Diario di SARUMI

主に旅行記です。
たま~にブログ更新!?

【3日目】 ベルリン観光

2015-07-15 | ドイツ&イタリア旅行記(2015)

さて、今日から本格的に観光します。

泊まったホテルは朝食なしプランにしたので、まずは朝食から(笑)
ガイドブックに載ってて行ってみたかったCurry36というお店に。
ベルリンのB級グルメ、 カリーヴルスト(カレーソーセージ)のお店で、出発前に妹の家で見たテレビでやっていたのだ。私たちが行ったのは、最近出来たというZoo駅の方。
ベルリン中央駅からZoo駅まで、列車に乗るところから苦労。駅のインフォメーションでホームを尋ねて教えてもらった。中央駅はホント広く、国鉄やSバーン、地下鉄が乗り入れしてて、路線も多いのでもちろんホームも多い。
もっと下調べしとけばよかったんだけどね…。(この後もSバーンの乗り換えに苦労するのだった)

カリーヴルスト、カレーの味もするけど、ケチャップたっぷりだったのでそちらの味の方が勝ってたかも?
でも、美味しくいただけましたー。



まず観光するのはシャルロッテンブルク宮殿。
Zoo駅前からバスで行きます。
プロイセン王の居城だったとこなので、歴史好きな私は興味あり。しかし、妹は全くもって興味がないというので、内部の見学は私一人で。
外で待たせてるというのがあり、かなり足早な見学となりました。。。



そして、お次はケーテ・ウォルファルトというクリスマスグッズが売られているお店へ。
ドイツに行くと決めた時、妹がクリスマスのグッズ売ってるお店に行ってみたいとリクエストしてきた。初めてドイツに行ったとき、ローテンブルク本店に行ったので、それならそこに立ち寄るか?と思ったが、なにぶんタイトな旅行。妹がベルリンは外せないというので調べてみたらここにもお店が出来ていた。

本店に比べると店内は狭いけれど、店内に入ると一瞬でクリスマスになります。。。
ここで、妹とお揃いで小さな置物を購入。





その後は老舗デパート、カー・デー・ヴェーへ。
妹が友達から頼まれたブランド品を買うべく立ち寄る。PRADA好きの妹はついでに(?)下見をしていた。

Zoo駅に向かいつつ途中、ヴィルヘルム皇帝記念教会も見学。

今日はまだまだ観光したいところがあるが一度ホテルに戻ることに。
中央駅のスーパーでジュースとサンドウィッチを買ってホテルで食べながら休憩。

再び外出。
Uバーンに乗る前に駅のスーパーへ再び。さっき飲んだジュースの空き缶がリサイクルできるので。。。
自販機みたいなやつに空き缶を投入すると1本につき0.25ユーロ戻ってきた

さて、ベルリンで最も有名なブランデンブルク門へ。
想像以上に広場が大きい。この時間、逆光のため写真が上手く写せないよ~~。
近くにアンペルマンショップがあったが、私は本店に行ってみたかったのでここは立ち寄らず。

ウンター・デン・リンデンを少し歩いて散策。


ブランデンブルク門

Sバーンに乗ってアレクサンダープラッツ駅へ。
ここ、アレクサンダー広場には、グリルウォーカーが居るとテレビで見たので探してみたが、見つからず。。。
グリルウォーカーとは──、
説明下手なのでググっていただければいいのですが(笑)、ソーセージの一人屋台とも言うんでしょうか、ちゃんと鉄板を体の前にぶら下げてソーセージを焼いてくれるんです。背負ってるのがガスなのかな?

ここからはとにかく歩いた。
テレビ塔 → 赤の市庁舎 → 大聖堂を外観のみ見学。

 テレビ塔


大聖堂

そして、ショッピング街であるハッケシャーマルクトへ。
お目当てのアンペルマンショップ本店に着いたらもう21時前。ここに来る途中も別のアンペルマンショップがあったが小さめの店だったのでやはりお買いものは本店でと譲らなかった私



もうかなり遅い時間なので、近くのレストランでご飯食べようと探したが、どこもピンとくる店がなくガイドブックを頼る。
ミッテ地区にあるレストランまで歩いて行ったので着いたのは22時。
店内はいっぱいだったので店の外の席に通されたんだけど、さすがにこの時間は寒い。私は長袖の上にパーカー来てるからまだ大丈夫だけど、妹がここにきて風邪をひいたっぽくてかなり寒そう。

このお店はヴィーナー・シュニッツェルが絶品らしいので頼んでみましたが、ドイツ料理ではないよね?
妹のガイドブックに載ってたドイツ料理、ケーゼ・シュペッツレという麺料理(?)と、てんこ盛りの野菜サラダ、そして寒いけどビール。

 

 


さて、ホテルまでの帰り。
最寄駅まで歩き出したものの、かなり疲れちゃってたので「タクシーで帰るかー」と冗談で言ったら、妹もしんどいみたいで快諾したのでラクしてホテルまで帰宅。幸い、ホテルからそう遠くなかったのでチップ込みの10ユーロで帰れました。

-*-- トップの写真 -
 アンペルマンの信号

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【2日目】 ハンブルク観光... | トップ | 【4日目】 本場のバームク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドイツ&イタリア旅行記(2015)」カテゴリの最新記事