

その後は、土産物屋をぶらぶら。
昨日のうちに土産はほぼ買ったのに、ここでもまた買ってしまった。
友達はホントに何も買わないので、色々買ってる私ってバカなんだろうね~~。




表参道商店街にあったデッカイお杓子

外来入浴が出来ずで時間に余裕が出来たので、「広島にお好み焼き食べに行かない?」と提案すると、快諾してくれたので決まり
しかし私だけ、行きに岩国~宮島口のJR切符を往復で買っちゃってるので、払戻ししてもらうべく宮島口に着いてから駅の窓口へ。
以前、伊勢に行ったとき、予定が狂って行こうとしてたとこに行けなくなり切符を払い戻してもらったことがあったので、無料でしてもらえるのかと思ってたら、手数料がかかるとのこと。で、計算してもらった結果、どうせ岩国まで戻るのだから、宮島口~広島の往復を買うといいと勧められ購入。
結果的には、友達より切符を分割して買った私の方が少し安くついた。

さて、広島。
荷物もあるし、街中に出るには時間が足りないよなってことで、駅近くのお店で食べることに。
ガイドブックに載ってた「ひろしまお好み物語駅前ひろば」という、たくさんの店が入ってるところに行く。まあ、お好み村と同じかな。(以前は、お好み村で食べたっけ?)
ガイドブックに取り上げられてたお店は地元の学生とかで賑わってて、どこも入れず。
結局、順番待ちをあまりしなくてよいお店に決める。有名店はどこも20~30人待ちとかだったので…。

私は普通のお好み焼きにとろろをトッピングしてもらう。そして、ドリンクはチューハイ。これから夜行バス乗るけど、まだ時間先やから大丈夫かなと思って…。
1枚じゃ量が少ないかもと思ったが、これで十分。美味しくいただきました



21時頃に駅に戻ってきた。
これから岩国駅に行くか広島で時間潰すか考えたが、今はお腹いっぱいでコーヒーも飲めないしなーってことで、岩国に向かう。車中では爆睡に近いくらいに寝てしまってた。
22時頃、岩国に着くも、改札出たら駅構内には座る場所はなく、お目当てにしてたミスドも22時閉店やったしで、タクシーロータリーに面したバス停の椅子に座って時間を潰す。
その間にトイレに行って、汗ふきシートで汗を拭く。これで少しはすっきりしたが、あ~、入りたかったな~

少し遅れてやって来た夜行バスに乗り、23時過ぎに岩国出発。そしてノンストップで三宮まで走る。
新神戸トンネル付近で目が覚め、慌てて下車の用意をした。夜行バスは3列シートでリクライニングもかなり出来て快適だったのでかなり寝れたのよね~~。

バス下車後、友達と別れてまっすぐ帰宅。
帰宅後は、まずお風呂に入ってその後には寝ることなく洗濯も済ませてしまった。
結局寝たのは午後でした。

-*-*-*- トップの写真 -*-*-*-
 
町屋通りから見た五重塔

コメント

岩国へ癒しの旅!?

2012-04-28 | 旅行記(国内)

ゴールデンウィーク。
今年は日頃の疲れを癒すべく旅に出てみた。
ホントは3月に青春18きっぷを使って旅行をしたかったのだが、仕事が忙しすぎて休むと自分の首を絞めそうだったので諦めたわけで、やっとこさ旅行に行けることに。(うちの会社は休みは取りやすい環境なので、自分さえよければ休めたんだけど、ちょっと無理っぽかったんでね)

自宅を8時に出て新神戸へ。
8:40の待ち合わせ時間より早く着いたので、久々に来た新神戸駅の土産物コーナーをぶらぶらしてみた。
最近どんな神戸土産があるのか気になってたので…。(けっこう知らないのもあった)

友達と合流後、すぐにホームに上がる。
久々の新幹線乗車なので、デジカメで新幹線の写真も撮っておく。たぶん、デジカメで新幹線の写真撮るの初めてかも?

今日は岩国観光をして、そのあとホテルでゆっくり過ごす予定。
ある程度の予定は詰めていたので、私がいちおう購入したガイドブックを友達と見つつ、あとは休息を兼ねて仮眠。

新幹線はのぞみではなくひかり号。
旅行に行こうと決めたのが遅かったので、その時には既にのぞみは満車。ってか、当初は往復とも夜行バスの予定だったのだけど、往路の予約が取れなかったので、ここは奮発して新幹線となった。
ひかりは停車する駅も多いが、その分車窓を楽しめるのでよいかも?まっ、乗るのは広島までやし。
たしか福山駅から福山城が見えたはずと思い、デジカメを用意してスタンバイ。駅からちゃんと(?)写真撮れましたっ



広島到着後、次のこだままで20分くらい乗り継ぎ時間があり、友達が、生もみじまんじゅうを買いたいというので駅の土産物コーナーへ立ち寄る。
私はここでご当地じゃがりこを買っておく。じゃがりこ、大好きなモンで

そしてやってきたこだまに乗車。
さきほどのひかりは、のぞみと同じN700系の車両、今度のこだまはひかりレールスターの車両だ。
レールスターが運行開始された当初、すんごいキレイな車両だな~と思って乗ったけど、もうずいぶん走ったんだな~と。。。
広島~新岩国は、15分足らずの乗車ですぐに着いてしまった。

ここからバスに乗って岩国の観光地、錦帯橋を目指すべくバスに──。
が、その前に・・・。

事前リサーチで、とても美味しそうなお土産物を見つけてて、どうしてもそれ食べたいってなり、まずは関戸というバス停で降りる。
錦果楼というお店でしか売られていない「はす餅」を買うべくお店に行ってみる。
岩国はれんこんが産物(ふつうのれんこんは穴が8個だが、岩国れんこんは9個なのだそう)で、そのれんこんを皮に練りこんで作られたお餅。
さっそく買うことにしたが、賞味期限が短すぎて…。会社と楽団のメンバーにはこれって決めてたんだけど、こりゃアカンな~ってことで、自宅にのみ購入。そしてばら売りを一個買って、店内の休憩処で無料のお茶と一緒にいただく。
というのも、もうお昼でお腹空いてきてたので
友達は、ここでご飯も食べれるから食べて行こうか?と考えてたらしいが、私が「ホテルの夕食のメニューが当日にならないと分からないから、何か確認してから食べようよ。」と言ったので、それじゃあ、まずホテルで確認してからにしようかということに。
こういうことだけは食い意地が張っててちゃっかりしている私



さて、店内で休憩もしたので、ホテルを目指す。先ほど新岩国からここまで乗ってきたバスに乗れば行けるののだがバスの本数も多くないし、運動も兼ねて、ここから2.5km歩いていくことに。外は日差しがかなり強かったので、歩きながら日焼け止めクリームを塗った。
荷物があるからかけっこう汗だくになりながら歩く。
ちなみに私、ホテルに泊まるのは一泊だけど、明日は夜行バスで帰るので、その前にお風呂入るということで二泊分の着替えを詰め込んできた。
一方友達は、一泊分の用意で、しかも着替えは下着のみ。化粧もしない子なので荷物はほとんどなし。旅慣れてるといえばそうなのかもやけど、こればかりは私には無理だなと思った。

2.5kmの道のりを歩くと錦帯橋が見えてきた。



ホテルは錦帯橋のすぐ近く。チェックインは15時からなので、とりあえず荷物預かってもらおうとしたら、もう部屋の用意が出来てるのでどうぞと言われ、部屋に案内してもらう。
このホテルは、一部屋ごとに名前が付いているらしく、私たちは「槍倒し松(やりこかしのまつ)」という部屋だ。
部屋まで案内してくれた人に聞くと、大名行列で他の藩の人が岩国を通行する際、普通は槍を倒して通行するところ、石高が少ないのをバカにして倒さなかった。そこで槍を倒させるべく、背の低い松を植えた(松の木の下を通るのは槍を倒さないと通れない)ということから、「槍倒し松」というんだとか。
「錦帯橋のそばにこの槍倒しの松があるから後で見るといいですよ。」と教えてもらった。

さて、重い荷物も置いて、座椅子に座る。
そして、夕食の時間とマッサージの時間を決める。
岩国観光はさほど時間かからないかな~ということだけど、今からお昼食べるしってことで、夕食は19時半にした。早く戻ってきたら温泉入ってゆっくりすればいいんだしってことで。


しばし、お抹茶でおくつろぐ

で、マッサージの予約は、フロントで聞いてくださいとのことだったので、部屋で休んでから外出するときに聞きに行く。
部屋でマッサージのメニューを見てあらかじめ目星はつけておいた、ボディケア30分と足つぼ20分に。
フロントの人が電話で予約してくれたのだが、「遅い時間でしたら先生が二人いるのでお二人同時にマッサージ受けていただけますよ。」と。
えっ?今、「先生」と言ったか?普通のクイックマッサージじゃないのか と、ちょっと勘繰りをしてしまったが、まあ、癒しの旅に来てるんだし、予定通りマッサージを受けることとし、最終受付の22時で予約。
そして夕食のメニューもぬかりなくチェック。お品書きを見せてもらうと、岩国名物の岩国寿司はやはり出るらしいので、これは昼食の候補から外さねばっ!!

部屋でゆっくりし過ぎてお腹もだいぶ空いてきたので、まずはお昼食べるところを探す。
が、どこも岩国寿司が一押しになっている。今いるエリアより、錦帯橋を渡った側のほうがお店たくさんあるな~ってことで、観光案内所で錦帯橋・岩国城・ロープウェイの共通券を買ってさっそく錦帯橋を渡る。

錦帯橋が出来たのは1673年らしいが、1950年に台風による洪水で流され1953年に再建。さらに2001~2004年に架け替え工事があったというので、とても真新しいのがちと残念



橋を渡り切ったところに、槍倒しの松もちゃんとありましたっ


そして、近くのお店でお昼を。。。
私も友達もがんす丼をいただきました。(※がんす → 魚の練り物、天ぷら。この地方の名物らしい)



食後は1Fでれんこんコロッケを買って食べ歩く。れんこん好きにはたまらない一品



食後は観光。
岩国城に行くべく、ロープウェイに乗車。乗ったポジションがよくて、ロープウェイから見る景色は最高。錦川、そして錦帯橋がよく見えましたっ



ロープウェイを降りた後は山道を歩く。癒しの旅に来たのにこれはちょっとハード
岩国城。
天守閣があるだけやけど、最上階に上ればこれまた見晴らし良し。階下には全国の有名なお城の写真があったんやけど、それ見てると、九州地方は全然制覇してないな~と。いずれ行ってみたいかも?




天守閣からの景色


天守閣を下りて、少しだけ休憩してロープウェイを目指す。
そして近くにあったからくり時計を見て帰ろうとしばらくここで粘って、からくり時計を見たわけやけど、、、何てことなし。普通でした



GWなのでロープウェイをは増発していたけど、それでも少し並ばねばならず。。。
山麓駅に戻って来てからは、ホテルの方がお勧めだといった牡丹園に立ち寄ってみたり。。。



観光範囲は狭かったけどけっこう歩けたかも?


佐々木小次郎像


岩国で出会ったニャンコ

少し疲れてきたけど、最後に少し外れにあるコンビニまで歩いて行き、缶チューハイを購入。夜に部屋飲みする用に。そういえば、ホテルに冷蔵庫はあったけど中は空っぽだったな~。自分たちで買えってこと?館内に自販機あるみたいなので…。

ホテルへ戻ってフロントでカギをもらうとフロントの人が「マッサージの予約、22時でお取りできてます。」と声をかけてもらった。
部屋に戻る前に売店に寄って物色だけしておいた。

部屋に戻ってからテレビ見たりしてくつろいだ後、温泉へ。
温泉はお湯の良さはよく分からないけど、よく歩いたし汗もかいたしで気持ちいい。広さもそれなりにあったし綺麗な温泉。露天風呂から錦帯橋が見えるとHPに書いてあったが、これは男湯のほうかな?
明日、朝なら男女入れ替えなので行ってみよう

温泉後、部屋に戻るとまだ19時にもなってない。
時間あるし、ここでお土産買ってバッグに詰めてしまえ思い、私一人で再び売店に行ってお買い物。

部屋に戻ってしばらくすると夕食が運ばれてくる。
量が多いので、数回に分けてお出ししますとのこと。
そういえば部屋食って久々だな~。久々過ぎたのか、次々とお膳が運ばれてくる中、食べ続けるのはちょっと申し訳ないというか緊張するね。一回一回、退室の際に頭下げられたりすると…。(お客なんだから堂々としときゃいいのかもやけど)

メニューは郷土料理の岩国寿司や大平という、れんこんやごぼうなど野菜を煮込んだもの以外に、お刺身や煮魚、鶏肉の串焼きなど様々なものが出てきてボリュームがすごい。お腹いっぱいになりつつも、残してはもったいないので頑張って食べたけどね。幸い、旅館の浴衣なので、帯さえ緩めれば大丈夫でした(笑)

 

 

 

                

食後は、お腹減らしのため、外を散策しにいく。
ちょうど錦帯橋がライトアップされてるので、それも見たかったので。
浴衣の上にどてらを羽織って行ったけど、それでも少し寒い。ネットの天気予報では、お昼は25℃近く気温が上がるとのことだったけど、最低気温は12~3℃だったから、やはり夜はそれなりに冷えるのだろう。



錦帯橋の近くまで行っただけでホテルに戻る。
22時前にマッサージのためエステルームへ。
友達と、「フロントの人が予約してくれたとき、「先生」なんて呼び方してたけど、もしかして整体の先生とかなんやろか?」「ボキボキされたら怖いよな~。」なと言いながらエステルームへ。
部屋に入ると小さなカウンターとベッド2台が置いてあるだけの部屋。「エステルーム」なんて呼び方だったので、以前行った加賀温泉の某旅館のSPAみたいな広いのを想像してたけどそうではなかった。
で、マッサージしてくれる人の服装が整体の先生である。
クイックマッサージかエステのイメージだった私にはビックリだった。
で、女性の方の先生が、「こちらのベッドへどうぞ~。」と私に声をかけてくれたので奥のベッドへ。友達は男性(おじさん)の先生に施術してもらうことに。
私は心の中で「よかった~、女性の方で。」と思ったのも一瞬。
女性の先生が
「私は足専門で○×先生はボディ専門なので、二人同時に受けていただくのでしたら、(ボディ30分、足つぼ20分のところ)足とボディを25分ずつにしてもらえたらお互い待ち時間なくできるので、そうさせてもらっていいですか?」
と。
あら、結局途中交代するってわけね。
で、25分ずつ施術してもらうことに。
私は仰向けにに寝っころがって足つぼマッサージを先に受ける。今日はよく歩いたし、力の入れ具合が程よくて気持ちいい~~ 静かに目を閉じてマッサージを受けていた横で友達は──。

「まず脈を見るね。」
と言われてますが?どうも普通のマッサージではない
すると、男性が
「私は気功で血の巡りをよくして体のコリをほぐします。」
と。
お~、そりゃ、フロントの人も「先生」と呼ぶわな。

で、まずは友達のお腹を押さえ、気持ち悪いところを聞いたあと、
「では、ここから治すから。」と。
何やら色々されてるみたい。
男性の先生に
「体がポカポカしてきたでしょ?」
など言われると、友達は、
「お~~」とビックリしてる。
普段、リアクションの薄い友達が劇的な変化にとても驚いてるのを聞いて、そんなに変わるのか?と次受けるのが楽しみになってきた。

25分経って交代。
女性の先生が友達に対し、「先に○×先生に施術してもらった後だと、こっちは劇的変化がないから申し訳ないわ。」と。

さて、私もボディーの方を…。
やはり脈を見るところから。友達は微脈だと言われていたが、私は脈が早いと言われた。多少、ドキドキしてるからかしら?
私もまずはお腹を押さえられ気持ち悪いと感じたところを治してから肩を触るねと。手のツボとかを押されたあと再びお腹を触られると──。
あれ?気持ち悪くない。普段、便秘がちな私は左側が張った感じで気持ち悪いのが治ってる

次は、仰向けに寝た状態で顔を左右に動かし、向きにくい方を調べる。
その後、人生初の首ボキボキ体験。先生に顔を持たれて右にボキッ、左にボキッと。一瞬恐っと思ったがこれが痛くない。バラエティ番組で芸人がされてオーバーリアクション取ってるけど、実はこれってさほど痛くないのでは?
そのあとはベッドに座った状態で後ろから肩や首をマッサージされる。これが気持ちよかった~~
私の肩こりは腰から来てるかもしれないから、腰を少し触ればよかったかもと言われたが、もう時間が来てしまった。
25分はあっと言う間だった。
「血の巡りをよくしたから体ポカポカになってる思うよ。今から温泉入ったらサウナに入ったみたいになるかもしれないから入るといいよ。」と。
さらに、
「明日のお昼ぐらいに変化が感じられてる思うから楽しみにしていて。」
と言われた。
凝ってる箇所をぐいぐいするマッサージではなかったが、これはこれでよかったかも?
クイックマッサージより、こういう気功とかの先生を地元で探すといいよと言われたけど、居るんだろうか?

マッサージ後に温泉にさっと入ったが、サウナ状態にはならなかったけど体は温まった。

部屋に戻ってテレビを見つつ晩酌。夕方買っておいた缶チューハイをお菓子をつまみに飲む。
温泉の後の一杯は美味しいデス

明日はそんなに早起きする予定もないので1時頃に就寝


-*-*-*- トップの写真 -*-*-*-
 
  
 N700系新幹線。停車前でも意外とスピードありシャッター切るタイミングが難しかった~~

 

コメント

タックスフリーの払戻し

2012-04-14 | Weblog

昨年10月、イタリア旅行でフルラのバッグを購入。
タックスフリーの手続きをしたにも関わらず未だ払戻しがない
まあ、何事もスローテンポなイタリア。とはいえもう半年が経とうとしてますけど

数年前、妹にルイ・ヴィトンのバッグを頼まれて買って帰った時、やはり払戻しが遅かった。
幸い、日本にも会社があるグローバル・リファンド社だったので、確か3か月を過ぎた頃に電話して書類を確認してもらい、払戻しの処理をしていただいたのだが、今回はグローバル・リファンド社ではない。
イタリアは払戻しが遅いことは分かっているし以前のことがあるので、以降は姉のアドバイスもあり、払戻しは現地でキャッシュで受け取るようにしている。(ただ、こうなると長蛇の列に並ばなければならず、空港へはかなり早めに行く必要がある)
今回もキャッシュで受け取ろうとしたのだが、ローマの空港に私のタックスフリー会社のカウンターがなく、現地で払戻しが受けれなくて、仕方なく書類をポストに投函したのだ。

で、その結果、待ちぼうけ食らってます
意を決して、タックスフリー社にメールしてみた。ちなみに、初のイタリア語でのメールですっ
書く内容は、住所・氏名や書類番号など簡単なものだが、「まだ払戻しを受け取っていないので確認してください。」だとかいう文章はどうやって書くのか?
自信がないので辞書や翻訳サイトを駆使し(?)、メール分を作成。
念のため、控えの書類をデジカメで撮影したものを添付しておく、スキャナーないモンで…。
で、添付ファイルはパスワードをかける。
セキュリティーが厳しい会社に勤めているせいか、添付ファイルにパスワードかけるのは当たり前になっている。そしてパスワードは必ず別メールで送ること
「書類を電子メールで送ります。パスワードは後ほどお知らせします。」という文言もどう訳せばよいのやら。。。
出来上がったメール文。ちょっと胡散臭い文章になったけど、要はタックスフリー社に要点が伝わればよいわけで…。

ちなみにお買い上げ金額230ユーロで、払戻しは25ユーロ。
今のレートでは2,500円ってとこかしら?
少額ではあるけど、ここはしっかり受け取りたいので、ひと手間かけてみた。
はたして結果はどうなるでしょーか

コメント